FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


消えゆく楽園 しょの2

体験乗車が出来るなんて知りませんでしたのでビックリです。
改札の方に伺うと「えっと・・・昼前に入れ換えが終わりますので、それ以降で宜しければ是非どうぞ」
おおっ、本当なんだ・・・・とビックリして3人で申し込み。



昼前に入れ換えが終わると呼ばれて駅舎に。
順番に乗車しますが「機関士さんと一緒に乗る」か「後部運転台で一人貸し切り状態」が選べます。
勿論、運転方を見たかったので全員「機関士さんと一緒」を選択(笑)




501がやって来ました。
a-IMG_6160.jpg
ED501は昭和3年に川崎車両で製作された電気機関車です。
長野県の上田温泉電軌でデロ301号として使用され、
昭和40年三河鉄道へ譲渡され、その後合併した名古屋鉄道のED501となった。
ナンバーの書体にその名残が見えます。
昭和45年から岳南鉄道で使用され現在に至る、齢80年の古典ロコですが
機関士さんが言われるには「故障の無い安定した車輌」だそうです。

なんていう説明を受けて順番に乗車。
私は2番目に乗り込みます。



ちょっとステップから乗り込む込むのにコツが要りますが
まさか、活きている古典ロコに乗れるんですから嬉しさMAX!
a-IMG_6194.jpg
シンプルな運転台廻り。
意外にメーター類が新しいモノに交換されているような気がしました。




動画を撮ろうとしたら機関士さんが「汽笛鳴らして下さい」と言われて
動揺して鳴らして動画のスイッチ入れ忘れて撮影(笑)
行きの分は写らないカメラで撮影していました。無念。



構内外れまで進んで戻ります。

[広告 ] VPS
退行状態で出発地点まで。
職人技を生で見られて大満足。いやぁ、こんな光景が見られるとは!





あっという間の感動の時間は終了。
a-IMG_6202_20120117002825.jpg
ゆっくりで良いですよ・・・と言われていたのですが焦って撮ってブレブレ多し。残念無念。
お礼を述べて下車。




お次は偽鹿児島県民氏が乗車。

[広告 ] VPS
いってらっしゃ~い♪
乗車記念に土日に使えるフリー切符が付いてきました。
勿体ないので使いませんがw




a-IMG_6231.jpg
その後は単機で吉原へ貨車を迎えに行くED40を撮影。



岳南富士岡駅の車庫を見に行きます。
a-IMG_6245.jpg
今日は運用に付いていないED40の塗装変更車と7003がお休み。



a-IMG_6243.jpg
側線にはED29が留置。
この機関車は、昭和2年に豊川鉄道日本車輌製造と東洋電機で製造した
元デキ52形でして、昭和18年国鉄に編入され飯田線で使用され続けた車輌です。
昭和27年に改番され国鉄形式が付与されED29となり昭和34年から
岳南鉄道で働いていました。
数多くの電気機関車を保有し、膨大な貨物を捌いていた岳南鉄道も
現在は予備を含む4両のみの機関車が任に当たるのみです。




その残された貨物列車も3月にJR貨物への継走が出来なくなる事から
廃止を前提とした休止が報道され
元々、旅客輸送の少ない岳南鉄道自体の存続も会社側から「事業継続困難」
の声明が出され非常に厳しい状態となってきました。



製紙工場が並ぶこの富士の町も統廃合が推し進められ岳南鉄道の貨物扱い量も
目に見えて減少していただけに非常に心配です。




a-IMG_6299.jpg
終点、岳南江尾駅に留置されている唯一の2両編成。
この駅のまん前を新幹線が轟音たてて通過していきます。
いつも新幹線に乗る度にこの辺で「岳南の電車見えないかな?」と
普通の乗客は富士山見ているのに反対側を見る私でした。



富士山がまだ見えていたので欲をかいて午後の貨物列車を富士山バックで・・・と移動。




a-IMG_6333.jpg
到着頃にはすっかり雲に隠れ真っ暗になってしまったので
列車中心で撮影(笑)
このワムのジョイント音が聴けるのも春まで・・・なのでしょうか?





a-IMG_6342.jpg
ジャトコ前から電車に乗って比奈駅まで戻るとコキを牽引した貨物列車が通過。
ありゃ、これはウヤかと思っていましたが運転されたんですね。残念。
別行動だった偽鹿児島県民が「原田の駅から501がコンテナ車出していましたよ」
・・・早くそう言うことは言って下さい(涙)



DSCN3369.jpg
帰りがけに軽く御飯を食べて帰りました。
スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索