新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


下津井の鉄コレ

岡山側にある橋台に開いている小さい穴・・・もう見ることもないのでしょうが平成2年まで走っていた下津井電鉄の廃線跡です。


現在はバス会社となりましたが社名は下津井電鉄のままです。
そんな下津井電鉄が100周年を迎え記念グッツが発売されましたが
注目はトミーテック社製の鉄道コレクション「モハ103+クハ24」です。
a-DSCN3215.jpg
注文していたのが先日届きました。



この鉄コレ何が凄いって、ちゃんとNスケール(1/150)なんです。
この下津井電鉄は軌間762mmの「ナローゲージ」と呼ばれる鉄道で模型でもちゃんと
その大きさが再現されています。
a-DSCN3217.jpg
普通?のNゲージと並べてみる。Nゲージはレールの幅が9mm。この鉄コレはナローの表現のため5.1mmです。
ダミーだと思っていたパンタグラフが可動するのにはビックリしました。
a-DSCN3225.jpg
ナローゲージの鉄コレが出るなんて良い時代になったモンです。
このモハ103+クハ24が末期に身に纏っていた富士フイルムカラーや
他の車輌の展開も期待したいです。




なんかセクション作って飾りたいです。



この下津井電鉄に以前乗車したことがあります。
simotui-020002.jpg
まだ瀬戸大橋が建設中の頃、宇野駅からバスに乗って児島駅まで行き、国鉄の児島駅から結構歩いて辿り着いた下津井電鉄の児島駅はホーム一面の小さな駅でした。
simotui-020004.jpg
2時間近く待って乗った電車は揺れながら山を登り琴海駅付近で瀬戸内海を一望できる絶景が車窓に広がりました。
その後、転がるように山を下った小さな列車は有名なΩカーブを通って
終点下津井駅に。
車庫に寝ている他の車輌を撮したかったのですがN君が「すぐに帰ろう!」と
発車しかけた電車を待たせて切符買って帰って来てしまいました。
あの時殴っても奴を黙らせておけば良かったと今、猛烈に後悔しています。



そもそも奴は下諏訪君等と「見ない・食べない・泊まらない」同盟を結成していた極悪人です。
旅行=周遊券との闘い!・・・と公言してはばからない彼らです。
「国鉄降りて私鉄に乗る」なんて行為は犯罪者扱いでした。


如何に周遊券で乗りまくって国鉄に損をさせてやるか!そればかりが彼の頭の中にあるのです。怖い怖い。



見ない→観光地なんて時間の無駄!そんな時間があったら乗り続けろ!
食べない→食事なんて時間の無駄。キオスクであんパン買って乗り続けろ!
泊まらない→宿泊なんて時間の無駄!夜行快速に乗り続けろ!



一回付き合って猛烈に嫌になったので数年、御一緒しませんでしたが
何故かオリンピック並みのスパンで一緒に行って後悔していた時期がありましたw
今は絶対に行きませんけどw

そんな彼に「どうしても下津井に乗りたい」と頼み込み嫌々付いてきて貰ったのですから、そりゃ直ぐに帰りたがる訳です。



瀬戸大橋の橋脚に穴を開けて走っていた小さな電車も当て込んでいた
「瀬戸大橋バブル」とは無縁となってしまい、つぎ込んだ投資が回収出来なかったばかりで無く
鉄道の赤字を埋めていたバス部門も経営が厳しくなってしまい平成2年
惜しまれながら廃止となってしまいました。


ナローゲージの鉄道は三重県と富山県に僅かに残りますが「これぞニブロク!」と言うロケーションを持っていた最後の鉄道だったのかも知れません。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索