新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
2
3
5
6
8
9
10
11
12
15
18
19
20
21
22
24
26
29
30
04


さよなら「たちかぜ」 しょの3

ミリタグに押し出されて港外へ出てきた「たちかぜ」
a-IMG_0274.jpg
手前にいるのは「えんしゅう」の内火艇。


a-IMG_0359.jpg
お尻の位置を固定。
左舷側が初めて見えました。
計測用の白線の他、各部位に赤や黄色のマーキングが入れられています。


a-IMG_0397.jpg
最終の位置に固定。
3隻のミリタグが微調整を行います。


a-IMG_0416.jpg
「えんしゅう」到着。


a-IMG_0434.jpg
「たちかぜ」艦首に準備された牽引索を「えんしゅう」に渡します。



a-IMG_0489.jpg
ミリタグが離れ、準備完了。


a-IMG_7365.jpg
ゆっくりと「えんしゅう」発進。
ロープがピンと伸び、「たちかぜ」も動き始めます。


a-IMG_7430.jpg
これより訓練海域へ回航。
「えんしゅう」が牽引。後ろからミリタグが押しながら進みます。



a-IMG_7483.jpg
「たちかぜ」艦橋部分のアップ。
結構、色々な物が残されているのが判ります。


a-IMG_7479.jpg
吉倉を最後の通過。
もうこの桟橋で休むことはありません。



a-IMG_7601.jpg
ゆっくりと去って行く「たちかぜ」
1976年に就役し第2護衛隊群に配備されて以来、艦隊防空を任とし活躍してきました。
1998年に司令部設備を設置し、以来護衛艦隊の旗艦として有終の美を飾りました。
2007年1月に除籍。


以来最後のお勤めである「実艦的」としての整備が行われ今日の日を船越岸壁で
待ち続けていました。

やはりこの艦は解体も保存も難しく実艦的にされるしかないのでろう・・・と教えて頂きました。
護衛艦としての任務を全うし、後進のため海中に没するのは「たちかぜ」の名誉なのでしょう。


さよなら「DDG168 たちかぜ」


スポンサーサイト


今月初頭の写真ですが…元通り…とでもいいましょうか。たちかぜが来る前、他基地からの来訪艦がない時は、このように掃海艇が舫っていることが多かったのですが、たちかぜが曳かれて行った後、元の様に掃海艇の「定宿」になっていました。今までこの脇の狭い場所に「目刺...

Comments

救命胴衣の人は、女性だと思います
なぜなら、もっコリがないから
初めまして。
「たちかぜ」の最後の姿を拝見させていただきました。
ありがとうございます。
栗さま:
 あれ?コメントがコッチに移っていますね。
 これだと荒らしみたいですねぇ(笑)

JUBILEEさん:
 初めまして!
 「たちかぜ」のお見送りは是非とも行きたかったので
 行けて良かったです。
 「主」がいなくなった船越がちょっと寂しいですね。
初めまして、三毛猫と云います、
JUBILEEさんに教えられてやって来ました。。
まさか赤灯から撮ってる方がいるとは思いませんでした。
渡しの便が良くないですが、良いアングルですネ。
今度機会が有りましたら、たまには行ってみようかと思います。
これからも宜しくお願いします。
三毛猫さま:
 初めまして。コメント有難うございます。
 ブログも毎日、拝見させて頂いております。

 曳航をじっくり見るならこの場所かな・・・と思い
 行ってみました。
 安針塚公園から撮った方の写真に
 写ってしまわないかと心配です(笑)
はじめまして。よのと申します。

地元に住んでいたり、ちょっと縁があったりでしばらく「たちかぜ」定点観測をしていました(笑)。

が、たちかぜが曳かれていった当日を見事に見そびれてしまい、記事を検索していたところこちらにたどり着きました。

うわさでは、日米合同演習で米艦の標的として使用された…のだとか。
あくまでうわさですが。

あ、そうそう。
別記事にもこれからコメント書きに行きます^^
よのさま:
 初めまして!
 長らく繋留されていたので情が移ってしまい(笑)
 頑張って撮影に行って来ました。
 お陰で貴重なシーンが見られてラッキーでした。

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
電車がゆく ver.01
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
 
ブログ内検索