FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
3
5
6
7
8
9
11
14
15
16
18
20
22
23
24
25
26
28
29
02


餌付けシート指定

ぷりにかはん05

さて、まもなく本番となる30日です。
e01-DSC_1942.jpg
勿論、朝食は絶賛どハマり中のミーアヤムバッソです。
当日は土曜と言う事も有り前日とは違い、道路もお店もガラガラ。


e02-938A6809.jpg
今日の地下道(笑)
前日の夜はバンドが演奏していました。上手かったです。

環状線に乗りカンプンバンダンまで移動。
以前はタンジュンプリオク方面に行くには一旦高架に上がり、タンジュンプリオク線の線路を渡って
ホームに行くと言う謎仕様でしたが、現在はちゃんと階段が有りました。
e03-938A6813.jpg
1画面にメトロ車が3本という豪華版。


終点タンジュンプリオク駅に到着
e04-DSC_1944.jpg
KERETA ISTIMEWAが既に到着していたのでコッソリ撮影。
ここ、タンジュンプリオク駅は何故か非常に撮影に厳しく、見つかるとガチで怒られます。

e05-938A6837.jpg
さっと、改札を出て改札外から撮影を試みますが何かいつもと違います。
明日の主役、パクアン急行氏に尋ねると「あぁ、我々が団体で乗るので撮影大丈夫ですよ。」
え?そうなの?
ありゃ、改札出なければ良かったよ・・・・・・・・

落花生様も「本当に撮影がダメなら金払ったってダメだろ。なんで撮影出来るの?おかしいよね?
結局、撮影禁止に根拠なんてないんだよ!」と御立腹ですw

まぁ撮っても怒られないなら良いや。
e06-938A6876.jpg
我々が乗って来た05系が発車すると、現在2運用で廻しているタンジュンプリオク線のもう一本は
メトロ6000系でした。しかも検査出たての綺麗な田の字窓編成♪

乗車時間も近づきましたので集合!
e07-938A6967.jpg
お出迎えして頂いているクルーを我々が撮影大会(笑)
e08-938A6972.jpg
ポーズを変えてもう一枚!

そうです。今日はこのドーム屋根も美しいタンジュンプリオク駅からチレボン駅まで
KERETA ISTIMEWAを貸し切って乗車します。


e09-938A6941.jpg
乗車すると巡視車から団体用に改造されたとは言え、ゴージャスな車内がお出迎え。
個人ユースに貸し出されるようになってパクアン急行氏で申し込みは2件目だそうです。
しかし設定は1番最初かも知れません・・・・・との事です。

前後の展望席は氏の大切な方々が割り当てられています。
ガヤの我々はオードブルが置かれたテーブルが指定され「飯喰わせておけば大人しいだろう」な感じです。
乗車するにあたり前展望のビデオを撮っても良いと許可を頂いたので紙様に小さい三脚か
吸盤でも買っておくように言いましたが「解りました」と言うだけで買って来ませんでした。
現地でsui様が小さい三脚を持っているので借りる様に言いましたが当日になって「借りて来ませんでした」
軽くブチ切れると見かねたMr115様が「俺のを貸してやるよ」と言って下さいましたが
紙様が「脚が伸びないんですね」
「こうやれば延びるだろ!」
「でも上にカメラを置くと縮まっちゃいますよ」
「ストッパーやらなきゃ、そりゃ縮むだろ!」
うぇっ!うぇっ!
結局、へそ曲げて設置してませんでした。


e10-938A6996.jpg
車内に偽PKDが乱入して撮影する姿が放映されていました(笑


e11-938A7009.jpg
この列車の為に製作されたフラッグの前で記念撮影をすると発車時刻です。


e12-938A7033.jpg
大人気だったマリアさん。


e13-DSC_1992.jpg
展望席の方は景色に撮影に夢中ですので私はフルーツを独り占め。
食べても食べても減りません。げふ。


e14-DSC_1985.jpg
乗車記念に配布されたオマットさんが製作されたキーホルダーと下諏訪氏が製作して頂いた
乗車した列車の名称「KRD GUNUNG JATIISTIMEWA」の名前が入った国鉄D型特急券風の記念証
すんばらしいです♪

e15-938A7052.jpg
ジャティネガラ駅を通過して列車はブカシ線に。
複々線区間では205系との並走が!熱いぜ!


展望室とサロン室で構成された2両編成のKERETA ISTIMEWA。元は日本が輸出した「輸出版キハ23」ですが
現在はエンジンもカミンズ製に換装されトルクフルに走行します。
e16-DSC_2007.jpg
車内設備として給仕スペースやお祈りのスペースも設置されています。


e17-DSC_2009.jpg
運転席に3名乗車2時間半ノンストップでしたので、右端の方がずっとハンドル担当でした。
喚呼もキビキビと行われオンダイヤの時速80Km/hを維持するために、ほぼ常に力行でした。

本当でしたら私のリクエストに応えてチカウン駅に臨時停車する予定でしたが・・・・・
e18-938A7113.jpg
残念ながら直前に臨停はキャンセルされ通過に(涙
103系はまだ姿を留めていました。

臨時停車がキャンセルになった理由
e19-938A7136.jpg
一週間前に発生した廃車体からの出火により100両以上が焼け、そのせいで通過に。
なんでこのタイミングで火が出るんだよう~(泣

勿論、単なる出火なんて誰も思いません。
なにか理由が無ければ火の出ないインドネシアです。怖いですね。


ドンドン料理が発見される恐ろしい列車です(笑)
e20-DSC_2000.jpg
一体、どれだけの種類が積まれているのか謎ですw
美味しい美味しい・・・・バクバク・・・・・美味しい美味しい・・・・
「茶さん、○○有るけど食べます?」食べます食べます。
美味しい美味しい・・・・バクバク・・・・・美味しい美味しい・・・・
「茶さん、○○有るけど食べます?」食べます食べます。
美味しい美味しい・・・・バクバク・・・・・美味しい美味しい・・・・
「茶さん、○○有るけど食べます?」食べます食べます。

チレボン到着間際になんと、ビンタンビールまであるのが発見されました。
慌てて3人で貰いに行きましたがラスト2本でしたのでシェアしましたw


e21-DSC_2036.jpg
食べていた記憶しかないまま列車はチレボン駅に到着。
ジャカルタに比べて空気は素晴らしく良いのですが暑いです。

e24-DSC_2064.jpg
美しい構内のチレボン駅
インドネシアの地方駅はどこも植栽が綺麗です。


e22-DSC_2062.jpg
手間が掛かってますねぇ。良い仕事してますね~。


e23-DSC_2056.jpg
CC201が見た事の無い色の車輛を引いて出て来たので尋ねると「救援車で発電機を載せている」との事。
なるほど、それで車体にウェーブ波が書いてあるんですね。


e25-DSC_2067.jpg
駅の御厚意で貴賓室に案内して頂きました。
高い屋根の素敵な部屋でした。そこで駅長さんから御挨拶頂きました。


e26-938A7196.jpg
駅前で再び記念撮影をして明日に備えホテルに行くグループとオプションツアーに行くグループに分かれます。
食べ過ぎて動けない私はオプションツアーに申し込んでいましたのでバスに乗ります。

続く
スポンサーサイト



テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索