FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
3
5
6
7
8
9
11
14
15
16
18
20
22
23
24
25
26
28
29
02


鶯谷でZABADAK!

そんな訳?で平成最後のZABADAKに行って来ましたですよ。
ちょー楽しみですよ。よぉぉし、おぢちゃん良い音楽には美女と行くですよぉぉぉ・・・・・ぐふぇふぇふぇふぇ

と独り浮かれきっておりましたが、台湾での航空機のパンクが巡り巡って私が風邪をひくと言う
正に桶屋がなんちゃらの悲惨バージョンに追加で大出費の宣告があり「死にかけ人形」の状態で
当日を迎えました。
前日、リアルに体中が痛くて歩けないぐらいで帰宅しましたが、爆睡+爆食+爆睡のコンボで
翌朝には歩ける様になるまで回復。

神はいたんですね。いや、いたらそもそも風邪ひかないか・・・・でも神に感謝。


a-DSC_0729.jpg
取敢えず桜を見たりします。病み上がりなのでライトコースにしておきます。


a-DSC_0734.jpg
お昼も軽くにしておきます。生中も2杯しか飲みませんでした。褒めて下さい。

ってな訳でやって来ました鶯谷駅!反対側の改札口に出たら引っ叩かれるようですが、南口なら安心です(何が?)
a-DSC_0735.jpg
一年ぶりのキネマ倶楽部でございます。
ケンバンマンもまた演らないかなぁ。


一曲目の”The Sun Rises in the West”からヴァイオリンの向島ゆり子さんが弓を切っていた様な気もしますが
それを感じさせない気迫の演奏。カッコいいですねぇ。
因みに向島さん、前回は直前にインフルエンザとなり無念のお休み。
小峰さんの「一杯練習したのにねぇ~」の恨めしそうな呟きに場内爆笑でした。
代わりにギターが増えて変態度・・・いや重厚さが思いっきり増していました(笑)

「忘れろ~」も飛び出すZABADAKワールドに没入
「今日はたくさんゲストを呼んでいます」との事でしたが一人目は原マスミさん
”銀河鉄道の夜”で登場し宮沢賢治の詩を朗読。まるで劇芝居を見ている様な錯覚に囚われ引き込まれて行きます。
凄い声です!ナレーター等もやられているのが良く判りました。
宮沢賢治がロックしている様な宮沢賢治が朗読している様な・・・・生の原マスミ氏を見たのは初めてですが凄かったです。はい。

2人目のゲストはお馴染み?の日比谷カタンさん。
「あの」バルコニーにライトが当たり登場(笑
“忙しい人の為のZABADAKメドレー パターンB”をお送りします。風部の方の御協力を・・・・と演奏開始
次々に変わって行く曲、演奏しながらボーカルの声色も変えながら素晴らしいテクニックで弾いて行きますが
本来なら拍手が起こる場所で笑いが起こるのがカタン氏(笑)
最後に風部との文字通りアドリブでの協奏となる訳ですが対等に付いて行く風部すげぇ!と驚愕
因みに風部とは観客がリコーダー等で「風部のみんな、お待たせ!」の合図で演奏に加わる精鋭部隊の事です。皆さん超うまいです。
ラストは再びPOLANDに戻りフィニッシュ!カッコ良かったですよ~!

時間は短くされたけど曲数は減らしていません!との事で「あ、だからパターンBなのか」と思いましたが
後で聞くと曲数は増えていたそうで、実に21曲のメドレーでした。
凄い物を見れました。

その後ZABADAKの演奏に戻り「風部みんな待たせたな~!本当の出番だ~」で
本物のPOLANDに突入。素晴らしいです。

”休まない翼”で青木氏が「Eが、Eが合わない」とリテイク
「曲が始まる時のワクワク感が二度味わえます」と小峰さんがフォローするも「やっぱゴメン。ってか俺じゃない」と鬼怒氏にチューニングをお願い。
正直、私の耳には判らない領域の世界でしたが、さすがプロですねぇ。

何とナントの新曲”遠雷”の後、三人目のゲストは杉林恭雄さん
なんでも御自身のライブで「全曲新曲」のセットリストを組んだそうで。凄いですねぇ。
MotherからHarvest Rainへとグイグイ引き込んでいきますがTearsが始まるとステージ上に
吉良草太郎氏の姿が。と言っても小峰さんのコールで初めて知りました。
今回、吉良さんが降りて来ている発言が多かったのは、これを匂わせていたんですね。


Easy Goingで燃え尽きました(笑)病み上がりでも来て良かったです。素晴らしかったですよ。
恒例の「見に来ているアーティストが居たらステージに上がれ~!」の後、「もっと居るはずだけど」に客席から「ダイちゃんいるよ~」
でドラマーの熊谷太輔氏が出て来ましたがステージに上がる所が判らず周囲爆笑
演奏が始まるとスタッフさんがステージ所から手を引いて上がって行きましたw

アンコールでは相馬二遍返しも聴けたし(涙

ロックなんだけど美しくて、美しいけど重厚で、重厚だけども繊細で。そんなZABADAKを堪能した大満足&感涙のZABADAK 33rdでした!



2019.3.31 ZABADAK 33rd コンサートセットリスト

1. The Sun Rises in the West
2. 今日の夢のこと
3. マーブルスカイ
4. 旅の途中
5. 春~Лето јесен зима пролеће - 夏秋冬春 - より
6. あたらしいあした
7. 銀河鉄道の夜(『注文の多い料理店』序)
8. 遠い音楽(Vo.原マスミ)
9. 日比谷カタンコーナー(ZABADAKメドレーパターンB)
10. POLAND
11. Birthday
12. 休まない翼
13. 遠雷
14. Mother(Vo.杉林恭雄)
15. Harvest Rain(Vo.杉林恭雄)
16. Tears
17. Easy Going

アンコール

小さい宇宙
DEIR PAIDIR
相馬二遍返し


メインアーティスト
 小峰公子(Vo.,Acc. )
 難波弘之(Key. )
 鬼怒無月(Gt. )
 楠均(Dr. )
 青木孝明(Vo.,Gt. )
 向島ゆり子(Vln. )
 内田Ken太郎(B. )
 伏見蛍(Gt. )

ゲスト:
  原マスミ
 日比谷カタン 
 杉林恭雄 

ZABADAK
 吉良知彦
スポンサーサイト




Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索