FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
2
3
5
6
7
9
12
13
14
15
16
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


てっさく

日立セメントがセメントの製造を取りやめると聞いてびっくり。
いやぁ一応、オリンピック景気やら復興需要があるのでセメント業界はウハウハだと思っていたのですが
聞いた話では「需要が落ちる前に再編」するんだそうで。

日立セメントと言えば日本で最後となった索道による輸送を行っている事で有名です。
1937年に敷設され80年に渡り活躍して来ましたが、操業停止と共に運命を共にしてしまうのでしょう。

せっかくなので稼働している平日に見に行こうとお出掛け。
a001-938A2818.jpg
駅からレンタカーを借りて行きましたが[「ナビと私」がアホで軽く死にかけましたw

採掘した石灰石を搬器に積み込むシーンにワクワク
a002-938A2979.jpg
帰って来た搬器が索条から離れチェーン駆動してホッパに向かう循環式です。


a003-938A2989.jpg
ゴトン!と積み込み位置で停止して・・・



a004-938A3002.jpg
ガラガラガラ~!と石灰石が積み込まれます。
一つの搬器に1.25tが積み込まれます。



a005-938A2915.jpg
太平田索道の総延長は約4Km



a006-938A2833.jpg
次々と山を越えて行く搬器を眺めているのは楽しいですねぇ。


a007-938A2854.jpg
道路も未整備な所が多かったであろう敷設当時は効率的な運搬手段でしたでしょうし
ダンプカーを使わないこの方法は現代でも地域にやさしい手段ですね。



a008-938A2947.jpg
乗ってみたいですねぇw



a009-938A2968.jpg
発破は無いそうです。サイレン聞きたかったです。


a010-938A3070.jpg
この川・・・・というか水路ですよねぇ?


a011-938A2937.jpg
取り付く道路も無い山を越えて行くので、眺められる場所を探してウロウロ



a012-938A3072.jpg
道と索道が交差する部分はシェードで覆われています。


a013-938A3074.jpg
山間を行く索道。
海バックに撮れる場所もあるのですが、天気悪いし超歩くし・・・・で断念。
根性無しですw



a014-938A3143.jpg
この索道の一番のハイライトである、ゴルフ練習場の真ん中を通過する搬器
シュールな光景です。


このゴルフ練習場は日立セメントの関連会社と聞き納得。


a015-938A3102.jpg
間もなく終点です。



a016-938A3091.jpg
ココで石灰石を降ろした搬器は再び鉱山に戻って行きます。



a017-938A3097.jpg
石灰石はココからベルトコンベアで市街地を抜けて日立駅近くの工場に運ばれます。
セメントになった後は工場から貨車で出荷されていましたが現在は廃止されてしまいました。
構内に残る廃線跡がもの悲しいです。


a018-938A3153.jpg
80年の長きに渡り、街の光景として親しまれていた「てっさく」が無くなるのが信じられませんが
動いているのを見に行けて良かったです。
スポンサーサイト




Comments

発破の看板の、見張人と身張人の違いは何でしょうか?
Re: タイトルなし
おーむらさま:

> 発破の看板の、見張人と身張人の違いは何でしょうか?

発破の際に「危ない!伏せろ!」と身を張って叫びながら覆いかぶさってくれる方が「身張り人」様ですw

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索