新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
2
3
5
6
8
9
10
11
12
15
18
19
20
21
22
24
26
28
29
30
04


ネオン輝く二条城w

なんだか悪い冗談にしか聞こえない地方創生相の「学芸員一掃」発言。
まぁ、政治家なので安易に撤回などせず、一掃しちゃえばいいんですよ。
んで、二条城にコンビニが出来たりコーヒーショップを作って観光客を喜ばせてウハウハですよ。
歴史なんてスマホでググれば良いんですよ。

多分、あの方は学芸員とガイドやレンジャーを混同している気がします。
学芸員って、法律で置かなければいけない方々なのに海外のキュレーターに比べれば地位も低くて
色々と御苦労されている方が多いと聞きます。
施設を観光地化するのと文化財の保護、後世への伝承はどちらも大事なのですから、その辺の擦り合わせを上手くやるのが政治家の仕事だと思うのですけどねぇ。

どんな信条があったとしても、働いている方を「ガン」呼ばわりできる程、自分は偉いと思っているのだけは解りました。

無理矢理、博物館関係の話ですが「てっぱく」です(笑)
保存を前提に・・・・と高架下に保管されていた車両達が次々と解体され始めました。

キハ391、EF58-93(青大将)、ソ301、ED16-10等の解体に続いて、先日からEF80-36、EF15-192、
クモハ300-4の解体が始まったとネットで知りました。
年度替わりで解体予算が付いたのでしょうね。残念です。
ef80-002.jpg
EF80-36は廃車から30年以上も保管されていたのですが、「碓氷にも1両いるし別にいっか~」なんでしょね。

jre-301-t020.jpg
クモハ300は「地味だし子供喜ば無いから別にいっか~」なんでしょうか?

ed16.jpg
ED16は勿体無いなぁ~
「1号機が青梅に居るし、山梨にも1両いるから別にいっか~」なんでしょうねぇw

てっぱくの増床が発表された時に、新たに作られるゾーンには保存車両は殆ど展示されないので
今回の結末は予想されていましたが「展示車両を入れ替えての公開」を当初は謳っていただけに
寂しいですよねぇ。
まぁ、1企業がやっている博物館としては破格の規模なので余り文句は言えませんが
保管も展示も場所が有るだけに今回の解体は残念です。
jre-103-t202.jpg
まぁ、103系ですらカットモデルが変な色になって置いてあるだけですから301系は難しかったんでしょうが
JR東日本にしかいない車種だけに、頭だけでも何とかおいて貰えませんかねぇ?
アルミですし腐り難いですよ(笑)

国も学芸員にイチャモン付けている暇があるなら「世界から観光客が見に来る」交通博物館でも作ってみて下さいよ。
大英博物館を引き合いに出していましたが、国が同じ規模の博物館を作ったでしょうか?

神戸の神戸海洋博物館に有った「疾風」「ヤマト1」も解体しちゃったし、似た様な話をあちこちで聞くので
何とか手を打って欲しいです。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
電車がゆく ver.01
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
 
ブログ内検索