新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


どんぶり勘定男がトンブリに行く・・・・の巻

さて、この旅行もいよいよ最終日の31日となりました。
お昼過ぎの飛行機に乗って帰るだけです。
a-938A7652.jpg
私は朝鉄するのでチェックアウト。まだ日が出ていません(笑)
ホテルの前からタクシーに乗ってワット・ポーの近くを目指します。


a-938A7659.jpg
随分と人が歩いているなぁ・・・・と思っていたのですが明るくなるにつれ、それが王宮に続く列だと判りビックリ。
2016年10月14日から2017年10月13日まではタイ王国は喪に服しており、公務員等は1年間喪服の着用が義務付けられていますし、民間人も喪服またはそれに準じた服装が求められていました。
しかしながらタイ王国は観光が重要な収入源であるため、民間の喪は2016年11月13日で明け
現在市内は通常に戻りつつありますが、ありとあらゆる所に国王を悼むための祭壇が設けてありました。

私も一応、モノトーンの服を持って行ったのですが市内は平常化していた為、大丈夫だろうと
当日は黄色いバティック来ちゃって撃沈でした。 反省しきり。

本当に大勢の方が弔問に訪れていましたが、あれが毎日続く訳ですから如何に心から国民に愛されていたと言う事が判りました。

そんな訳でコソコソと船着き場に向かい、今日もまた船に乗りますよ~。
a-938A7679.jpg
今日はエクスプレスボートでは無く、対岸への渡し船に乗ります。


a-938A7681.jpg
我々に色々と親切に教えて頂いたお坊さん。
ありがとうございました。


a-938A7685.jpg
対岸から出発した同型船とすれ違います。
川幅の広いチャオプラヤ川ではこの様な渡船が一杯有ります。
また、市民の足ですのでエクスプレスボートと違い、ユッタリマッタリの時間が過ごせます。


a-938A7718.jpg
対岸に渡り、まずは保存されているSLを見に行きます。


a-938A7726.jpg
D51に良く似ていますが、これは日本がタイへの戦後賠償としてタイ向けに設計され製作した車両で日本のD51とサイズが若干違います。

さて、お次はいよいよタイ国鉄に最終乗車です。
近くあるトンブリ駅からクルンテープ駅まで列車で行くと言う、タイ人は絶対乗らないルートです(笑)

a-938A7838.jpg
このトンブリ駅は”戦場にかける橋”で有名なカンチャナブリーに行く列車が出る為、観光客には有名ですが、それ以外は本数も少なくひっそりとした風情のある駅です。


a-938A7787.jpg
機関区には数両の蒸気機関車がいるのを発見!こりゃラッキーと大興奮。反対側に渡り賞味。
タイでは年に数回、客車を牽引して走りますので次回は是非とも走る姿を見てみたいです。


a-938A7825.jpg
もうすぐ、列車が出発の時間…・と言うのに欲をかいて撮影していたら、機関区からDLを5両つなげて入換えを始めました。
実は来た時から1、2両を引っ張っては入換えをしていたので、特に気にもしていなかったのですが

最後の最後に全部つなげて出て来た挙句、一番後ろにはエンジン剥き出しの車両が・・・・
a-938A7811.jpg
しかも、この時に限って長い事停車しています。
あ・・・列車発車まで5分を切りました。マズいです。

乗りおくれちゃう~・・・とドキドキしていると、ようやくユックリと動き出しましたので、慌てて駅まで走ります。
なんとか間に合って乗車するとスグに発車!いやぁ、あぶなかった~!

この列車でタリンチャン(Taling Chan Junction)まで行きます。15分程度の乗車です。

a-938A7893.jpg
タリンチャン駅でクルンテープ駅行きに乗り換えると言うルートですが、タリンチャン駅とバンス―駅間の
列車が大変少ないので、一回乗ってみたかったのです。
駅に着くと、なにやら制御盤やら閉塞承認にでも使うような機械が一杯コンコースに置いてありました。

現在、この区間は高架のMRTレッドラインが建設中で、乗換駅となるタリンチャン駅は国鉄側も
立派なホームが出来ておりました(未使用)

a-938A7900.jpg
ホームへ行く地下通路もまだ使用開始前でした。

駅でクルンテープまでの乗車券を買っていると丁度朝の8時となりました。
職員が全員出て来て祭壇前に整列。国歌が流れている間は他の乗客も起立していますので
私も立って国家を聞いていました。

意外?な事にクルンテープ行きの列車は殆ど定時でやって来ました。
a-938A7897.jpg
駅員さんの足元にある白いコンクリが現在のホーム。
なので、ホーム上で列車を待つなんて出来ません(笑)
後ろには新ホームが写っていますが、随分と高床化されており客車とのマッチングが気になります。

到着した列車に乗り込み、クルンテープまでのミニトリップ。

a-938A7930.jpg
バンス―駅手前で北本線と合流し、レッドライン等の建設中の高架線をくぐります・・・って言うか凄い光景ですねぇ。
新バンス―駅も完成時は国鉄線、MRT、エアポートリンクを含めると24番線という数になるのだそうで、完成したら見に行きたいです(笑)


a-938A7957.jpg
バンス―駅手前で停止信号。
近くのボックスに座っていた行商?のおじさんが、「ココで降りるから荷物を窓から出してくれ」と
車内の人に言って車外に降りた瞬間、列車が発車。
車内大爆笑でした。

動き出した列車はバンス―駅に到着。
ホームに入ると、なんと先程のおじちゃんが待っていました。

a-938A7995.jpg
周囲の乗客が窓から荷物を降ろして、数を確認するおじちゃん。
後から後からドンドン荷物が出て来て驚きましたが、それ以前におじちゃんどうやって列車の先回りしたのでしょうか?
列車はそこそこの速度で走ったのですが・・・・謎です。

良いマジックを見た後、発車。
列車はいよいよクルンテープの悪魔に捕まります。
都市部では踏切では車が優先さるのでいちいち止まります。
今までの快調さが嘘の様なノロノロ列車となります。


a-938A8007.jpg
暇なので車内をウロウロ。
食堂車の営業は終了していましたが、おねーさんのノリが最高でした。ううむ、是非ここで御飯を食べて見たかったです。


a-938A8101.jpg
ノロノロと走っていると前方からなにやらやって来るので見ていると・・・・・
いやぁ、ビックリしちゃいました。
ミャンマーでも見た事が有りますが、タイの都市部で見るとは思いませんでしたw


a-938A8122.jpg
クルンテープの場内でも15分ぐらい止まっていたので降りて歩いちゃおうかと思った瞬間、動き出しました。
バンスー駅とクルンテープ駅の間に1時間以上も掛かりましたよ・・・

a-938A8191.jpg
ようやく終着クルンテープ駅に到着。
Y氏に「(列車の)走りの写真撮りたいか?」と聞くと撮りたいと言うので、先ほど止まっていた場所辺りに行きます(笑)

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索