新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


鯖寿司モビル

29日の続きです。
朝練が終了してパサールセネン駅に移動。
a-938A6309.jpg
C.I.Cですよ、C.I.C(笑)
ここで予約してあったチケットを発券して列車に乗ります。

a-938A6320.jpg
乗車する列車は”GAYABARU”号
パサールセネンを1030に発車し深夜0125にスラバヤに到着する列車です。
・・・・もっとも私らは2時間程の乗車ですが(笑)

最近残念な事に、列車内での供食サービスが見直され「レンチン」料理が主になってしまったようです。
a-938A6325.jpg
車販が回って来たので早速購入。
美味しくないです。からあげ弁当をイメージして頂ければと思いますが
列車の楽しみだった絶品のナシゴレンに比べると悲しいお味でした。

次回からはコンビニ弁当買って乗ります。

それでもトップスピードを維持したまま列車は突っ走り、目的のPegaden Baru駅に到着。
あんな弁当食べるならココで美味しいミーアヤムバッソのお店に行けば良かったでござるよ・・・・と
思っているとパクアン急行氏にオジェックのおっちゃんが声を掛けて来ました。
「今日は人数が多いから」と断っていましたが、氏はココでもすっかり有名人の様です(笑)

駅前に待っていたアダムっちと合流。
今日はココからアダムっちと車で移動します。
プランニングをした時に「何人で来るんだ?」と聞かれたので「私らは5人だ。ラキラキ・リマだ」
と伝えた所「OK。ダイジョウブ」と言われたので安心していましたが、パクアン急行氏に「アダム免許持っていませんよ」
え~、どうするんでしょ・・・と思っていましたがちゃんと車で来てくれました。

普通車で。

私ら5人。それにパクアン急行氏。アダムっちとドライバー。
さて全部で何人でしょう(KCJ小学校入試問題)

アダムっちがメンバー眺めて「アナタ、ウシロ。アナタ、マンナカ」と席を割り当てますが
3列シートの後ろは小柄な西武の神様と、アナーキーとパクアン急行氏で、
真ん中の列は私とMIO氏とY氏と言う「デカモノ3点盛り」
どう考えても後列と一人入れ替えた方が良いと思うのですが船長の指示です。諦めます。

パクアン急行氏が「アダム!警察は大丈夫なのかよ」と尋ねると
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ダイジョウブ」
今の間はなんだ?今の間は?

地図は有るか?と尋ねるとスマホ画面を見せて「ダイジョウブ」
おっさん8人が乗った「ラキラキ・モビル」は街を出発しいきなり未舗装の道に。
まだ新車の臭いがする車をゆっくり走らせますが、それでも結構な揺れです。

道なき道を進み…状態で小高い丘ゾーンに突入すると更に道は悪化。
アダムっちが降りて車が通れるか確認しつつ進みます。

小さな集落に出ると行き止まり。
バックで戻り人の家の庭でUターン。ニワトリやヤギを避けながら別の道に行くと行き止まり!

結局、このコースはバイクでもない限り抜けられないと言う事になり来た道を戻ります。
人生、二度とこの村には来る事無いんだろうなぁ…・・

遠回りでも普通の道で行くとの結論に達したのか、前回アンコタで爆走した川岸ハイウェイを走り
目的地を目指します。
a-938A6405.jpg
ジャワの風景が良いですねぇ。

a-938A6411.jpg
この車に8人(笑)

結局、2時間ほど走って目的地チカウン(Cikaum)駅に到着。
a-938A6600.jpg
先程列車を降りたPegaden Baru駅のジャカルタ側、一駅手前に位置する駅で
列車だと15分もしない位置ですが、現在チカウン駅は休止駅で列車は停まらない為に
ここに来る為にはPegaden Baru駅からの足の確保が要だったのです。
Pegaden Baru駅にいるオジェック(バイクタクシー)は先ほどのおっちゃんがいる位だと聞き
アダムっちに相談した所、車の手配をしてくれる事になったのです。

あ~・・・外って気持ちい良い!と鯖寿司状態から解放されて駅長さんに御挨拶。
アダムっちとパクアン急行様が撮影の許可を取って頂いたのでサクッと行きます。
a-938A6425.jpg
右ウイング

a-938A6694.jpg
センター

a-938A6654.jpg
左ウイング

ここチカウン駅はKCJで廃車となった車両のウチ、「元日本車」をメインに廃棄されている場所です。
長くジャカルタの足として活躍した車両も短命に終わった車両もココに運ばれ終の棲家となります。
都営6000系やメトロ5000系、6000系、7000系、05系、東葉1000系、JR103系・・・・・
事故でダメになった車両や”諸般の事情”で棄てられた車両等、ココに来た理由は様々です。

電車壁とか電車団地とか言われていますが、鉄道ファンの訪問も多いらしく、訪問帳に多くの名前が記入されていました。
正直、保存しないなら解体して欲しいとも思うのですが、面倒なのでしょうね。

a-938A6706.jpg
日本の技術協力で作られたインドネシア国産電車KRL-I形も廃車となり、チカウン送りとなってしまいました。
冷房効いているし好きだったんですけどねぇ。

高速で通過する急行「クラカタウ」号
a-938A6574.jpg
休止駅ですが列車通過時はちゃんとウェストミンスターの鐘が流れます。

a-938A6637.jpg
おっ、新型エコノミー客車だ!と思っていると

a-938A6644.jpg
特別車が連結されていました。

撮影のお礼を駅長さんに伝え終了。
a-938A6719.jpg
鶏の親子とヤギの家族連れで賑わう駅前大通り。

車に詰め込まれて鯖寿司カー発進!
走り始めたと思ったらアダムっちが何やら慌てて車を止めます。

ダッシュして屋台に行き袋を抱えて戻って来ました。
「1つずつどうぞ・・・」と言われて回って来た紙袋の中には何やら焼き菓子の様な物が。
手も満足に動かせなかった状態ですので写真は撮れませんでしたが、一つは甘いドーナツの様な物。
もう一つは焼きかまぼこの様なシルエットでしたが素朴な味で両方共美味しかったです。
アダムっちに「これは何と言うお菓子だ?」と聞くと「シラナイ」
なんでも、このチカウンの屋台ですか売っていないそうで、名前なんて無いんだろうなぁ・・・と。
それにしても列車の止まらない駅前に屋台が出ていて、それが美味しいんですからインドネシア楽し過ぎます。
感動しながら食べていると助手席に座っていたアダムっちが振り返りながら「オイシイデショ?」
と言った時のドヤ顔が今回のクライマックス。

a-938A6809.jpg
前回来た時にジュースを買いながらおばちゃんの身の上話を聞いた雑貨屋の近くまで電車団地が迫っていました。

さて、鯖寿司モビルはジャカルタに向けて出発します。
a-938A6824.jpg
川岸ハイウェイをのんびり走っていて気が付いたのですが、これ、川じゃ無いんですよ。
両端があってポンプで川から揚水しているのが見えました。
これ、農業用の灌漑用水路みたいでビックリしました。
何キロも続くのですがどーりで不自然に護岸が綺麗な訳でした。
帰国後グーグルアースで見て、位置関係を把握しましたが随分と巨大な施設でした。

途中から本物のハイウェイに乗って鯖寿司モビルは快調に走ります。
すでにMIO氏の足の感覚は無くなったそうですが、私もお尻が行方不明です。
a-938A6831.jpg
全力で休んでいるトラックを横目に高速を降りる鯖寿司モビル。

アダムっちお勧めのレストランが有ると言うので寄る事になりました。
駐車場を見るだけでも大きなレストランであると言う事が解ります。
道の駅みたいな建物ですが、巨大な屋根の下、長いテーブルが並んでいる所にお客がギッシリ。
千人は余裕で居るよね…・と思っていると店員さんの運んでいるスープが超美味しそうでした。


メニュー見ながら「これだろう」と当て込んで注文して届いたスープ
a-938A6842.jpg
あ、残念。先程見たスープと違いましたが、これも「美味しそうオーラ」が出ています。
因みにバナナの葉にくるまれているのはナシ(ごはん)です。
テーブルの上に適当に出て来ますので、後で食べた分を清算するポピュラーなシステムです。

一口スープを飲むとズドン!と脳に響くくらい美味しいスープです!
こりゃぁ賑わう訳です。
スープとナシだけでも大満足な味です。

a-938A6845.jpg
コチラは”ガドガド”これまた美味でした。
他にサテ等を食べて大満足のレストランでした。
ポイント高いのは出て来たお茶が「甘く無くて暖かい」と言う点でした。

ジャカルタに近ければ通うんですけどねぇ。
チカンペックからタクシーで行けるかな?

会計する場所の周りにはお土産ゾーンが。
高そうな品から子供向けの玩具まで色々売っていました。
a-938A6876.jpg
世界で人気のキティーちゃんの素焼きの置物も売っていましたよ・・・いや、お前はキティーじゃない!
ヒゲはどうした!ヒゲは!
危なく買ってしまう所でした(買ってハムちゃんの土産にすればよかった)

再び鯖寿司モビルで高速に乗ると大渋滞。
お腹一杯になったし、身動き取れないし…で運転しているライアンさんには申し訳ありませんが爆睡。

ホテルまで送ってくれるとの事でしたが、パクアン急行氏が友人に会うとの事でブカシ駅で降ろして貰いました。
駅に到着するともう20時でしたよ。
長時間の運転お疲れさまでした。心から感謝致します。
色々と御配慮頂いたアダムっちにも感謝感謝でございます。

a-938A6890.jpg
あ、電車が居る~と思っていたら目の前で発車しちゃいました。
一本後の電車がマンガライ行きだったので、マンガライでコタ行きに乗り換える様だと考えていると
先程乗り遅れた電車にジャティネガラ駅で追いつく謎ダイヤでしたがラッキーでした。

a-938A6910.jpg
インドネシアに来てから車内に取り付けられた動画広告にMIO氏が
「日本に居た時よりも立派になっている」と興奮していました。

ホテルに戻り、今回もお世話になったパクアン急行氏とお別れし
シャワー浴びて荷物整理をすれば23時過ぎ。

翌朝は午前5時にロビーに集合ですが何とかなるでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索