新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


くりでん

鉄コレの新製品情報が発表され、今年もお財布が瀕死になる事と決定致しましたが
その中でも個人的に注目なのが栗原電鉄のM15です。
http://www.tomytec.co.jp/diocolle/items/pdf/newitem_20170112_03.pdf

これに乗った事が有ります~
kurihara-001.jpg
模型化されるM151です。

kurihara-002.jpg
暑い日だったのが記憶に残っています。

kurihara-003.jpg
邪魔なカバンは私のカバンです。バカですねぇ。
車掌さんの肉声の放送(案内)だった記憶がありますが、写真を見る限りスピーカーが写っていませんから
本当に肉声だったかもしれません。
車掌さん、ホームでタオルを洗っていて、窓から干していましたが途中で飛んでってしまい
「アッ!」と言う叫び声とヒラヒラ飛んで行くタオルが記憶に残っています。

kuriden-023.jpg
2両セットのもう1両であるM153も撮って有りました。
交換駅で全然列車が来なく「脱線しちゃたのかな~」と駅長さんと運転士さんが笑っていました。

kuriden-021.jpg
栗原電鉄に行った最大の目的は貨物営業終了後、仕事を失ったED351を見る為でしたが
ヤードの線路は撤去されたものの、車両自体は辛うじて残されておりギリギリセーフでした。
元は東武鉄道の日光軌道線のED661。 日光軌道線が廃止の後に当地に来たのですが
有名なプラザ合意による急速な円高で鉱山が閉山、専用線の性格が強かった栗原電鉄も
その後、非電化とし生き残りを図りましたが残念ながら2007年に全線廃止となってしまいました。

kuriden-026.jpg
若柳駅構内に留置されていたM17+C17
コレの経歴も素晴らしく国鉄で木造車モハ10形を鋼体化しモハ50(後のクモハ11)となり
西武鉄道の譲渡されクモハ376となり、1976年に栗原電鉄M171として入線しましたが
当線では大型の為に使用電力が大きく私が訪れた頃は休車状態でした。

kuriden-018.jpg
せめて塗り直してくれないかなぁ?と思いましたが、その後すぐに解体されてしまったようです。


kuriden-017.jpg
ED201 この機関車も結構なゲテモノ・・・というかツワモノで軽便鉄道時代の昭和25年に製造され軌間762mmから
1067mmへ改軌した際、なんと台車を履き替え継続して使用されました。
その為、台車よりも軽便サイズで製造された車体の方が小さいと言う特徴的な機関車で
車高も低い為にパンタを精一杯上げている姿が人気でした。

kuriden-025.jpg
若柳の車庫でED201と連結するC151
栗原電鉄の形式表記が特徴的で、電動車にはMを、付随車はCが呼称されます。

kuriden-024.jpg
しかも、連結相手のM15形が湘南顔の両運転台車である為に、付随車であるC151も連結面は
切妻状でテールライトが付くと言う、ああ・・もう・・・素敵すぎる車両でした。


kuriden-020.jpg
前述の通り、鉱山が閉山となり坑道を利用して細倉マインパークとして営業しましたが
鉄道を維持するだけの需要は無く非電化に転換後、全線廃止となりましたが
未だ若柳構内等に車両が残されているのが救いです。
スポンサーサイト


Comments

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: ナイス
神様:
 こちらこそ本年も宜しくお願いいたします!
 大桟橋バッチリですね!さすがです~
 丁度、仕事が裏に回ってしまいお日様が出ている時は仕事中・・・という最低なタイミングで
 今回は行けずギギギギ・・・と悔しい思いでした。
 行きたかったです~

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索