FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
4
5
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04


勿体ないことに

さよなら国鉄・・・な時期の写真って撮っていないんですよ。
仕事忙しかったしね(言い訳)

1987年3月31日をもって115年の歴史に終止符を打った国鉄。
同じ日に茨城県の筑波山の麓を走る筑波鉄道が廃止になりました。
超メジャー級の「さよなら国鉄」に埋没する形でひっそりと消えていった
筑波鉄道。

tukuba-t003.jpg

車庫なんて一般人は入れないと思っていたら
「事務所で名前書けば良いよ~」
おおっ!それはラッキー・・と事務所に行くと「記念切符買いません?」

・・・・・。
・・・・・。
さすがでした(笑)


tukuba-t001.jpg

バケットカーやキクハ、元国鉄のキハ04等が休む車庫。
見て回るだけで全然、ちゃんとした写真撮っていないのが私っぽいですw

でも楽しかったですよ。
最後は同行者が「一枚、走りの写真が撮りたい!」と言うので
適当に辺りを付けて途中下車。

小一時間待って来たのは国鉄から来たばかりのキハ301。
2人で「ちょほほほほ~」とうなだれて帰ってのも良い想い出ですw
tukuba-t002.jpg



それから丁度20年経った2007年3月31日
筑波鉄道と共に関東鉄道から分かれた鹿島鉄道も過去帳入りしました。
兄弟一緒の命日なんですね。
スポンサーサイト




Comments

もうそんなに月日が経ったんですね、3月31日がそんなに大切な日だったなんて忘れていました、私ももうすぐ定年のMさんと一緒に筑波鉄道へ行きましたよ、また国鉄最後の日の謝恩フリーきっぷで出かけもしました、ほんと懐かしい~な。
たしかに、兄貴と命日がいっしょですよね。どんな因縁なのでしょうか。

うちのかみさんはこどものころ、ごく普通の行楽客として、筑波鉄道に乗ったことがあるのだそうな。いいな〜!!
筑波鉄道の廃止は未だに惜しまれることで、復活を望んでいる人が多く、法律上難しい等して具体化はまだまだですが、構想はあるので法の解釈を改めることと早期の具体化が望まれます。
80億円で施設を撤去し、自転車道等に整備するなら存続補助金にすべきでしたが、道路やダムの建設は所管する部署と財源が鐵軌道と別で、利権が絡むから鐵軌道に金が出ないこと等はおかしいのです。改正すべきなのは当然だし、改正していれば廃止路線の殆どが残れた筈です。
廃止されず高速化され、高性能軽快気動車のワンマン運転とバス以上に頻繁運転と高速運転をする路線として残っていれば土浦―岩瀬は50分程、急行運転30分以内で走れて便利になり、需要も沿線人口も増えていた筈です。
長期的には活性化の為復活は絶対必要で、社会的にも非常に有効だし、今は常磐線で増発や時間短縮され、旧沿線で人口が増えた所もあり、高速運転と頻繁運転、JRやバス会社、行楽・観光施設、行政、自治体等との提携や連携をすれば5000人以上の需要が見込め、うまければ経営は成り立ちます。
将来性豊富だし、復活すれば土浦やつくばの商圏や通勤通学圏が広がり、行楽客や観光客が増え、経済効果があり、地域の象徴や観光の目玉になり、快適で便利で楽しい生活ができ、沿線のイメージアップや活性化、PR、行楽施設や観光業者の増収、車やバスより快適に短時間で移動でき、渋滞緩和、排ガス削減等もでき、住民に相当恩恵を受けます。
復活は跡地を使うから比較的容易だし、新規に道路を造るより安く、国が相当な補助を出し、整備に特定財源を設けるとか、自治体も国も公務員の人数と人件費、道路整備予算を大幅に減らせば建設費が賄え、贅沢に豪華に造らなければ、必要最小限なら一km辺り十数億円で可能です。
「吉野家行ったんですよ」まで読んだ・・・。
春休みもあと少しですね。

では。

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索