新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
2
3
5
6
8
9
10
11
12
15
18
19
20
21
22
24
26
27
28
29
30
04


肩パンマン現る

「じーずーばー しょの3」

到着初日ですが、時間が取れたので力の限り鉄をしています。
観光?何それ美味しいんですか?(注:美味しいです)

d-IMG_1522.jpg
実に17両もの客車が繋がった列車が通過していきます。
たまりません。

この頃、国鉄の制服を着た人が線路っ端を歩いて来ましたが、すれ違う兄ちゃん等に肩パンしながら
フラフラ歩いて来ました。

声を掛けられましたがメチャクチャ酒臭いですよ。
ポケットに忍ばせた瓶でチビチビ飲みながら「ここは危険だから俺が見張ってやる」的な事を言って来ます。
心配なさらず何処かに行ってください。

場所を変えれば諦めるかと思いましたが付いて来ます。弱ったなぁ。
線路を歩く人々に「俺がこいつ等をガードしているんだぜ」的に言って、皆さんが私の方を「大変だね」
と言う表情で過ぎて行きます(笑)

そうこうしているウチに見たかった中国製のDD1100に牽引された編成がやって来ました。
d-IMG_1600.jpg
牽引されている「客車」は・・・・

d-IMG_1608.jpg
元、松浦鉄道のレールバス

d-IMG_1615.jpg
キハ52

d-IMG_1625.jpg
キハ47

d-IMG_1633.jpg
しんがりに、北海道ちほく鉄道CR70が連結されていました。

これらの車両は機関不良により一旦は戦列から離れましたが、客車(RBT2500)として復帰した編成です。
気動車時代のカラーリングから客車カラーになりましたが、良く似合っています。
いや~、撮れて良かった~!と隣に酒臭いオッサンを引き連れてご満悦。

その後「もうエスコートしなくても良いよ」と陸橋から俯瞰撮影に戻りましたが付いて来ます。
スルーしていたら、そのうち大の字になって陸橋で寝たので私らも終了。
もうちょっと酒臭く無かったら一緒にご飯でも行って仲良くなったのにね(笑)

夕飯を市内で食べようとタクシーに乗りましたが、撮影が不完全燃焼だし時間も中途半端なので
「駅に行ってみない?」


そんな訳で急遽、ヤンゴン中央駅へ。
d-IMG_1961.jpg
伝統的なビルマ建築様式の駅舎は1954年に爆撃で破壊された旧駅舎の代わりに建築されたそうです。

d-IMG_1709.jpg
歴史的な構内を歩くと出発案内がLEDパネルだったり・・・と楽しい駅でした。

近距離の乗車券はホームで発売し車内で改札するので構内はフリーに歩けます。
d-IMG_1732.jpg
客車が入線して来ました。

d-IMG_1710.jpg
別の番線に停まっている客車の車内を撮影。
木製のベンチが良い感じですねぇ~。長距離だと大変そうですが・・・・

d-IMG_1743.jpg
名古屋行の急行列車が到着。これに乗ってきしめん食べに行くか~!

d-IMG_1826.jpg
構内にクロスが有り、到着と出発番線を使い分けていました。便利な配線ですね。

名古屋に向けて急行が発車すると…
d-IMG_1883.jpg
仙台~!仙台~!仙台~!御乗車お疲れさまでした。終点仙台に到着です。

た・・・たまらん。


今度は松浦鉄道とJR東海のキハ11が併結された編成が到着。
d-IMG_1928.jpg
この松浦鉄道の車両は機関不良で一旦は戦列から離脱しましたが、日本財団の援助により
エンジンを換装し復旧。再びミャンマーの地を走る事になった幸せな車両です。

JR東海、松浦鉄道、JR東日本の車両が1フレームに収める事が出来るのはミャンマーだけですw

素晴らしき仙台駅の図(違)
d-IMG_1947.jpg
そう言えばヤンゴン中央駅の機能を移転させる話も一時期有りましたね。


キハ11の編成がインセン方面に向けて出発して行きました。
d-IMG_1957.jpg
80年代までSLが現役だったそうで、構内のあちこちに給水スポートが残っていました。
譲渡された車両がこの地に受け入れられ、愛されると良いのですが。


色々な客車を愛でたりして日没終了。
夕飯を気になっていた店に食べに行こうとタクシーに乗ります。
お店の住所を見せて「はうまっち?」とタクシー料金を訪ねますが「ノープロブレム!」
いやいやいや・・・・メッチャ心配やねん!
再び「How much?」「No problem!」

何が・・何がNo problemなんだ?ん?
しかし運転手さんはわざわざお店に電話をしてくれて場所を聞いていましたが
旧正月でお休み・・・と言う事が判明してションボリ。
なら、昼間行ったカレー屋に行こうよ。んで、歩いてスーレーパヤー見て帰ろう!と鍋ちゃんに言うと
「ホテルまで」

・・・・・・結局ホテルに戻ってタクシーを降り「2000チャットで良い?」と尋ねると「OK!」
本当に良い運転手さんでしたw
厳密に値切れば1500チャットぐらいの距離かと思いますが3人いるし、そこは気持ちで(笑)

どうも鍋ちゃんはホテル近くにあった屋台で食べたかった様ですが、タクシーで着くと
屋台は無くなっていました(笑)
私がタクシーの車内で見掛けた、大勢人が居た屋台に行く事になり歩きます。
インドネシアで覚えた「人の多い屋台は安全&美味しい」理論をミャンマーで実践しますw

ウチは麺が美味しいよ!との事でしたので注文。
ミャンマー独特の低い椅子(風呂のイスぐらいの大きさ)に座って待ちます。
d-IMG_1975.jpg
いや~、初日からトバしたねぇ!と反省会。

混雑した屋台でしばし待ちますが肝心の麺が来ません。
後から来たお客さんの注文が出て来たので、いよいよおかしいぞ・・・と思っていたら
食器下げるオネーさんが調理のおばさんに「あそこの外人の分、忘れてるの?」
「あぁ、忘れてた忘れてた!アハハハハハ!」なやり取りがミャンマー語が解らない我々にも良く解る感じで
繰り広げられておりました。ぐっすん。

作り始めればすぐに出て来た麺
d-IMG_1985.jpg
名前は知りませんが、あっさりとした米麺に濃い目のガーリックが効いた汁が良く合って美味。

麺、ツルツル啜れてウッメェェッ!
汁、ニンニク油風味でウッメェェッ!
お肉、トロとしてウマい!ネギの風味が喉に至高の風を!

完飲。

ってな感じでした。
屋台が暗くて写真がブレブレです。済みません。

d-IMG_1990.jpg
音楽鳴らして荷台にきらびやかな仏像を乗せたトラックの車列が何度も通って行きました。
お正月のお祝いなのでしょうか?

お腹一杯になりましたのでコンビニに寄って夜の友達を買いに行きます。
d-IMG_2002.jpg
洗濯してシャワー浴びてルービーですよ。ルービー。
ミャンマービールは本当に美味しいですね。

因みにホテルにチェックインした時に西武の神様の後にトイレに入ったら「流して無い風」だったので
〆てやろうかと思いながら流したら茶色い水が出て来ました。
勿論、洗面台も同じ色なので歯磨き用にペットボトルの水を買いましたとさ。

顔を洗うぐらいなら大丈夫…と洗面台を使いましたが翌日から「ものもらい」状態になってしまい
顔もミネラルウォーターで洗うトホホな展開でしたが、洗濯物は良く乾くので助かりました。

そんなこんなでミャンマーの初日が終了です。
翌日は勿論、鉄です。はい。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブロとも申請フォーム
電車がゆく ver.01
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
 
ブログ内検索