新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


”冗談”では無く本気のアルバムでした。

ヴァイオリンとピアノのデュオの”スギテツ”
「冗談音楽」で有名な2人とJR東海がタッグを組み「芸能界の鉄道好き」が参加した東海道新幹線が開通して50年・・・・を記念したアルバム「走れ! 夢の超特急楽団」がこの度レコード大賞企画賞を受賞しました。

おめでとうございます!

DSCN5119.jpg
グッと来たジャケット写真ですが、写っている楽器も新幹線の先頭車両の打ち出し板金を手がけている山下工業所の職人・藤井洋征氏が製作した金属製の弦楽器なのだそうです。
うむむ!
その技術で作られたチェロを「世界の車窓から」のテーマソングの作曲者としても有名な溝口肇氏が自ら同テーマソングを演奏されています。
金属で出来た楽器とは思えない温かみのある音色です。


参加者の方々と収録風景です。

そうなんです。
難波弘之さんも「256001」と言う曲で参加されています。
スピードホルダーのB編成に鴨宮の試験線で試乗した時の情景を曲にしたのだそうです。
試作B編成は1000系と呼称されていましたが、車両番号はA編成からの連番で付番されており
B編成は1003~1006と振られていました。

難波さんが乗車した時は車内にあるスピードメーターの上に紙で「256001」と書かれていた記憶がタイトルの由来です。
量産化された0系の普通中間車は25形と26形のユニットなので、もしかしたら0系6000番台に変更される話もあったかも知れませんね。
それにして、聞いた事の無かった話ですので驚きました。さすが難波さん”持って”ますねぇ!

DSCN5122.jpg
ケースの中や、スリーブの裏側も凝った作りで、想いのこもったアルバムでした。
難波さん自身は今年の日本レコード大賞で最優秀アルバム賞となった竹内まりや「TRAD」
と企画賞を受賞したこの「走れ! 夢の超特急楽団」と参加した作品がダブル受賞ですから凄いですね。
スペースダンディーも2期目に入るし相変わらずの活躍っぷりです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんなお祝いを汚すかの様な私の話題。
DSCN5123.jpg
はい。エロ雑誌にまた登場ですがな。

DSCN5124.jpg
今度は新幹線特集。扉の2枚を頂きました(笑)

DSCN5125.jpg
富士山バックの大コマも頂き恐縮です。

ドクターイエローはゾロ氏に取られました(笑)
コンビニで買うのは恥ずかしいので熱帯雨林で1クリックです。
前回と今回、こんな雑誌を買っちゃったので「オススメの商品」がえらい事になっています(笑)
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索