新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
4
5
6
8
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


SFの国 日本のSF展

世田谷文学館で行われている「SFの国 日本SF展」を見に行ってきました。
a-DSCN5084.jpg
滅茶苦茶、行くのに不便な駅にありましたが、その分とても展示内容は充実しており行って良かったです。
いきなり入り口のエントランスホールの物販コーナーで「ホシヅル」のマグカップを買いそうになる程です(笑)

小松左京、筒井康隆、星新一、手塚治虫、真鍋博、大伴昌司・・・・・・・
他にも色んな作家や関連した方の直筆原稿や足跡が展示されていました。
ええ、何から語れば良いのか解らない位で濃厚な時間を過ごす事が出来ました。

日本SF作家クラブの会報が幾つか展示して有りましたが、同時に展示してあるSFクラブ会報がまじめな議題や問う内容な文章なのに対し作家クラブ会報は軽妙洒脱さ文章で終始しており
箱根への合宿を当時起きていた伊豆群発地震の為に中止とした経緯など思わず吹き出しそうになりました。

キャンセルした時、旅館が泣きを入れ「地震に詳しいSF作家さんのグループも来るんですから安心ですよ・・・と他のお客様に説明したのにどうしてくれるんですか?」との言葉に
「知るかそんなこと」と書かれていてヤバかったです(笑)

それにしても、手塚先生の生原稿や星先生の直筆原稿の迫力は凄いですね。
a-DSCN5086.jpg
圧巻な展示物は撮影禁止でしたが、出口付近に撮影コーナーw
黄色いロボットって何なんですかね?

小松左京氏を始めとする作家陣も関わった大阪万博の話や文学館らしく多くの小説の陳列もあり
行って良かったです。
a_19large.jpg
今日は閉館となる18時から難波弘之氏と漫画家の浦沢直樹氏のトークショーとライブが開催されたのですが
めでたく当選し、参加することが出来ました。


浦沢直樹氏の曲に難波さんのピアノが乗ると言う豪華な構成ですが
勿論、トークもSF好きのお二人ですから盛り上がります。
手塚治虫さんの話題からレイ・ブラットべり、浦沢氏が星新一氏からの電話を受けた話まで
良い話・抱腹絶倒な話題まであっという間の2時間でした。

難波さんがピアノを弾く間に浦沢氏がイラストを描くコーナーがあったのですが、両人とも素晴らしい技を披露して感動でした。
それにしても、白い紙にパッと、いつもの浦沢氏の絵が描かれていくのはため息もんでした。
佇む少女の絵(バックに翼竜) 杖をついた老紳士(後ろにUFO)の2枚でした。

トークでレイブラッドベリの所に 「華氏451度」を電子書籍化しないか?とオファーがあった話は大笑いでした。
担当者は読んだこと無いのでしょうか?

トークショーなのにアンコールが(笑)
打ち合わせしてないよ・・・と言いながら浦沢氏が楽譜を難波さんに渡すと「大丈夫。弾ける」
今度は難波さんの神業です。
では・・・と楽譜をコピーする間に再び難波さんがピアノを弾いて浦沢さんが絵を描きます。
女性に恋したロボットの絵でした。

コピー完了した楽譜を見て「じゃ、半音あげて弾けば良いんだね」
浦沢氏が「初見の楽譜見てすぐにコレですよ」と感心していました。

いやぁ、素晴らしいイベントでした!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
電車がゆく ver.01
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
 
ブログ内検索