新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


足が痛い

水切りの続きです。

豪快に斜めったままどうにか入線させたクハに続いてモハ205が吊り上げ。
更に豪快に斜めった状態で吊り上げ、線路の上に。
テンション抜くと同時に車両が倒れそうになって作業員が慌てて逃げ出しました。
あんな機敏に動くインドネシアの人を見たのは初めてでした(笑)

一旦、吊り上げて修正しながら線路へ。
手前のトラックが脱線状態でしたのでもう一度吊り直して置きますがダメです。
b-IMG_3661_201403022039077bc.jpg
フランジが線路に乗っちゃっています。
結局、吊り直しての修正は諦めてルーカス(脱線復旧機)で修正。

あっと言う間に正常な状態になり入線完了。
b-IMG_3665.jpg
押し込んで連結!

次の車両もテンションの掛かり具合がおかしかったので修正が入り
その後はスムーズに作業が進みます。
b-IMG_3741.jpg
船の方からも続々と車両が送られてきます。

b-IMG_3748.jpg
同じ画の量産となるので一旦、岸壁に戻ることにします。
写真に写るヤードキャリアーに乗せて頂き岸壁へ。

慣れないサンダル履きで足を庇いながら撮影をしていたので、この頃から足が痛み始めました。
雨の中、4時間近く経った後に炎天下の砂利の上で動き回ればそうなりますので
ぜひお試し下さいませ。

b-IMG_3776.jpg
岸壁に到着すると丁度サハが吊られていましたので船体に書かれた「HEAVY LIFT」の文字と絡めて撮影。

その後、コンテナ群に隠れる様に設置されている港湾作業者向けの売店?に行きます。
皆さんスタスタと歩いていくのですが、どうにも足が痛くて遅れをとります。
嫌な予感がしていたのですが・・・・・・

ようやく到着すると「ぢゃ、現場に戻りますか!」
やっぱりなぁ。予感が当たりました。皆さんに顔が死んでいる・・と言われましたが
テンションは高いですよ。足が動かなくなってきているだけです。

再び船に乗船許可を頂きますが、私とパクアン急行様とK様だけが乗船。
残りは怖がって乗船しません(笑)
b-IMG_3832_2014030220394019c.jpg
シッピングマークの一種かと思いましたが輸送業者のフラッグだそうで。
今まで掲出されたことが無かったとの事ですが、スグに外されちゃいました。
なんで中間車なんだろう?(笑)

ラスト10両目!
b-IMG_3974.jpg
深夜の嵐が嘘の様な青空とクハ204

再び歩いてPASOSO駅に移動します。
亀の様に遅い私の歩みに皆様、さぞかしイライラされたでしょう。
さーせん。
足が痛くて痛くて。既にふくらはぎが棒の様です。

IMG_4067.jpg
ようやく10両編成が完成!
あと残るは10両です(笑)

b-IMG_4068.jpg
作業にあたる皆様と記念撮影。お邪魔いたしました~!

組成されたハエ30はスグにデポックへと出発するので走りを撮るべく移動。
b-IMG_4076.jpg
派手な脱線痕がある線路を歩いてタンジュンプリオク駅方面に。

b-IMG_4079.jpg
貨物駅に停車しているコンテナ列車。
この列車が発車するまでは205系も出られませんのでアンコタ捕まえて先行します。
b-IMG_4086.jpg
市内はアチコチで洪水の為に渋滞しています。
もうちょっと排水を考えればねぇ・・・・

ホテル近くでアンコタを降り、タクシーを捕まえます。
空転さんがチラリと見えたホテルを横目に「歩いて帰れますよねぇ・・・」と
既に限界発言。歩くと結構あるので取り敢えず最初にタクシーに押し込んじゃいました。

もう一台のタクシーに私が乗りましたが白いタクシーなので嫌な予感がしましたが
案の定、エアコンが全然効いていませんでしたw

光線が良いというKemayoran駅を目指して出発。
何ヶ所か洪水で渋滞している中、ようやく到着。

踏切から線路沿いを歩いて撮影地まで行きますが、歩けない私はまた置いて行かれちゃいました。
楽しいんですけどね。足が動かないんですよ。

撮影地手前の木陰を陣取って張り込み。
複々線を横断したところにあるワルンでパクアン急行様がミーを食べに行くと言っていましたが
私は歩けず無念のリタイア。

そう言えば、「俺の餃子」から半日以上が経過していますが、チョコパンとレッドブルだけで行動してます。
アホですね。
ミーはミー食べたかったざんす。

「PASOSO駅を出ましたよ」の連絡を受けて待つこと20分。
大体予想通りの時間にCC204が牽引する205系がやって来ました。
b-IMG_4107.jpg
本当は踏切の向こうで撮るのが定番ですが歩けませんでしたw

手前で軽くカーブするので、そこを押さえようと言う算段だったのですが・・・
b-IMG_4116.jpg

被られましたw
まぁ、記念になるカットですのでOKです。

ココで空転さんとコアラと偽鹿児島県民がギブアップ。
楽しいのはココからだぜ・・・と思いましたが無理をさせても申し訳ないのでお別れです。

私たちは更に追うべくバジャイで勝負!
捕まえたバジャイの運転手さんと料金の交渉をしますが、運転手さん「2万!」
「2万って、安すぎるだろ。マンガライよ。解っている?」
「2万」
「ホントかよ~」
パクアン急行様と運転手さんの会話が可笑しかったです。

走り始めると大渋滞。
何でもデモがあるとかで片側2車線を潰して対面通行状態。
そりゃ、動かんわ~
b-IMG_4134.jpg
暫くすると運転手さん、何やら言いつつUターン!
大回りルートですが空いている道をチョイス。ガンガン進みます。
随分と新しいバジャイだったのですが、どうもCNGバジャイだった様です。
お陰で排ガスもなく快適なドライブ。

結構な距離を突っ走りマンガライ駅に到着。
本当に2万ルピアでした。「おかしいだろ。安すぎるだろ」パクアン急行様は
まだ納得されていない様でした(笑)
道を熟知した運転手さんのお陰で余裕の先行。西武の神様とK様の乗ったバジャイは
未だ渋滞で遭難中とのこと。

改札から構内に入りセブンイレブンでスポドリ買って待機。

b-IMG_4155.jpg
ジャティネガラ駅で方転したため、エンドが変わった回送列車が入線!

b-IMG_4168.jpg
構内で到着を待っていた鉄道ファンが続々と集まってきました。

b-IMG_4179.jpg
再びエンド交換するため機関車の機回し。
丁度、JR203系(マト1)が入線してきました。

我々も先行列車でBogor方面に向かいます。
お馴染みのCawang駅の先端で待ち伏せです。足が動かないので超大変です(笑)

b-IMG_4194.jpg
Bogor線でカマを撮ったのも始めてですね。良いモノが見られました。

b-IMG_4220.jpg
今回の譲渡車の中で何故か6扉車を含まない唯一の「ハエ30」
こうやって見ると運転席に人が居るし、赤羽線のホーム撮り見たいですね(笑)

さぁ、足は動きませんが後半戦に突入します!(続く)
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索