新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
3
4
7
9
11
13
17
18
21
23
26
27
28
29
30
31
07


宇宙戦艦ヤマト2199 第7章

いやぁ、ついに第7章となってしまいました。
「もしかしたら劇場で観られるのは最後かも・・・・」と不謹慎なことを考えつつドキドキしながら第1章を観に行った日が懐かしいです。

あ、ネタバレにならない程度のネタバレ含みますので「俺は真っ白な状態でTV放映を観るんだ」と言う方は
至急、ブラウザを閉じて下さいませ。
興味のない方は・・・・・・あ、もう閉じちゃったんですね。じゃぁいいです。




第1章の時はシルバーの団体割引状態だった劇場もTV放映が始まった頃から明らかに若い方(爆笑)が増えたのは、出渕監督の力量とヤマト愛のなせる技だったのでしょう。堪能いたしました。
DSCN4686.jpg
第7章は無理矢理に第6章に付き合わせた所、気に入ってくれた元玉君と御一緒に。
前回ポップコーン御馳走した甲斐がありました(笑)

クォリティーUPの為とかで一部が未完成の為、ショートでの上映となりましたが
「物語を観る分には問題有りません」との予告が。
上映開始の時もお詫びテロップが流れました。今後DVDを観て何処が足りなかったのか知りたいですが多分判らないと思います(笑)その位良く出来ていました。

ドメル戦死以後、地球帰還までの重要な(TV放映では)4話なのですが、あれだけの伏線や広げた風呂敷はどう収めるねん・・・と期待して観ましたが全く回収しませんでしたw
勿論、人生なんてそんなもんですからアレはアレで良いと思います。

しかしながら、デスラーが後半クールさを失い御乱心状態なのはどうなんでしょうかねぇ?
薄い本が売れ無くなっちゃいますよw

そもそも、主力艦隊が帰還出来ない位置に行ってしまったとは言え、帝星本体に戦艦一隻を易々と侵入させちゃうのもどうかと思いますし、
アレだけの軍事力を持ち、周辺とドンパチやっている星にしちゃぁ、首都防衛力が低すぎるような・・・
勿論、第2バレラスに遷都させる伏線だったのかも知れませんが。

そもそも、盤石の独裁体制を手に入れたデスラーがわざわざリスク・・・と言うより
全てを捨ててまでヤマトに拘った理由も良く解りませんでした。


1stのヤマトではお互いが大きく傷つき辛くも勝利したヤマトの艦内で壊滅したガミラス本星を見ながら古代が叫びます。
「これではガミラスがやっと事と一緒じゃないか!勝つ者がいれば負ける者もいるんだ。負けた者はどうなる
負けた者は幸せになる権利はないと言うのか!今日まで俺はそれを考えた事がなかった・・・
 俺は悲しい。それが悔しい!」

当時のヤマト製作スタッフの殆どが戦争経験者であり、その経験があのセリフを言わせたのだと言われています。
そして、その後日本のアニメが「子供向けでない作品」を作る原点になったと言われています。

そのヤマト観てファンの立場からやがて御自身も監督となった出渕さんの渾身の作品をリアルタイムで見られて色々考えるのも良いですね。素晴らしい作品でした。長生きしてみるモンです。
DSCN4684.jpg
観終わって反省会。何を反省するんでしょうね。

野暮なツッコミを言わせて頂ければ、イスカンダル星に到着しスターシャ・イスカンダルに謁見する際、何故戦闘服なのでしょうか?
通常でしたら正装礼服のはずなのですが。少なくとも副長の地位にいる方に礼服を支給出来ない程、地球防衛軍は切迫していたとは思えませんし。

あと、某分隊長が乗員を作戦行動中に妊娠させたら通常は懲罰ものですよ(笑)
DSCN4685.jpg
野暮な言い分なのは判ってますよ~。酔っているし。

TV放映版や、映画でのヒキでは「人類滅亡まであと何日」が無かったのが
寂しいです。
DVDでは次回予告があるのでそこで言っているのですが、TV放映版では「あらすじ」を入れた尺の関係で予告がカットされているのです。
アレがヤマトなんだけどなぁ・・・・とジジィはビール呑みながら嘆いていました(笑)
あの絶望感や悲壮感を演出した西崎Pって凄かったんだなぁ~と今更リスペクトしてみたり。

なにはともあれ、映画は終わってしまいましたがTV版の残り少ない放映を楽しみに生きていきます。
反省会楽しかったです。また反省したいです
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
ブロとも申請フォーム
電車がゆく ver.01
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
 
ブログ内検索