新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


ジャカ鉄ツアー しょの4

楽しい路地を歩いて辿り着いたのはデポック電車区。
日本のODAにより建設され2008年より供用されたこの電車区はジャボタベック圏最大の電車区で200両以上の収容線と車両工場、乗務区関係が集約されています。

収容線の線路配置等は本当に日本の電車区そのままでズラリと並んだ日本の車両と共に一瞬、ここが海外であることを忘れてしまいます。残念ながら撮影した車両の写真はUP禁止だそうで申し訳ないです。
(勿論、以前と違い現在では許可も出ないのですが今回は現地の方のお力添えで特別に見学させて頂きました)


施設の前に置かれたエンブレム。
ja062.jpg
同じ物が一部の車両に取り付けられています。・・・・そうです。以前は東急のエンブレムがあったところです。
これ以外でもメトロマークや帯のデザインの意匠等をワンポイントで利用し
元車が日本から来た電車で有ることをさりげなくアピールしたり自国の電車のデザインに消化したり・・・となかなかの物です。
良く理解されている気がして嬉しいですね。


今回許可が出たのは、私たちのメンバーにいる方の1名が運転士さんで、現地の車両部の部長さん?や恐らく助役さんクラスの方が日本の電車の運転士に話を聞きたいと座談会が行われました。
当の本人は電車の写真が撮りたいのにビッシリ2時間近く話していました(笑)

私らは関係ないので放置プレイ(笑)
広大な敷地を歩いて汗びっしょり、頭は朦朧・・・・持ってきたペットボトルの水も2本ともマッハで飲み干してしまい、砂漠で遭難したみたいにフラフラと歩いていたら社員食堂らしき建物を発見。中に入って物が買えるか聞いたらOKでした。
ja064.jpg
買ったそばから飲み干しちゃいましたw


偶然にも、この建物で座談会が行われていました。
ja063.jpg
専門的な話をされていたので部外者の私には???でした(笑)

待っている間にコンビニで買ってきたスニッカーズを食べようとしたらチャポチャポと音がしますw
皆が「それは危険!開けちゃダメ!」と止めます。勿論開けたら大変なことになるのは持っている私が一番解るので諦めます。

朝から何も食べていないし食堂で御飯食べても良い?と尋ねるとOKがでたので注文。
まさかインドネシアの電車区で社員食堂を使うとは!楽しいなぁ。
御飯を適当に盛って貰い、色々なおかずを乗せて貰います。
「卵と、チキンと・・・あとナス!」とお願いしたら(実際は指さしてこれこれ言っていただけですが)
ナスと言った瞬間、食堂のオネーさんと近くにいた運転士さんが何やら言ってきました。
な、なにか逆鱗に触れたのか?と泣きながら、座談会の通訳しているAndyさんに助けを求めると
「あぁ、ナスは凄く辛いけど大丈夫か?と聞いています。」
ここで止めたら笑い物だ!オイラ行くぜ!「OK!OK!」
・・・・・内心ドキドキしながら作ってもらいました。
ja065.jpg
日本円で100円したかしなかったか・・・位を払って早速食べます。
辛いけど美味しい~!!ナスもストレートな辛さが来ますが日本人の口に良く合います。
汗が出てきて最高です(ずっと出っぱなしですが)


ジョッキに入れた水をくれましたが「生水はいかんよね」と外に持って行って粥氏に持って貰って顔洗い様に使用。
丁度その時、バイクに乗ったおじさんがタンクに入った水「アクア」を届けに来て交換してました。
あ、なんだ。これなら大丈夫だ~・・と残りは美味しく頂きました(笑)

今日は昼食も食べる予定がなかったのでラッキーでした。
ja066.jpg
食堂を同じ周回コースで子猫が散歩しています。
一周まわって、このちり取りにストン!と入って一休み。暫くするとまた出掛けて行きます。
ja067.jpg
売店前を歩いていく子猫。

ja068.jpg
お外を眺める子猫。


座談会を終え次の目的地に向かうためゲートに行きます。
退出の手続きをしている時にゲートの写真をスナップしたらセキュリティーの人が何やら声を掛けて肩を叩いてきます。
てっきり怒られたのかと思って「そーりーそーりー」言っているとAndyさんが
「カメラで撮ってくれって言ってますよ」
・・・・わはははは。

行きますよ~!とカメラ構えると廻りのセキュリティーの方にも声を掛けてポーズ。
撮った写真見せたら喜んでくれました。


さて、見学も終わり次の目的地に。
ja070.jpg
南国風の踏切が良い感じです。オレンジ色の服着たおじさんが踏み切りの開け閉めをしています。

ja071.jpg
素敵な小径をバイク避けながら(笑)歩いてデポックの駅まで。メトロマーク付きの05系が通過

ja072.jpg
丁度、エコノミーが入ってきました。
途中から再び線路を歩いて改札口に行き乗車券買ってコンビニで飲み物買って。
朝からヤバイ位に飲んでいますが飲まない訳にも行かないので本能の赴くまま飲みます。
構内のスタンドで鉄道雑誌を売っていたので欲しかったのですがお祈りの時間になってしまった為、買うことが出来ませんでした。

ja073.jpg
南国ムードながら何処か日本の駅にも通じる趣の駅本屋。構内にコンビニがあるのも似ていますね。
植裁も手入れが行き届いていて大切に使われているのが良く解ります。

構内で小銭をねだっていた子供が駅員に何か言ってホームに入ってきたので何をするのかと見ていると
デポック止まりの電車の車内に入って寝ている人を起こしたり車内の点検。電車が車庫に入っていくと駅員からお菓子の袋を貰っていました。なんか良い感じです。

デポックから電車に乗ってマンガライの駅まで。
ja075.jpg
構内の写真はネットにも良く上がっていますが駅舎の写真は余りないので記念に撮影。
凄く良い感じです。惚れました。


ここから次の目的地までバスに乗ります。
てっきり写真に写っている小型タクシーに乗るのかと思っていたら・・・
ja076.jpg
これに乗るんですと!
いやあ、乗りたかったけど1人じゃ怖いし・・で現地の方がいて良かったです。
濃ぃ車掌さんとファンキーな運転を満喫しながら乗車。楽しかった~!

お次の目的地は小一時間で終了。
そこから更なる目的地にはバスがないのでタクシーを捕まえましょうってんで通りに出ましたが、どのタクシーも乗客を乗せています。

私たちの手前で高校生のカップルが乗り合いタクシー捕まえて乗ったら
一緒にタクシー捕まえるのを手伝ってくれた近くのお店のおじさん(知らない方)が「おまえ等も乗っちゃえ!」
・・せかされるまま乗車したらカップルが降りちゃいました(笑)
ごめんなさい!

で、めでたく我々で貸切となったタクシー。総勢12名乗車(爆笑)
ja077.jpg
この車に12人も乗ったんですよ!もう楽しすぎですw


さぁ、目的地に着きました。許可証を提出し暫く待って許可が出て入場。
地元の方もココに入れることは殆ど無いらしく「ミラクル」と言っていました。
何処で何だかが言えないのが申し訳ないのですが大体、御想像の通りですw


見学が終わり退出しようとしたらセキュリティーがおらず門が固く閉ざされています。
聞くと退勤時間が近い為、早く帰りたい職員とセキュリティーの間でトラブルになるので
このくらいの時間になると門を閉鎖して鍵持って隠れてしまうんだとか(笑)


暗くなり雷鳴が聞こえて来たら門の近くに集まっている人たちが「ゴーロゴロー!」と騒ぎ始めました。もう爆笑です。
時間ちょっと前にセキュリティーが現れて門を開放すると、まるで自由への門が開いたように騒いで帰っていきました。面白すぎです。


私たちも駅に向かって帰ります。
ja079.jpg
猫の親子。


改札で解散となったので撮影に行こうかと思いましたが雨雲が前日より厚いので諦めて構内で降るまで居ることにしました。
ja080.jpg
向かって右がボゴールに行く路線。
合流してきた形に見える203系がいる線路が環状線ですが現在は環状する電車は殆どありません。


夕方のラッシュが始まり電車も続々と出庫してきます。
ja081.jpg
5本もの電車が並び、更に客車が出入りしています。

ja082.jpg
丁度入線してきた客車編成にインドネシアの伝統模様が描かれたバティック車両が組み込まれていました。
この車両以外にも模様違いで数両居るようです。


あっという間に空が真っ暗になり激しい雨が。
ja083.jpg
屋根のない所に止まっている6000系に乗る人たちは大変そうでした。


雨が強まり夕方のラッシュで人が増えた構内を通過する客車列車。
いやぁ~エキサイティングです。

[広告 ] VPS

この動画で写した一本前の客車列車は通過時に乗り出していた女性乗務員が落ちそうになっているし
最後部車両がホームの可動ステップと当たり「ドカン!」と音を立てて走り去っていきました(笑)



丁度上手い具合にエコノミーが来ました。
この時間しか停まらないんですよ(笑)モタモタしていると置いて行かれます。
音が昔の国電みたいで良い音でした。

[広告 ] VPS


・・・・・・・それにしても熱い一日でした。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索