新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


ジャカ鉄ツアー しょの2

ホテルに何とかたどり着きチェックイン。
もう一台はとっくに着いていましたが予約した祟り氏が私と同じ車だったので皆さんを待たせてしまいました。
飛行機と到着遅れとタクシーでの遭難で予定より1時間遅れ。
4部屋の予約でしたが3部屋だけ今ならチェックイン出来る・・・と。
勿論わたしゃ、何言っているか解りませんが祟り氏が色々やり取りしてます。

・・・連れてきて大正解w

取り敢えずチェックインしてお出掛けです。
ホテルの近くまで歩いていきますが交通量の超多い4車線の道を横断しなければならないので大変でした。
最寄り駅は日本のODAにより高架化されたので日本の駅そのものです(笑)
ja021.jpg
色使いはおかしいですがwさっそく切符を買ってホームに上がります。

ja023.jpg
ホームから歩いてきた道を見ます。夜になると道の両側に屋台がぎっしり並びます。


因みに、写真が写している方向に行くわけですが日本とインドネシアでは電車の方向が逆なのでコチラ側のホームに居るわけです。


ja022.jpg
駅名板にも次駅が書かれており便利です。また、ほぼローマ字読みで良い為、初心者には非常に有り難い国です。
到着した電車はまさかのエコノミー!真っ暗な車内とギッシリな人にうひゃぁ~・・とビビリますが
暑いのでドアに人が集中しているだけで車内はワリと空いていて助かりました。ドアを開けっ放しの電車なんて多分初めての経験です。


終点ジャカルタ・コタ駅に到着。
ja024.jpg
これが乗ってきたエコノミー車です。

この駅でインドネシア人の鉄道ファンの方と待ち合わせです。先に駅に来ていたMr115さんが既に合流していました。
「良く相手が解りましたね?」と尋ねると「おおっ。ハンバーガー屋で待ち合わせしたんだけど、雰囲気で一発だったよ」
・・・・鉄って万国共通なんですねw


その鉄道ファン・・Andyさんが駅で撮影の許可を貰いに行くと
「大人数で動くとセキュリティー(駅の警備員)がうるさいから、バラバラで動いて上手くやって」と言われたそうです(笑)
なので挨拶もそこそこに一旦解散。

ja025.jpg
夕方のラッシュが始まる頃なので電車の出入りが多くなってきました。
いやぁ、久しぶりに動いている営団5000系を見ました。


[広告 ] VPS



コタ駅の信号所
ja026.jpg
恐らくオランダの統治領時代の建物だそうです。


客車も多く在線。駅の先に客車区が有るためひっきりなしに客車が入線してきて格好いいです。
ja027.jpg
電源車2両と荷物車の編成が入線。すぐに入れ換えられて行きました。

ja029.jpg
エコノミー塗装の客車編成を押し込んで来た機関車。日本では聞いたこと無いサウンドでした。


ja030.jpg
優雅なデザインのコタ駅本屋。写真に写る三面時計も古い物だそうです。
暑い気候の駅だけに通気が良く快適でした。ココに座って出入りする電車を眺めるのも素敵ですね。

ja031.jpg
メトロ6000系が入線してきました。
こちらでも「TOKYO METRO6000」と呼称されています。


さて楽しい時間はあっという間に過ぎていきます。お次はフィーダー線に乗ってお出掛け。
ja032.jpg
コチラはインドネシアの国産電車(PI INKA社製)
意外にもインドネシアは車輌製造メーカーを持ち、輸出も手掛けていますが
電車に関しては日本製の中古電車が安くて性能が良いので鉄道会社は日本から中古を購入したがりますが政府が色々と横槍を入れている様で、一応2012年が中古車の入線最後・・・とも言われていますが急速に拡大する運用数をまかなうだけの車両を国産メーカーだけで対応するのは現実的には厳しい様です。


コタ駅から一駅だけのフィーダー線に乗ってカンプンバンダン駅でDuri(デュリ)駅方面に乗り換え。
ja033.jpg
乗ってきたフィーダー線はホームが何故か3両分しかなく1両ははみ出ています(笑)



東急8500系(現地名TOKYU8500)が来ました。
ja034.jpg
線路っぱたはお店が出ています。粥氏が揚げパンみたいなのを買っていたので少し頂きましたが美味しかったです!

[広告 ] VPS
何事も無いかの様に単機回送が通過して行きます。

反対側はガンガン電車が来るのですが、コチラは単回ばかり。
フィーダー線の電車が3往復していました(笑)
ja035.jpg


ようやく来た電車は回送表示(笑)
勿論乗れます。何故出して居るんでしょうね?素敵過ぎです。
ja036.jpg
デュリ駅付近は雑誌でも良く紹介される線路際に市場がビッシリとある区間ですが
私らが行く直前に空港アクセス線の建設本格化の為に撤去されてしまいました。
もっとも僅か半月の間に大夫、お店も戻ってきた様ですが、以前のような活気は無くなってしまいました。


ココを走る電車を撮ろうとした瞬間、雷鳴と共にスコールがやって来ました。

[広告 ] VPS

最初の電車が何とか動画で撮れた位です。残念!


駅にいた子供達に写真撮って撮って・・・とせがまれました。
ja037.jpg
向かって右側にいる女性が先生だそうです・・・って随分若いですよね。聞き間違いだったのでしょうか?
スマフォ持っていました(笑)いーなー。

後ろにいる制服姿の人は駅のセキュリティーの方々です。
興味深そうに見ていましたが注意はされませんでした。

TOKYO METRO7000に乗車して来たルートを戻ります。
保線は良いのですが定尺レールの為に素晴らしいサウンドが聴けます。
ja039.jpg
ぼー・・・と乗っていると西武線を走る7000系と言う様な錯覚に襲われます。


カンプンバンダン駅で再びフィーダー線に乗り換えてコタ駅に到着。ここでAndyさん達とお別れして夕飯に。

今回の旅行に関して色々と素晴らしいアドバイスを頂いた方とお会いするために
ブロックM地区に向かいます。かなり離れた地区ですがコタ駅から専用レーンを走るトランスジャカルタのバスに乗る為にバスの駅で乗車券を買って並びます。

ガイドブックには「定員以上には詰め込まず専用レーンを走るので快適」と書いてありましたがトンでもありませんでした!
全然バスが来ず、来ても少ししか乗せないで発車。やっと乗れたバスは激しく渋滞に嵌り強いアクセルとキツいブレーキを繰り返して走ります。

途中の停留所でも一杯待っている人をしり目にチョット乗せては車掌さんがドアをバタン!と締めて発車。
あんなに並んでいる人たちはいつ乗れるのでしょうか?

ja040.jpg
なんとかブロックMに到着。酷い目に遭いました・・・・・
ここでT様と合流。夕飯に向かいますが現地の屋台等は当然アルコールはありません。
当然、現地な食べ物にしたかったのですが、一日の疲れと沢山かいた汗の為、
ビールのあるお店・・・そう、日本の料理を出すお店に行っちゃいました。
すみません・・・・
でも・・・でも・・・ビールがすごく美味しかったです!!幸せ。


帰りは終バスの時間も過ぎたのでタクシーで帰りました。
今度は道も間違えずに快調に走ってホテルに。
ja041.jpg
コンビニで冷たいコーヒーと翌日の為のお菓子を購入。
さぁ、明日は勝負ですよ~!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索