新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


オリエントエクスプレス'88

年に一回、必ず海に上でお会いする方がいらっしゃいます(笑)

その方が私に貴重なパンフレットをプレゼントして下さいました。
DSCN3795.jpg
オリエントエクスプレス'88・・・バブル真っ只中の日本が起こした奇跡。
あのオリエントエクスプレスがヨーロッパからロシアを経由しアジア大陸を
走破して日本にやって来るというものです。


計画が発表になった頃、日本はもとより通過する各国さえ半信半疑だったと言う逸話が残るプロジェクト。
国鉄から民営化されJRになったばかりの話題づくりとバブル景気でウハウハの
テレビ局(しかもフジテレビの開局30周年)がタッグを組み、しかもロシア(ソ連)ペレストロイカの時期が重なった為に生まれた奇跡の前代未聞のビックプロジェクト。


本当に日本にやって来たオリエントエクスプレスは日本国内で走れる様に改修された後
文字通り日本中を走りヨーロッパに帰っていきました。
DSCN3796.jpg
バブリーな値段が並ぶツアーの数々。
勿論、運行に当たっての苦労を考えれば破格の値段です。


当時は鉄から離れていた頃で、しかも報じるメディアでお腹一杯だった為
実車を観に行かなかったことが今でも悔やまれます。


そんなオリエントエクスプレス'88を詳しく調べたいのでしたら
これまたY様がお作りになられた「鉄道画報」のNo,11がお勧めです。
DSCN3797.jpg
来るまでの経緯から運行に当たっての苦労話等が満載です。
興味ある方は是非、古本屋でGETして下さい。
因みにこの本は四角い箱様から無期限でお借りしています(笑)
あざーす。

DSCN3798.jpg
貴重な記録や写真が満載です。



あんなに元気だった日本が再び戻らんことを祈りつつつ散財w。
DSCN3800.jpg
因みにMr115様は「おう、アレは3回乗ったよ!」
す・・・・すげぇ・・・


日本国内での運行を終え笠戸工場に入場したのは89年1月7日
昭和がこの日終わりバブルも終焉を告げようとした頃です。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索