FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
3
6
7
9
11
12
16
18
20
21
23
24
26
28
29
11


てんてー特集号?

現在、書店店頭にて絶賛発売中の「Rail Magazine」446号ですが
なんと、てんてー特集号みたいな内容になっています!

DSC_6951.jpg
1995年頃までに連載していた伝説の「青空の下レイルは光る」の復刻記事が掲載されているわ、なんとなんと「ねこ鉄」の連載が始まるわ・・・なファンブック状態となっています。
RMも人材不・・・ゲフンゲフン。そんな事無いですよ。激アツな内容です。
しかも、てんてー節が炸裂な文章も堪能出来る貴重な号です。

以前てんてーに「ヘリ代って取材費で出るんですか?」と尋ねたら「出る訳ないっしょ!
全部自腹よ。名刺代わりよ!」
鉄道車両基地を撮影した後は一緒に軍艦を撮りに行って両方の雑誌社に持ち込んでいたそうです。
お陰で「空撮の花井」として業界に名前が売れて地位を確立したてんてーです。
・・・相変わらずカメラ落としたりしてますがw

J-SHIPS でのてんてーの文章がツボな方は是非ともお買い求め下さいませ。

今号は他に「だーはら」氏のLRBEのアツい記事もあり保存版でっす!

スポンサーサイト



六甲ライナー

さて、京阪で消えゆく名車”三つ五郎”←だから誰も呼んでいないって を堪能したので
京橋駅からJR環状線で大阪駅に行き新快速電車に乗り換え。


uo001-938A9853.jpg
芦屋駅で乗り換えて住吉駅にやって来ました。
先端で撮る様な駅の構造ではありませんが、記念に1枚。
いや、本当は別の駅で賞味する予定でしたが、京阪で時間を喰ってしまいJRは次回に…と言う事で。



uo002-938A9881.jpg
普通電車もすっかり変わってしまいましたね。
国鉄形を長く使うイメージの強いJR西日本ですが近年、急ピッチで置き換えが進み
変化に驚きます。

uo003-DSC_6899.jpg
住吉駅から神戸新交通六甲アイランド線に乗車。いわゆる六甲ライナーっちゅうやつです。
いつも阪神電車の上を走る六甲ライナーを見ていましたが未乗でしたので、今回消化します。

uo004-DSC_6901.jpg
「随分、高い所を走っているなぁ」と思いながら見ていましたが、実際眺めも良く楽しいです。


uo005-938A9897.jpg
乗車したのは新型3000型
2023年度までに全編成が置き換えられる予定だそうです。
中もお洒落で快適でした。

運転間隔も意外にあり、6分間隔で「待たずに乗れる」感じでした。

uo006-DSC_6896.jpg
六甲大橋を通り六甲アイランドに渡る時、橋のたもとに停泊中の「さんふらわあ」が見えました。
テンション上がりますねぇ。

本来ならマリンパーク駅から大阪湾を眺めに行く予定でしたが時間が無いので
散策は中止です。また来ます。

帰りはマリンパーク駅から魚崎駅まで乗車。再び3000型でした。
旧型?の1000型は1回しか見ませんでした。


uo-938A9910.jpg
魚崎駅から阪神電車に乗ります。阪神電車も一枚、ブログ用に撮ろうと思いましたが
最初に来たのは乗り入れている近鉄電車”シリーズ21”
なんと、この電車は近鉄で今のところ最後に作った通勤用の形式です。
特急用はその後も色々と製作しましたが通勤用車両の新形式は沈黙したままですが
整備が良いので古さは感じません。ええ、整備が良いのです。


uo009-DSC_6905.jpg
次に来たのは山陽電車。
全然阪神が来ません。あ、でもこの山陽電車好きです。


uo010-DSC_6906.jpg
やっと阪神電車来た!と思った瞬間、自分が乗る電車に被られました。しかも山陽電車。


uo011-938A9924.jpg
三ノ宮駅で阪急神戸線に乗り換え。以外に駅が離れているんですね。


uo012-938A9930.jpg
7000系ってリニューアルされたんですね。
最初、誰だか解りませんでした(笑)


uo013-938A9952.jpg
SDG′Sラッピングの電車は軽く被られましたが、ラッピングは先頭車のみでしたので無傷ですw


uo014-938A9975.jpg
もみじHM付9000系
すっかりこの形式も阪急の顔になりましたね。


uo015-938A9984.jpg
いつも京都線ばかり撮っているので久しぶりに神戸線で撮りましたが楽しかったです。
すみっこぐらしの編成や名物8000系が来なかったなぁ~と思いながら空港に向かいましたが
翌日、この時間に件の8000系が踏切事故で脱線したニュースを聞き肝を冷やしました。
危なく帰れなくなるところでした。


リニューアルなった伊丹空港で土産を購入してチェックイン。
以前の伊丹空港は制限区域に入るとあまりお店が無かった記憶が有るのですが
今は色んな店が有るんですね。失敗しましたよ・・・・中で買えば良かった。
uo016-DSC_6912.jpg
座った途端に記憶喪失。
ふと外を見ると、飛んでいるわ、暗くなっているわ・・・でビックリ(笑)
随分と夜景が綺麗なので「千葉にしては明るすぎる」と悩んでいると渋谷が見えてビックリ。
こんな時間でも新ルート降りが有るんですね。
勿論、初体験です。


着陸して電子機器が使えるアナウンスの後、乗っている便の飛行ルートを見るとビックリ。
uo017-174231.jpg
随分と大回りしたんですねぇ。15分程度遅れての到着でした。

空港まで迎えに来て頂いた心優しきsui様の車で送って頂き感謝感謝でございます。

そんな訳で大阪までプラレールのかたずけに行きましたが楽しかったです。
当日お世話になりました皆様、ありがとうございました!

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

三つ五郎、ふぉ~えば~!

環状線を環状して完乗しちゃった翌日は帰るだけであります。
飛行機の時間までちょっとは撮影して帰ろうかと言うのはお約束。

まずはホテル前を走っている阪堺電車を覗いてみます。
上手く行けばモ161が来るかも?でも休日だしね・・・・
なもんで、九時をタイムリミットとして張込みです。
ha-938A9346.jpg
違いますねぇ~



ha-938A9368.jpg
これも違いますねぇ。



ha-938A9378.jpg
またこれも違いますねぇ。


ha-938A9403.jpg
またまた違いますねぇ。


ha-938A9415.jpg
これまた・・・・って、連接の堺トラムを覗けば兄弟車な701形と601形ばかりでは無いですか!
161どころか、モ351やモ501形の姿も見えませんよ。
恵美須町に行く路線も減便になりましたので、モ161ばかり撮っている場合では無くなって来たのでしょうか?
偶然だったらいいのですが・・・・

ha-938A9432.jpg
結局、9時になりましたので撤収。
そもそも私が撮っていた場所を何かの店舗の行列のスタンバイに使いたいらしく
スーツ着たスタッフのお兄様方の視線に殺気を感じ始めましたので退散ですw


ha-938A9436.jpg
地下鉄に乗って移動。
ホームに流れる接近音と「ぼえぇぇ~!」と電車が鳴らす音を聞くまでが1セット。
これを聞かないと大阪に来た気がしません。



ha-938A9465.jpg
ココの所、南海電車ばかり撮っていたので、今日は京阪電車です。
まずは9000系から。
昔は固定クロスシート車でしたが、ロングシート化された今、7200系辺りとの差が解りませんw



ha-938A9477.jpg
京阪と言えばテレビカー!
8000系もダブルデッカー車が入った辺りは良かったのですがプレミアムカーの連結で
ちょっと編成美が崩れたのが残念です。


ha-938A9481.jpg
今日のお目当ては5000系です。
昭和45年にデビューした5000系ですが、当時の京阪はまだ600Vで編成も7両が限界でしたが
沿線が爆発的に開発され混雑が酷く遅延も増大する一方でした。
1500Vへの昇圧、長編成化や複々線事業の完工までの繋ぎとして「ラッシュ時は5扉車、
昼間時は3扉車」として運用出来る様設計されました。
IMG_7867.jpg
ラッシュ意外は締め切りとなるドアには「ラッシュ専用」の文字。
京阪は”三つ五郎”との愛称を付けましたが誰も使いませんでした。
DSC_6889.jpg
締め切ったドアの上から座席が降下して昼間時は着席需要に応える構造です。
他社の多扉車が早く引退したのとは対照的に未だに現役と言う驚異の車両です。
7連7本が製作されましたが、現在は廃車が発生し4本が残るのみです。
しかし、引退の理由が老朽化ではなく「京橋駅へのホームドア設置」と言うのですからさすがです。
好きな車両だけに寂しい限りです。


ha-938A9527.jpg
京阪は先頭M車が多いのですが、8000系は京都寄りがパンタ付き・・・しかもダブルパンタと言う華やかさです。好き。


ha-938A9575.jpg
7000系。
これを見ると昔、国鉄の飯田線にいたクモエ21とかを思い出します(笑)


ha-938A9613.jpg
2400系。昭和44年に登場した車両ですが前照灯をLEDに交換したり。まだまだ頑張るんでしょうね。
クーラーが一杯の屋根が好き。



ha-938A9644.jpg
2600系
ルーツは昭和34年製造の2000系だった奴と完全新造の30番台に分かれますが
流石に初期車は廃車が出ています。


ha-938A9703.jpg
9000系を大阪寄りから。

ha-938A9708.jpg
3000系
いや、随分と凄いデザインですのう・・・・と登場時は思いましたが乗ったら凄いんですよ、これ。
乗るならこれです。イチオシです。
”コンフォート・サルーン”と言う愛称が付いていますが誰も呼びません。



一時間半程度、京阪を愛でていた所、ようやくやって来ました!
ha-938A9736.jpg
三つ五郎(笑)の準急運用!
いやぁ、良いですねぇ~!堪らんです。



ha-938A9813.jpg
淀屋橋から帰って来た5000系を賞味して終了!


ha-938A9832.jpg
昭和14年頃から製造された1000型を車体更新する形で昭和45年に製作された700系を
昇圧を機に下廻りを更新して誕生した1000系
なんだか永遠に走っている気がします(笑)次はV化か?

5000系の中之島行きが来たので名残り乗車。終点まで行こうかと思いましたが
空腹に負けて京橋駅で肉うどん。

無事に5000系も撮れたので空港に向かいます。

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

ビック片付け大会

大恩ある「ぐんぼ」様のプラレール運転会があるので片づけを手伝いに行くのは当然の帰結でして。
今年初めての飛行機ですよ。ありがとうGOTOキャンペーン!
などと感染者激増でキャンペーンの雲行きも怪しい今日この頃ですが飛行機は満席とのアナウンス
ky001-DSC_6811.jpg
登場したのはJALのB-787です。
今年は搭乗予定の飛行機が欠航になったり今まで乗る事が出来ませんでしたがプラレールのお陰で乗る事が出来ました。
ky002-DSC_6826.jpg
あ、新大阪駅だ。
飛行機で5分の所を電車で1時間かけて戻りますw


ky003-DSC_6828.jpg
会場が有る四天王寺夕陽丘駅にやって参りました。
なんか厨二病っぽい駅名ですが由緒ある駅名です(笑



ky004-DSC_6829.jpg
それにしても谷町線は難読駅名が続きます。
歴史も感じられ大阪メトロの中でも好きな路線の一つです。


ky005-DSC_6835.jpg
16時に会場に入った途端「ではこれで終了します~!ありがとうございました~!」


ky006-DSC_6838.jpg

片付ける前に写真だけ撮らせてもらいます。

ky006-DSC_6838.jpg
楽しいかったんだろうなぁ・・・・


ky008-DSC_6848.jpg


会場は初めての場所でしたが広さも充分にあり良い会場でした。
いやぁ、大阪の運転会はいつも暑い時期なので、こういう涼しい時期の開催は有難いですね。
ky009-DSC_6843.jpg


この駅ビルが使われているのを初めて見ました。
私もまだ買っていないんですよね~、大きいので収納場所に困ります。


今回の目玉?は初登場のルーキー「るーぷらいん氏」の改造作品
ky010-DSC_6846.jpg
丁寧に作られていて勉強になります。


ky011-DSC_6833.jpg
新しい力となるか、もう二度と来なく無くなるか・・・・おぢちゃんは心配ですw


片付けが終了したのでホテルにチェックインしに行きます。
ky014-DSC_6853.jpg
私は荷物の扱いかな?


チェックイン後、JRで京橋駅に移動。
天王寺駅周辺や電車は混んでいましたが、京橋はちょっと人出が少ないようです。

いつも行く串カツの店は「お客来ないからテーブル席は開けて無いのよ」
え~!あそこはいつも混んでいるのに~!
前日に敷設部隊がその店に行ったら、ガラガラだった様で「仕方ないですね」
ky015-DSC_6856.jpg
ってな訳でこちらもお馴染みな冨鶴に変更!
こちらは予約でいっぱいの様でしたが「狭くても良いなら・・」と受けてくれてよかったです。


遅れてお店に入り「先程ぐんぼで予約した者ですが・・・」と尋ねると「まだ来てないですね」
ありゃ、まだ駅で待っているのかな?と店から出るとバイトのおねーさんが追い掛けて来て
「あ、来てます!」
んだ、それ(笑)
ky016DSC_6860.jpg
いやぁ、やっぱり良いですねぇ。最高です。
今日は姫が欠席なのでオッサンばかりなのですが、るーぷらいん氏も参加してくれました。
私以外は皆オッサンなのに良く来ましたねぇ~!勇者乙!


朝から何も食べていないのと余りにも美味し過ぎたのでお肉のお替り連発でしたが
後悔していません。美味しかった~
二次会は立ち飲みで。
ky017-DSC_6869.jpg
お刺身が超美味の店ですが、こちらも最高でした。
「なんで絶対に貴金属CEOは大阪の運転会に来ないんだろう」と言う話題を討議して終了。


いやぁ食べた♪飲んだ♪・・・と環状線に乗車しましたが空いていたのでつい座ってしまいました。
旦那ぁ~、許して下さいよぉ~
「次は京橋、京橋です」
自動放送を聴きながらフッと気が付くと京橋から乗ったのに次ぎは京橋ってどういう事やねん?


あっちゃ~・・・と思っているうちに「次は大正、大正です」
慌てて大正駅で降りてしょんぼり天王寺まで戻って来ました。ええ、座らずに戻ります。


ky018-DSC_6874.jpg
終車の時間が近いのかガラガラの阪和線の電車を横目に改札口を出てホテルへ。
ky019-DSC_6854.jpg
今日は早めに宴会を切り上げたので余裕が有ると思っていたのですが
何故か日付が変わる頃でした。なんでだろう???


そんな訳でプラレールの片づけ楽しかったです(笑)
ky020-DSC_6876.jpg

当日お会いした皆様、ありがとうございました。

近づくお別れ

百里基地に最後に残ったF-4EJ改の部隊である301飛行隊の活動も終了が近くなり
お別れに行こうと京虎様からお誘いを受けましたが、偉そうに「19日なら休暇が取れる」と
大先輩に対して失礼にも予定のリクエスト。ゾロ氏も誘って19日に行こうと考えていたら
18日の朝4時に仕事に行こうと起床すると空の神様から「301SQ、18日で訓練終了かも?」と連絡が来ていて顔が真っ青!
いやぁ、18日に行こうと誘われていたのに私の都合で19日にしちゃった訳ですよ。
眠気も吹き飛び、出勤途中ずっと「ど~しよう~!」

結局19日も行ってみようと言う事になり結局翌日も4時起きですw
ゾロ氏のスーパーカーで京虎氏をピックアップして百里基地に行ってみます。
気分は敗戦投手ですw

hy-938A7234.jpg
朝一発目はスカイマークからです。
朝もやが酷かったのですが、大夫消えてくれました。


hy-938A7679.jpg
1stはF-2が上がって行きます。


hy-938A7732.jpg
ここでF-2を撮るのは久しぶりです、


hy-938A7806.jpg
ファントムとは違った軽快な動きですね。

さて、ファントムさんは飛びそうも無いので場所の移動。
hy-938A8129.jpg
301SQのT-4が上がって行きます。
そして、聞き慣れた図太いサウンドが響くと・・・
hy-938A8191.jpg
青カエルが上がりました!

hy-938A8214.jpg
いやぁ、一旦は諦めたのですが・・・・・めげずに来て良かったです。



hy-938A8266.jpg
スペマの後に355が上がります。


hy-938A8353_202011200004400cf.jpg
395も上がって、なんとか3機ゲットでホッとしました。


hy-938A8454.jpg
帰投時のブレイク


hy-938A8478.jpg
もう見る事が出来ないのでしょうか・・・・寂しいなぁ。



hy-938A8530.jpg
青カエルのみローパスからのハイレートを披露。


hy-938A8567.jpg
下面のメッセージも読み取れ、お別れとなりました。



hy-938A8624.jpg
いやぁココの所、百里とは相性が悪かったので半ば今日も諦めていましたが
お陰様で賞味出来て幸せでした。


hy-938A8718.jpg
あ~あ、降りてしまいました(寂


hy-938A8937.jpg
青カエルも御帰還となりました。


hy-938A8953.jpg
結局、黄カエルは撮れず仕舞でしたが、何とか青カエルだけは撮れたので良かったです。
hy-938A8872.jpg


長年、百里の主だったファントムがハンガーに帰った頃、再び新しい主となるF-2が
次々と上がって行きました。
hy-938A9306.jpg

取敢えず、京虎様とゾロ氏に処刑されなくて良かったです。

久しぶりに線路っ端

ホキ800の廃車回送が有るというので行こうかと思いましたが時間がギリギリになってしまい
ゾロ様のスーパーカーで迎えに来て頂き何とか間に合いました。
hoki-938A7172.jpg
線路挟んで反対側にSJ氏がいらっしゃいました。相変わらずエネルギッシュですねぇ。


hoki-938A7209.jpg
ロンチキはキヤを購入したので代替えは解るのですが、ホキは何と変わるのでしょうか?
私鉄の様にダンプトロでやっちゃうんですかねぇ?
昔からバラスト運搬と言えばホキ800というイメージでしたので寂しいですねぇ。

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

野上鉄道

和歌山県に野上鉄道というローカル私鉄がありまして。
沿線の特産品であるシュロ製のタワシ等を運ぶ為に敷設されました。

既に1970年代から廃線の話も出て来た同鉄道ですが地元の支援もあり走り続けましが
人気と裏腹に古い車両、古い設備が徐々に限界を迎えます。

水間鉄道が保有していた元南海電鉄の1201形電車である510形を購入しましたが
重量超過で運行できず、仮に電装解除しても橋梁がもたないと判り使用する事無く
沿線に留置されました。
その少し前に近代化工事として地元からの補助金も得てコンクリート製架線柱も購入
しましたが、それらも何故か線路端に置かれたまま更新する事もありませんでした。

その後、運輸省の欠損補助金が打ち切られる事になり運行継続の為にと
再び地元に新車の発注や信号・軌道等の更新の予算を請求し紛糾。その後
廃線が決定となり会社も解散となる事が決まりました。

鉄道会社の解散は非常に珍しく当時話題になりました。

阪急や阪神の創業当時の車両が在籍している野上鉄道が無くなってしまう訳ですから
大勢のファンが押し寄せますが、会社が無くなる為に将来に不安が有る従業員と上手く行かないのは当然です。
駅構内等に「写真撮影厳禁」と書かれ写真を撮っていた方が強い口調で怒られる・・・・と言う話も耳にする様になってきました。

しかしながら文字通り「博物館」級の車両ばかりの同鉄道に一度は乗りたいと行った時の記録です。
no001-img043.jpg
JR紀勢線の海南駅に隣接する形で野上鉄道のホームが有ります。
実はココは駅ではなく野上鉄道の起点日方駅の構内扱いとなる「連絡口」です。
写真に写る電車が停まっている所が日方駅で、発車した電車はスグに停まりJRからの乗客を乗せます。
この取り扱いは野上鉄道の方が先に敷設された為に行われていました。


no002-img042.jpg
真ん中にいるアーモンドチョコの広告車が当線きっての人気者だったモハ20


no003-img041.jpg
歩いて乗った方が先に座れて良い気もする距離ですが、大体皆さまちゃんと待っていました。


no004-img044.jpg
白い車体の電車が水間鉄道からやって来た車両です。
結局、一度も走らず解体されました。


no009-img034.jpg
私が乗ったのは10形電車。
もと富山地鉄の射水線からやってきた小型電車です。


no010-img038.jpg
撮ると怒られると聞いていたので車内等ではカメラを出さなかったチキンぶりです。


no011-img037.jpg
確かに貼り紙は有りましたが、特に注意をしている様子もありませんでした。


no012-img035.jpg
終点、登山口駅
ここから高野山まで延伸する壮大な計画もあり、一部工事を開始した部分にあった橋脚等が有名でした。


no008-img039.jpg
野上鉄道はバス部門も有りましたが、こちらも同時に解散しました。
ん~、なんでバスもちゃんと撮って無いんだろう?

no007-img045.jpg
登山口駅では別に撮影を咎められることも無く、駅長さんと地元の方の世間話を聞きながら
帰りの電車を待ちました。

1994年4月1日に廃止となり会社も解散となり消滅しました。

あ~こがれの青函航路~

船が好き~♪鉄道が好き~♪と言うワリにはなかなか行けなかった青函連絡船。
se001-img032.jpg
上野発の夜行列車降りた時から~♪


se002-img029.jpg
私が乗船した頃は既に廃止が決まっていて名残り乗船の乗客も増え満員でした。



se003-de10-001.jpg
DE10がせわしなく動き回り貨車を連絡線に押し込んでいました。
控え車「ヒ」なんて初めて見て興奮してました。


se004-img023.jpg
当時は活気あふれる巨大な施設に思えましたが、現在同じ場所に行くと「本当にあんな施設が有ったのか?」と
思えるから不思議ですね。


se005-img022.jpg
初めて見るピクトサインに大興奮でした。


se006-img033.jpg
丁度、八甲田丸が補助汽船のエスコートで入港して来ました。
補助汽船(タグボート)も国鉄の所属でした。


se007-img024.jpg
十和田丸への積み込みが終わり出港準備。
もの悲しいオルゴールの音が旅情を更に引き立てます。


se008-img026.jpg
出港して行く十和田丸を横目に乗船名簿に記入


se009-img030.jpg
私が乗船したのは八甲田丸
満員で船内に入れず甲板で出港を眺めていました。


se010-img027.jpg
隣のバースには貨物専用船、空知丸が出港準備に追われていました。
空知丸は終航時まで客室設置工事が行われなかった唯一の貨物船でした。
ってか、変な撮り方ですね(笑)


混雑した船内を探索し船内食堂”海峡”でイカソーメン定食を賞味して鉄道乗車券を発行する船内案内所を見て
喫茶室に行き凄まじい混雑に挫けた頃、4時間の船旅を終え函館に入港です。
se012-img025.jpg
船内から次々と貨車が引き出されて行きます。

その後、青函トンネルの開通と引き換えに航路が廃止され、青函博で復活運航を遂げたのを最後に青函航路から”海峡の女王”の姿が消えました。


se013-IMG_6484.jpg
その後、イタリアのジェノバで行われた「国際 船と海の博覧会」に羊蹄丸がフローティングパビリオンとして展示され、
博覧会終了後はお台場にある船の科学館にて永久展示となりました。


se014-IMG_6487.jpg
パビリオンの施設として船内にエスカレーターが設置されたり


se015-IMG_6490.jpg
DE10やスハフ44が船内に展示されたりしました。


se019-IMG_6492.jpg
船内に青森駅もありました(笑)




se017-IMG_6675_2020111510125400c.jpg
船の科学館で行われた摸擬出港イベントでの1コマ


se021-IMG_1280.jpg
その後、永久展示が終了とアナウンスされ「永久とは?」と論議になりました(笑)


se022-82447_1578905085_103large.jpg
永住の地では無かったお台場を離れる羊蹄丸。


se023-82447_1578905003_56large.jpg
羽田空港沖を通過して


se024-82447_1579059304_200large.jpg
観音崎を通過して東京湾外へ去って行きました。

その後、四国にて解体されました。
船内にて展示されていた旧型客車「スハフ44」が搬出され譲渡先の真岡鉄道に移送される姿を見掛けましたが本当に美しい姿でした。


運行終了後の連絡船は売却されたりしましたが、余り幸せな余生を過ごしたフリートがいなかったのが残念でした。
se026-11850713_2408808255.jpg
35404075:l">長崎でホテルシップVICTORIAとして営業していた大雪丸もホテル営業終了後は中国に
売却されました。

その後、檜山丸がインドネシアで活躍していると聞き乗りに行こうと算段していましたが
2009年に火災を起こし永遠に乗る夢が潰えてしまいました。

可愛い猫を描きたかったかと。

去年、ミニシアター等で公開され話題となった中国のアニメ「羅小黒戦記」
連日満員で結局行けずじまいでしたが各方面から絶賛の嵐で観に行けなかったのが悔しかったり残念だったり。
その後、吹替え版の全国公開が決定となり11月7日に封切となりました。
字幕版が見たかった・・・と贅沢を言っても仕方ありません。今度こそは後悔の無いように・・・と行って来ました。

上映まで時間が有ったのでラーメンに行っても良いのですが紅葉が見頃を迎えたと言う
昭和記念公園に行ってみました。
ro-DSC_6703.jpg
天気も良いし良い散歩です。



ro-DSC_6713.jpg
広大な敷地なので密にならずに済みますが休日は混むのでしょうね。


ro-DSC_6715.jpg
アチコチに「映える」ポイントが用意されていました。
場所によってはスマホスタンドまで用意されていてビックリ。


ro-DSC_6721.jpg
こちらの花壇は植え替えで間もなく刈り取られると書かれていました。
次の準備のためとは言え花の人生も楽では無いんですね(笑)


ro-DSC_6735.jpg
いやぁ、天気も良くすっかり満喫してしまいました。
来て良かったです。



さて、いよいよ映画です。
ro-DSC_6738.jpg
中国でWEBアニメシリーズとして製作された作品の劇場版ですがシリーズを見ていなくても楽しめる様になっています。
日本のアニメが「聖地巡り」を呼び起こす様な描き込みを行うのが人気ならば、海外の作品も生活感ある普段着の街の様子が
綺麗に描かれ「聖地巡り」の様な事も出来る様になる日が来ると考えていましたが
この作品では中国の街並みが綺麗に描かれ、路地裏やショッピングセンターを見て「あるある」と楽しめました。

劇場版ですら僅か50名程度のスタッフで製作されたそうですが、まったくそんな事は感じさせない描き込みと動きでした。
話も前半は「千と千尋」や「平成狸合戦ぽんぽこ」辺りを彷彿させる雰囲気ですが
後半はAKIRAかドラゴンボールといった感じで飽きずに見る事が出来ました。
細かく入るギャグシーンは中国の方が好むティストなのかと思うと面白いです。

吹替え版も良かったのですが、一度は字幕版で観たかったなぁ~!と悔しがっています。
再上映ありませんかね?
前半はとにかく「可愛い猫を描きたいんだ!」と言う熱い想いが伝わりました(笑

残念ながらパンフレットは売り切れでしょんぼりです。
(元玉氏の協力により入手出来ました。多謝!)


反省会は貴族の気分が味わえる店で。
ro-DSC_6741.jpg
「知ってる?うずらの卵の生産者って日本に27軒しかいないんだけど生食用に降ろしている生産者は9軒だけなんだぜ」とTwitterで拾ったネタをつまみにしてドヤって来ました(笑)

雑な人間なので

記録とか全くしないタイプの人間です。
blkeio001-ep-img001.jpg
京王線の京王八王子駅っちゅう駅を地下にする工事も肝心な駅を撮っておらず
工事の為に線路を単線化した写真が一枚出て来ただけです(笑)
何考えているんですかね?
別に何も考えていませんですw


お隣、北野駅は高架化工事が始まりました。
blkeio003-img015.jpg
これまた全然記録していませんねぇ。
一応ホームが板張りになっていた頃の写真。


blkeio004-img016.jpg
自分でフィルム現像出来るキットを買ったので、それを使いたくて適当に撮っていた感ですw
撮るにももっと他にあっただろう・・・と思います。出直します。


blkeio002-7000-030.jpg
長沼駅近くでは八王子系統と高尾線系統を分ける為に複々線状態になりましたが
肝心の部分は写しておらず、あの頃の自分にハイキック


blkeio006-kensoku009.jpg
あの頃の京王線は工事がアチコチで行われていた為に、この建築限界測定車も良く見掛けました。


blkeio005-img018.jpg
高架になるのが決定していた為か長沼駅の駅名板は新型に更新されずキロ呈が書かれたタイプのままでした。


blkeio007-7000-024.jpg
試運転の7000系の奥に八王子系統の線路が見えますね。
それにしても超地味な新型車で実車を見た瞬間、大号泣でしたw


blkeio008-img017.jpg
高尾線系統だけが先に高架線となり現在の2番線は上り線として使用していました。
手前の渡り線は現在では撤去されています。



blkeio009-img021.jpg
八王子系統が高架になってすぐの頃の写真。
まだ擁壁部分が設置されていませんね。
3+5の6000系が走っているのが見えます。


blkeio010-img020.jpg
工事完了後、旧信号所から信号操作卓が搬出されましたが今観ても凄い軌道回路ですね。
なんのこっちゃ解らない方も多いかと思いますが長沼駅の引き上げ線の姿も見てとれます。
あそこは撮っていないんですよねぇ。あぁ悔しい~!

っと、99%の方が解らないネタでした(笑)

中央鉄道学園

以前、JR中央線の国分寺駅から下河原線と言う支線が有り
全線が武蔵野線と被る為に武蔵野線開業と同時に旅客営業を廃止した路線が有りました。
また下河原までの貨物営業も昭和51年に廃止されています。

今の国分寺の駅ビルが出来る前は国分寺駅に下河原線のホームがそのまま残り、たまに臨時列車も入線していました。
中央線と暫く沿って走った後、急カーブで別れて行き視界から消えましたが、そのカーブの先に
中央鉄道学園が有り、そこまでの線路は生きていました。
te-img012.jpg
下河原線としての線路が残る最後の部分には101系が留置されていました。
この手前で分岐して中央鉄道学園に引き込まれていました。



毎年、10月頃に「富士見祭」と称し一般公開が行われており、0系車内での摸擬喫茶や
学園内での展示を見る事が出来ました。
te-img007.jpg
マルスや定期券発売機の操作展示も行われ、そこで出された摸擬券も人気の的でした。
貰ったはずですが現物は出て来ませんでした・・・・
写真に写るC56はその後、神奈川臨海鉄道に譲渡され横浜博での復活が噂されましたが
結局、復活する事無く今でも保管されています。


te-img008.jpg
今考えたら、この色のクモヤが中央線沿線で展示されるなんて凄い事ですよね。
わざわざ持って来たんですかねぇ?



101系の横にいるのはDD51の2号機ですよ。
te-img009.jpg
これまた貴重ですが当時は余り興味を示さず写真もこれだけでしたw
いや、もう少し撮った記憶が有るのですがプリントが出て来ませんでした。



好きに触れる101系の運転台は人気の的で方向幕を回している子供の姿も見られますね(笑)
te-img010.jpg
国鉄に入った後、この学園に入り卒業すると大卒認定されましたが、国鉄分割民営化で
用地売却となり現在はマンションが立ち並んでいます。

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

パーフェクト・アショア

イージス・アショアが事実上の配備断念となり、代わりにイージス艦を2艦作るのだと報道が有りましたが
元々、イージス・アショアの出発点って海上自衛隊の負担削減を端に発した話だったような気がします。
それが、却って負担増になる様な展開になるとは・・・・思っていましたが一応ビックリしておきますw
2艦増えるなら護衛艦3艦程度を退役させて乗員をやりくりする様でしょうね。
まぁアメリカに発注すると言っちゃったSPY7レーダーを使わなきゃいけないので仕方ないですね。

ジオングってあるじゃないですか?
あれに足を付けのをパーフェクト・ジオングと言うのならな「イージス・アショア」に
船体が付いたのを「パーフェクト・アショア」と呼べば予定通りに陸自で運用出来ますよw
「アレは艦艇ではありません。あくまでもイージスアショアなんです。動けるだけなんです」
と日本お得意の答弁をすれば良いんですよ。底にタイヤ付けておけば「二〇式高高度迎撃車」
とか言い張れますし(笑)
82447_2216952979_25large.jpg
82447_2216952974_72large.jpg
82447_1536871278_63large.jpg


48428491_3362443963.jpg

まぁ就役から既に20年以上経つ「こんごう」「きりしま」の代替として建造して
運用7艦、修繕3艦とかで回せば運用自体は余裕が出ますね。
名前は何になるんでしょうね?
at-938A5238.jpg

hag013-938A6518.jpg

それにしても、空自のF-15の改修が遅れると言うし、陸自は攻撃ヘリがあんな状態ですし・・・
さてさてどうするんでしょ?

コナン最終話が困難

NHKで放送していた未来少年コナンの再放送が終わってしまいました。
今回はデジタルリマスター版と言う事で注目を浴びていましたが放映当所は
画面比率が4:3ではなく16:9で上下のカットに違和感が有りましたが、そもそも本放送は挫折組でしたので、すぐに慣れましたw

同じくNHKアニメの「映像研には手を出すな!」でコナンに触れて注目させて
コロナの影響で製作が止まった別の作品の穴埋めでリマスター版のコナンをぶつけて来た流れは見事でした(笑)

42年前の作品となるコナンでしたが本放送はちゃんと全部は見ていないんですよね。
主題歌がイマイチ、前説で出て来る宇宙船がショボい・・・で何となく・・・ええ。
今回初めて全話を通しで観ましたがやっぱり第一話は長かったですw
サメのくだりとか随分と尺使っていますねぇ。半分にまとめても大丈夫なんぢゃ無いかと思いましたが
当時、NHKが初めて製作したアニメで資金等も潤沢だった様で制作の遅延も特番等で補い
最終話まで予定通り製作されたとの事ですが、民放での再放送を考慮しておらず
1話辺りの尺がほぼ30分あり、その後民放で放送されると主題歌やエンディングがカットされたり
アイキャッチの「パタパタ」やピンポン~♪がカットされていたので完全版としての
再放送も実に42年ぶりだったんだそうです。

改めて観ると宮崎ワールド全開ですねぇ。
ガンボートの描き込みとか趣味に走っていますねぇ。当時はスタッフなんて知りませんですから
今観たら色々発見があって楽しかったです。
しかもTwitter等で当時の関係者の方々が色々と裏話を呟いてくれたお陰で楽しさ倍増でした。
最終回は大阪都構想の選挙関係で一旦番組が無くなり、せっかく「最終話はリアルタイムで観るぞ!」と酒とつまみを用意して待っていたのですが残念無念。
嘆く方々の呟きを酒に溺れながら観ていたら突然「最終回は24時45分に変更!」と
情報が流れて無事に観ることが出来ました。

そんな訳で42年ぶりの未来少年コナン、無事に完走しました。
ええ、楽しかったです。
来週からは勿論、「キャプテンフィーチャー」ですよね?
ですよね??


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索