FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
3
6
7
8
9
10
12
13
15
17
18
19
20
21
23
25
26
27
28
31
07


山手線とタンメン

暫く御無沙汰してしまったので、行かなければ・・・・・と思っていた墓参りになんとか行ける日を見つけて行って来ました。

そしたらもう、暑いのなんのってw

取敢えずエキセンで残り僅かなE231を撮ってみます。
a001-938A4411.jpg
ビックリする位にスグに来ました(笑)
一時間は粘る様かと思っていたのですがw

a002-938A4427.jpg
もう間もなく、このスマホみたいな顔の電車に統一されます。
ほんと、あっという間ですねぇ。


a003-005.jpg
山手線としては間違いなく一番乗った103系ですが、全く写真を撮っておりません(笑)
ダメですねぇ。
勿論、乗る時は若ナンバーの非冷車や、バーニア制御のユニットを選んで乗っていました。
デジカメがあればねぇ。

a004-205.jpg
205系はデビューした時ショックでした。
だって、ダサいんだもん・・・・・
当時は丸ライト+2段窓の試作編成を見た時の悲しさと言ったら!(笑)

ステンレス車体なのにも拘らず、腐食を怖がって2段窓にしましたが、京王6000系なんて昭和47年から一段下降窓だぞ・・・・・と。
鋼製車ですが内張りをステンレスで製作して腐食に対応していました。

国鉄はサロ153の車体腐食がトラウマとなり下降窓の車輛は205系の量産車まで採用しませんでしたねぇ。
また、共振設計も上手く行かなかったのか、速度60Km/h辺りで動揺が激しくなるのが嫌いでした。
あと、あの座席。1時間乗っていると尻がバーニングします。

やっといなくなったと喜んでいたらジャカルタで増えていますwww


a005-938A4362.jpg
E231-500は良かったですねぇ。
先に高崎・東北本線で増備されたE231と違い、前照灯を下部に移し印象がガラリと変わりました。
車内のLCDモニターも当時は「山手線だから採用出来た」とアナウンスされました。
幅広ボディーも相まって山手線では一番好きでした。


a006-938A4463.jpg
こいつ・・・・こいつはねぇ・・・・・
スマホか、電子レンジみたいな顔していますが、「新車だぜ!」と言う部分が無いんですよねぇ。
勿論、維持・整備する側は素晴らしく進化した様ですが、乗る側としては微妙です。
意外に駆動音も煩いし萌えないし。
あと、側面のステンレスの処理が微妙で「いつも汚れている」様に見えるのもマイナスポイントです。
あ、そうそう。顔がデカくてボディーとサイズが合って無いのもイケて無いです。
ま、その辺は個人の好みですし看板建築は日本の文化ですし(違)



a007-jre-205-y002.jpg
205系がデビューした時に「205系が置き換えられる頃が自分の寿命かな?」とか言っていましたが
こんなに早くE231が撤退すると思いませんでしたw

a008-jre-205y-008.jpg
E231は高輪ゲートウェイ駅を見ずに終了しちゃうんですかね?
総武線で会いましょう!


さて、E231を2本回収して頭も焦げたので撤収。
本題?の墓参りに行きます。小銭にも事欠く今日この頃ですので上野駅から歩いて行こうかと考えていましたが
暑いので御徒町から銀座線で移動。
お寺の近くの花屋さんが「足元見やがって、このこの~!」な値段だったので文明の利器スマホで
仏花・安い で調べると「ココから歩いて600メートル」とお寺と逆の方向を御案内されたので
謝りながら結局、最初の花屋に入店。
嫌だねぇ、貧乏って(笑)

無事に御先祖様に飛び蹴りを入れられそうな醜態を晒して墓参り終了。
歩いてラーメン屋さんに移動します。
DSC_0097.jpg
子供の頃、墓参りに来ると都電の線路が見えましたが、今はスカイツリーが見えます。
長生きしたもんだねぇ。

DSC_0102.jpg
お目当てのラーメン屋さんに到着。

DSC_0103.jpg
先日、上野駅の歴史を講師と晒され大王様がガチバトルを繰り広げる時に気になっていたお店ですが
看板だけ見ると怪しいので帰って食べログ(笑)とかで調べると高評価でしたので、今回ついでに行ってみました。

入店すると「すみません、殆ど終わっちゃったんですよ」
売りの特製タンメンもミソタンメンも、カレータンメンも終了。
「タンメンだけになります」

泣きながら券売機をプッシュ。
DSC_0101.jpg
・・・・・・美味しかったですw
くそう、またリターンマッチに行くようだなぁ。次回はお盆か?

スポンサーサイト




FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索