新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
3
4
5
7
10
11
18
19
21
22
24
25
07


関西「鉄」満喫ツアー しょの5

紀州鉄道の次は和歌山電鐵です。
ええ、みなさまの御想像通りです(笑)


和歌山駅から貴志行きに乗った途端、凄い雨が降ってきました。
一応、有名撮影地の駅で降りましたが一歩も外に出られず
無人駅でプチ遭難。
次の電車がやって来ました。
a-IMG_1667.jpg
「終点、貴志です。にゃ~」
猫の鳴き声がすれば終点、貴志。


貴志だけにギッシリ乗った観光客が降ります(爆)
皆さんのお目当ては駅長さん。
a-IMG_1655.jpg
駅長さんは大勢いる観光客にも動じず、お休み中。
しかし、あの狭い駅に観光客がギッシリいるのですから大変です。
駅長さん見るのに、昔のパンダ並の混雑でした。



駅長は諦めて電車の撮影。
a-IMG_1717.jpg
「いちごでんしゃ」「おもちゃでんしゃ」に続く和歌山電鐵が送り出した
リニューアル電車第三弾「たまでんしゃ」
猫駅長の「たま」がデザインされた電車です。


ドアにも駅長。
a-IMG_1720.jpg
な~

車端部の「たま文庫」が有る部分の窓は埋められて大きな駅長のイラスト。
a-IMG_1724.jpg

車内も凝っています。
a-IMG_1737.jpg
座席の背ずりは猫の形。日よけのロールアップカーテンも猫柄です。


a-IMG_1687.jpg
窓にも何カ所かに駅長さんのイラスト。
ライトは猫の形をしています。

a-IMG_1688.jpg
車端部。
凝った作りになっています。木材を多く使ったインテリアですが薬剤注入による
不燃化が図られており安全です。
中吊りポスターも駅長でした。


a-IMG_1749.jpg
車内には、ちゃんと駅長が乗車しております(笑)


a-IMG_1697.jpg
床には駅長さんの足跡も。
乗った方は気が付いたでしょうか?


この路線は以前、南海電鉄貴志川線と言いましたが赤字の為、
廃線を前提とした検討を始めました。 
が、沿線市民組織が存続運動を展開し、岡山県で路面電車を運行する岡山電気軌道が
運行事業者として名乗りを挙げて2006年4月から「和歌山電鐵」として
再スタートを切りました。

南海貴志川線時代の2270系を譲り受けて運用していますが
有名デザイナーの水戸岡鋭治氏のデザインによってリニューアルされた電車が
続々とデビューし話題を振りまいています。


あの、貴志駅に駅長の「たま」に会いたさに訪れる観光客を見て驚きましたが
同時に、乗って楽しい電車を提供することでリピーターを生み出した
この小さな会社の頑張りには敬意を表します。

大人も子供も「たま電車」に乗って「ここまで凄いとは!」と喜んでいました。

スポンサーサイト

関西「鉄」満喫ツアー しょの4

前日は高速バスで着いてから23時頃まで乗り鉄で呆けておりましたので、
ホテルに帰ってシャワーを浴びて一本プシュ!

・・・・・・
・・・・・・
・・・・・・


朝5時の目覚ましで起きました。
ええ、ベットの上に座った状態のママですwwww
相変わらず宿泊費用の対効果が計算合わない私です。
でも職業(趣味)病でしょうか、目覚ましはちゃんとセットしておく辺りは偉いです(笑)


5時45分発の地下鉄で新大阪駅に行きます。
a-IMG_1478.jpg
新大阪駅から1日1本だけ和歌山方面に直通する普通電車がありますので
コレに乗ろうと思ったのです。
しかも朝一番の特急電車に乗るよりも目的地に若干早く到着するのです。


乗車する列車は113系の阪和色。更新色で無くてなによりです。
せいぜい天王寺から混むのだろう・・・とタカをくくっていましたが
既にほぼ満席とは意外でした。
新大阪駅を出発して短絡線を通過。久々の乗車ですのでルンルン気分です。
駅に着く度、かなりの乗車があります。
特急ばかりでなく普通電車の設定も多くして欲しいですね。


しっかし、弱冷房車に乗ったのですが寒い寒い!
買ったジュースがキンキンに冷えたままです(笑)


和歌山で大夫降りて行きましたが学生さんは乗ったまま。
皆さん一生懸命勉強しています。制服には「智弁和歌山」と書いてありました。
さすが進学校・・・・ワシみたいな大人になっちゃダメだよぉ・・・って、ならないかw
黒江駅で学生さんが降りていきました。


ようやくコンビニで買った朝ご飯の出番です。
近くの座席のオバさんが「窓を開けた方が適温」を発見(笑)
暫く窓を開けて走りましたが凄まじい勢いで雨が降ってきたので、敢えなく窓を閉める事となりました。


新大阪から約3時間で御坊駅に到着。


いつの間にか電車が遅れていたようで、接続の紀州鉄道は既に発車時間。
ありゃりゃ・・・次の列車まで一時間はあるなぁ・・・と思っていると
出発を待っていてくれました。
ありがたやありがたや・・・と走って113系との並びを撮影しようとすると・・


カメラが雲って真っ白!(号泣)
今までキンキンに冷えた車内から蒸し暑い外に出た瞬間やられた様です。
うぁぁぁ・・・と泣きながら乗車。スグに発車。


カメラを拭き拭きしてもスグに曇ってしまいます。
くそう、キク象コーナーに電話してやる!(嘘)
a-IMG_1499.jpg
終点までの所要時間は約8分。
ギリギリで車内を一枚。


終点「西御坊駅」に到着。
a-IMG_1514.jpg
以前はココから日高川駅までの路線が有りましたが余りにも人が乗らないので
1989年に廃止されました。
a-IMG_1517.jpg


廃線はこんな感じで残っています。


帰りは歩いて御坊駅まで戻ります。
全線歩いても2.7Kmですからスグに歩けてしまいます。


a-IMG_1540.jpg
途中の紀伊御坊駅には廃車になったキハ604と新車?の「キテツ1」が留置されています。
この「キテツ1」は現在平日を中心に運用されています。


この留置線には買ったまま一度も使わずに廃車になった岡山臨港出身の
キハ605が置かれていましたが現在は姿がありません。


紀伊御坊駅のキハ603
a-IMG_1557.jpg
この車両は昭和35年に大分交通耶馬渓線でデビュー。
昭和50年から紀州鉄道で働いてきましたが老朽化が進み、部品の確保が難しく
2両有った車両のウチ、キハ604を休車にし、部品取り車となりました。
合わせて北条鉄道から余剰となった2軸のレールバス「フラワ1985-2」を導入。
今回、更に「フラワ1985-1」を購入した為、このキハ603も引退する運びとなりました。



バス窓を残し、DMH17Bエンジンを搭載した貴重な車両でしたが
いよいよ引退の報に接し、今回足を運びました。


沿線を歩きながら撮影。
a-IMG_1580.jpg

本数が少なく感じますが、短い路線ですので往復を撮っていれば、なかなかの効率です。


a-IMG_1606.jpg
鉄橋があったので、待って撮影しましたが意外に軌道が良く(失礼!)
静かに走っていきました。


ラストは御坊駅の手前にあるカーブで。
a-IMG_1638.jpg
草蒸した線路がローカル私鉄っぽくて良かったです。



今度は和歌山駅までJRに乗ります。
a-IMG_1645.jpg
ホームの端に、ちょこんとキハ603が停まっていました。
紀州鉄道と言えばこのキハだっただけにお別れは辛いですが
毎日乗る乗客は冷房車になるのですから良かったのかな?・・・と。

関西「鉄」満喫ツアー しょの3

朝6時半に三宮駅に着いて気が付けば嵐山駅。
a-IMG_1406.jpg
重厚な嵐山駅は帰って調べたら6面5線もの陣容だったそうで・・・
凄いですねぇ。
眠りにつく広大なコンコース等が秋のシーズンの人出を物語っています。


さて、ココから京福電鉄の嵐山駅まで歩きます。
駅名は同じですが500M程離れています。
有名な渡月橋を渡って向こう岸へ。
a-IMG_1409.jpg
さぞかし秋は綺麗なんでしょうね。
観光地と言うこともあって夏の平日でも結構な観光客がいます。


お店の呼び込みに混じって人力車での観光を呼び込む車夫の姿もありました。
信号待ちをしていたら女性が車夫を呼びました。
「はい、有難うございます!」
トコトコと寄ってくる人力車。女性と一緒にいたアメリカ人の男性に
女性が英語で(多分)乗ろう・・・と声を掛けていました。

待っている人力車。

女性とアメリカ人男性が暫く会話していましたが、そのウチ女性が人力車をキャンセル。
「え?どうしました?」と車夫さんが尋ねると女性が
「この方が「こんなに暑い日にお金を払ってアナタ(車夫)に大変な思いをさせる事は私には出来ない」って言ってるんです・・・」

「ええ~、観光できますよ乗って下さいよ」
「私も日本的だから良いかな?と思って呼んぢゃったんですけど・・・」

わははは。思わず「乗らない方が車夫さんが大変なんですよ」と言いたくなりました(笑)
結局「また宜しくです」と人力車は帰ってきました。
色んな考え方が有りますね(笑)


さて、嵐電嵐山駅に到着。
a-IMG_1414.jpg
あれ?こんな駅でしたっけ?
構内には足湯までありますよ。


ビックリしつつ切符を買ってホームに入ると
a-IMG_1417.jpg
モボ104の「夕子号」がいました。

コレに乗車して北野線の分岐駅である帷子ノ辻駅で下車。
a-IMG_1422.jpg
去っていく「夕子号」


ホームにはモボ616がお休み。
a-IMG_1436.jpg
「留置車」の幕が几帳面ですね(笑)


先端の留置線にはモト1001がお昼寝。
a-IMG_1458.jpg
もうチョット撮りやすい所に居てくれればなぁ・・・


モボ632の「化け電」がやって来ました。
a-IMG_1442.jpg
車体にはオバケの絵が。


帷子ノ辻駅から分岐する北野線のモボ105
a-IMG_1456.jpg
コチラは標準塗装です。


再び乗車して嵐電天神川駅へ。
この駅は地下鉄東西線が延伸された時に接続駅として設けられた新駅です。
a-IMG_1466.jpg
ここから地下鉄に乗って京阪三条駅へ。


せっかくですのでテレビカーに乗ろう!と乗車。
運良くDD車の2階部分に乗れました。
あっと言う間に淀屋橋に到着。ええ、全然記憶がありません。何でですかねぇ?
せっかくのDD車なのに・・・


その後、ホテルにチェックイン。
食事をしに難波へ
食事の後は買った1日乗車券を使って開業したばかりの「阪神なんば線」へ。
阪神西九条駅から近鉄難波駅まで乗り入れするために開業した路線ですが
いやぁ、あの近鉄難波駅のトンネルが繋がったのもビックリですが
西九条駅から高架が伸びたのもビックリです。


妙に感動しつつ阪神電車で今津駅へ。
ここで阪急今津駅に乗り換えて西宮北口駅へ。
そこから夙川乗り換えで甲陽線。


22時も過ぎたので「今日はココまでにしておいてやるぜ!」
無論、翌日も頑張ります(笑)

関西「鉄」満喫ツアー しょの2

念願のEF65の0番台を撮影出来たのでホッとしながら3時間以上居た撮影場所から移動。
すでに焼けています(笑)

お次の目的は、これまた引退が迫りつつある阪急6300系の捕獲です。
梅田駅で1日乗車券を購入。
1200円と言うので高いなぁ・・・と思っていると阪神も全線乗れるとのこと。
おお、そりゃお得ですね。


ホームに行くといきなり6300系が停まっていました(笑)
取り敢えず運用に入っていることが判ったのでホッと一安心しました。
ワクワクしながら途中駅まで乗車、折り返しを待つ作戦にします。
丁度、やって来る特急がありますので勝負。
a-IMG_1150.jpg
9300系が来ました。これは初めて見る電車です。
天神祭のHMが付いていますね。



撮影の為、面に陽があたる場所に移動。
なにせ、阪急を撮影するなんて猛烈に久しぶりなのでカタログ写真で行きます。
a-IMG_1254.jpg
C#2315の7Rがやって来ました。
これもボチボチ引退の時期となるのでしょうか?


a-IMG_1205.jpg
C#3305の特急運用。
当然8R車です。


さて、先程乗車した6300系の特急が京都、河原町から戻ってきました。
a-IMG_1188.jpg
C#6354の8R(趣味と社内的にはC#6354×8と表記するらしい)
京都線の特急と言えばコレ・・・と刷り込まれていますので撮影出来てなによりです。
気品有る落ち着いたデザインはやはり良いですねぇ~。


さて、今度はこの車両が梅田に行って戻ってくるのを待ちます(笑)
因みに撮影場所では新幹線が轟音たてて走り抜ける高架がスグ横にあるので
なかなか迫力ある撮影場所です。
n700系と

[広告] VPS
こんな感じで爆走して行きます。

お次は5300系
a-IMG_1327.jpg
C#5311×7
河原町行きの準急。


先程撮影したC#6354の他にもう一本が運用に入っていました。
a-IMG_1338.jpg
C#6357×8
さて、両端を撮影したので撤収しようかと思った瞬間、梅田に向かってHMを
付けた6300系が走り去っていきました。


う~ん・・・
う~ん・・・
仕方ない、待つかぁ・・・・・


ってな訳でHM付きが戻ってくるのを待ちます。
a-IMG_1370.jpg
えっと・・・編成番号は判りませんでした(笑)


さて、ようやく撤収。
今度は嵐山線に転用された6300系を見に行きます。
a-IMG_1389.jpg
改造された6352Fの4連。
停車駅が増えた京都線の特急に2ドアの6300系は遅れの原因となることもあり
現在9300系へ置き換えが行われていますが、観光路線でもある嵐山線に3本が
リニューアル工事を施工の上、転用されました。


a-IMG_1397.jpg
2+1列シートに改造された車内。
なかなか良い感じでした。


終点嵐山駅。
a-IMG_1401.jpg
使われていないホームが往時の栄華を伝えていますね。
やはりココに来るなら秋ですよねぇ。

取り敢えず阪急を満喫♪

関西「鉄」満喫ツアー しょの1

最近、機材が増えたり効率的に撮影する為に車での移動が多くなりました。
基本「乗り鉄」で廻っていた私ですので、車で行っても極力グッツを買ったり
切符を買ったり・・と投資はしていたのですが心苦しさは(チョットは)ありました。

今回「ぐんぼ」な方が大阪でイベントを行うというので日頃からお世話になっている私としては
是非参加すべくプランニング。
久々の関西ですので、ここの所開業した新線等も賞味すべく出撃です。


勿論、最大の目玉は絶滅寸前の「アレ」の撮影です。
それを捕獲するには午前中の早い時間に神戸へ着く必要があります。
四季彩の廃車回送を撮影し、カメラの再充電を終えて再び出撃。
前回0系お別れに使用した「プリンセスロード号」に乗車です。

わし、こんな年なのに夜行バス連発です(涙)
急行「銀河」が無くなったのが本当に痛いです。

バスが三宮バスターミナルに到着するとクマゼミの合唱でお出迎え。
まだ午前6時半と言うのに蒸し暑いです・・・
獲物が来るまでに時間がありますので朝食に行っても良いのですが
せっかくなのでコンビニでパン買って出撃です。
ええ、バカです。


撮影地に着きました。
順光なのは良いのですがバックが「うるさい」場所です。
しかし被りが無い場所ですので一発勝負の私としては「安全パイ」な場所が
何より重要ですのでココに決定しました。


到着するといきなり66の牽引する2050レが通過。
a-IMG_0915.jpg

39号機が轟音立てて通過して行きました。
場所的には400mmで抜く場所ですが、夏なので「ゆらゆら」が怖いので
300mmで賞味。
う~ん、400mmの方が良かったですかねぇ?


撮影日は金曜日。
平日なので朝ラッシュが始まります。
上りの貨物列車は暫くお休み。2本有る下りを撮影します。
a-IMG_0948.jpg
1051レはEF66の29号機でした。


続いてもう一本
a-IMG_0965.jpg
1053レは17号機。
どちらも逆光での撮影ですが幸い?少しの間だけ曇ってくれたので撮影出来ました。


さて、貨物列車は上下とも無くなったので電車を賞味。
221系や223系を見ながら楽しんでいると・・・・
a-IMG_1019.jpg
223系+221系の併結列車がやって来ました。
コイツらって、くっつくんですね。恥ずかしながら知りませんでした。


逆もありましたよ。
a-IMG_1028.jpg
221系+223系
さすが朝ラッシュ。
間髪入れずに電車がやって来ますが最近は車種の統一が図られてしまい
ちょっと寂しいですねぇ。
103系や201系に205系、117系や113系が混じって居たのなんて、つい最近の気がします。


さてさて、いよいよ決戦の時間です。
ラッシュが終わり列車間隔が開き始めた9時過ぎ、貨物列車が復活します。
知らないDD51が単機で走っていくのに驚いた後、勝負の73レ!
a-IMG_1060.jpg
うわっ!残念~!
EF65-1123が牽引でした。


最近の時刻改正で明るい時間にEF65がココを走ることは殆ど無くなりました。
しかし、ココの受け持ちは岡山機関区ですので、貴重な機関車が数両混じっています。

それを狙って来た訳ですが、カマの運用が入手出来ず「賭け」でココに来たので
心臓バクバクです。

いよいよ大本命の72レの時間です。
実は少し前から撮影者が増えてきました。これは期待が持てます。

もう緊張でガクガクですよ。
これでPFだったらワンワン泣きますよ。


列車が接近して来ました。ファインダーを覗くと・・・
来た!0番台!!
a-IMG_1080.jpg
これこれこれ。
絶滅寸前の0番台、しかも原色さらに2桁!
ラッキー。もう帰ってもいいや(笑)


一気に全身の力が抜けました。いやホント。
しかし反対側から「はまかぜ」がスグに来るので移動。
a-IMG_1111.jpg
ああ、なんかリラックスして撮影ですが高いテンションは残ってます(笑)


んで、今度は上りの「はまかぜ」がスグにw
a-IMG_1126.jpg
本当はコレを撮って試合終了の予定だったのですが、撮影者が全然撤収しません。
こりゃ、何か来るな・・・と私も知ったフリしながら待つと・・・
a-IMG_1139.jpg

1070レに原型を保つEF66-27号機がやって来ました。
JR貨物としてはEF66唯一のナンバー飾りが残る原型保持車。

こりゃラッキー・・・本当にスグに帰っちゃおうかと思いました。

さて場所を変えて次の撮影に行きます。

ドカンと

楽しんでまりました鉄旅行。

取り敢えず動画をUP。
n700系と

[広告] VPS
N700系と・・・・・


300系新幹線と

[広告] VPS
300系が爆走!
写真では、どうにもならない場所ですが、動画なら面白いところですね。


紀州鉄道

[広告] VPS
こちらにも行って来ました。

詳細は明日以降・・・・・
ああ、楽しかった♪


さよなら四季彩

20日で運転を終了した201系「四季彩」
本日、廃車回送となりましたので行ってきました。


「電車でしょ?自力でしょ?つまらな~い」と言う四角い箱様の御機嫌をとりながら出発。
「自覚が有ります。下々の者に奢ってしんぜよう」と有り難いお言葉を主任様より頂き
朝から炒飯を食べます(笑)


うまうま。


高速に乗って撮影地へ。
まずは工臨があるというので撮影。
a-IMG_0826.jpg
ブロア音が良いですねぇ~
痺れます。


さて、本番。
最近お馴染みの場所でサイド出しつつ一発。
a-IMG_0846.jpg
ちょっと曇っていて残念です。


後追いで一発。
a-IMG_0850.jpg
桜ベースも撮りたかったので(笑)
ええ、撮れて良かったですよ・・・・

さて、いよいよ決戦の地です。
a-IMG_0868.jpg
ラストの撮影地はバリ晴れ。
やっぱり明るいのは安レンズ使っている者としては有り難いです。


a-IMG_0874.jpg
青いの来ないかなぁ~・・・
残念!白かったです。


さて、いよいよ本番です。
お約束で、急に雲が出てきましたが、直前に抜けてくれたのでセーフでした。
a-IMG_0891.jpg
走っているのは良く見掛けましたが、余り乗らなかった「四季彩」
旧塗装に至ってはホーム撮りで一回あるだけです(笑)

残念ですが今日でお別れです。

ここの所

メールを受信しようとすると電源が落ちたり
指定券とろうとすると電源落ちたり
通話しようとすると電源落ちたり・・・と強制節電モードだった携帯電話。

いい加減「メールの返事くれ」と怒られる今日この頃でしたので
今日買い換えに行ってきました。
mixi-DSCN1015.jpg
なんか欲しいデザインが無くて帰ろうかと思いましたが(笑)適当に決定。
話せりゃいいやん、携帯なんて・・・な私にとって機能は余り重要視していませんが
買ってきてからこの方、まともにメールも打てずイライラしてます(笑)
キーの割り振りが違うと慣れるまで大変ですね。

携帯でもっとも利用する機能は「目覚まし」なので、今日中にこれだけはマスターしたいかと思っております。
電話掛けて頂いても出られるかどうか自信ありません(笑)

可哀想な T-4

純国産技術で製作されたT-4中等練習機。
練習機としての仕様の他、その使い勝手の良さから殆どの飛行隊にも配備され、
ブルーインパルスの使用機体としても有名です。
んが、なにせ丸い機体なもんで「ひこちゃん」には余り評判がよろしくありません(笑)


タキシングしてもテイクオフしてもタッチ&ゴーをしても撮影しない人が多いです(笑)
f2-IMG_0584.jpg
一緒にいた方も「ドルフィン(T4の愛称)は撮らなくて良いや~」と
レンズも向けません。
同じ機体でもブルーインパルス仕様だったらバリ撮りするのに差別ですね。


ワシは節操がないので撮ってしまいます。
f2-IMG_0631.jpg
302SQの機体(618)
オジロ鷲のT-4。なかなか似合っています。


f2-IMG_9343.jpg
305SQ(756)
梅ちゃんとか梅組とか言われていますね。



IMG_9897.jpg
501SQ
偵察航空隊にもT-4が配備。
勿論、ウッドペッカーです。


当日はお客様が2機飛来していました。
f2-IMG_9332.jpg
朝一番で降りてきたのは入間の航空総隊司令部支援飛行隊のT-4(636)


コチラは浜松の第31教育飛行隊の機体です。
f2-IMG_0585.jpg
チェッカーマークが有名ですね。


T-4の方は多く手を振ってくれました。
f2-IMG_9981.jpg
あざーす。

もっとも廻りでは機体が丸いだのエンジン音が静かだの、キャノピーが横に開くのが格好悪いだの・・・と悪口言われてましたw
ちょっと可哀想なT-4さんではあります。性能良いのに・・・。

同型機が各飛行隊にあるのですからSQマーク集めしても楽しそうですね。

蒼穹の幽霊 F-4EJ改

「茨城の幽霊」ってのと、どっちか悩みましたが(笑)
まぁ、F-4EJ改見たさに百里へ通っているわけですが、頑張って行った御褒美?に
こんな風景が見られました。
f4-IMG_0141.jpg
誘導路を9機のファントムさんがゴロゴロ・・・とやって来る「大盛り」ぶり。
3機がまだ誘導路上に待機。



やがて、続々と滑走路へ移動してきます。
f4-IMG_0166.jpg
子供を連れたファンが何組かいたのでパイロットさんも手を振ってくれますが
この330はノリも良かったです。ありがとうございます♪



390には何か集積ポッドの様な物がぶら下がっています。
f4-IMG_0303.jpg
何でしょうか?



f4-IMG_0398.jpg
アフターバーナーの火も勇ましくテイクオフ。


f4-IMG_9529.jpg
あの爆音番長が2桁離陸ですよ。
もう耳なんか捨てました(笑)


数が多いのに加えて、ファントムさんはセクションの上がりも多いので最高です。
f4-IMG_9585.jpg
ああ、もう少し良いズームが欲しいなぁ・・・


f4-IMG_9799.jpg
余りのセクション連発で、テンション上がりまくりです!
「航空祭より派手だねぇ~」と皆で感心していました。


ファントムさんが9機上がった後、再びイーグルがタキシング。
っと、降りてくるイーグルさんやT&Gを行うT4やらで大混乱。
身体がチリチリしてきたのが良く判っていましたが、日陰に避難する余裕無しでした(笑)


色々撮っていると遠くから爆音。
f4-IMG_0505.jpg


3機編隊のあと4機の編隊がアプローチ。
この後、コンバットブレイクしながら降りてきます。
f4-IMG_0610.jpg



f4-IMG_0544.jpg
先程の330さんも降りてきました。


続いて390さんもタッチダウン。
f4-IMG_0689.jpg



お祭り最高潮!だったのは
f4-IMG_9804.jpg
2機並んでのタッチダウン!
迫力満点、思わず拍手したくなりました(笑)



年度末にやられた時の穴埋めをするかの様な爆闘ぶりで大満足。
数日耳が痛かったのは内緒ですw

見敵必撮 RF-4E

百里名物と言えば航空総隊の501飛行隊です。
日本全土を活動範囲とする唯一の戦術偵察機運用部隊で
迷彩色に塗られたRF-4EやRF-4EJが配備されています。
rf4-IMG_0719.jpg
最初は2機での上がりでしたが2回目は3機です。


rf4-IMG_0740.jpg
バリバリバリ!と他の機種とは違う爆音をたてながら発進準備。

rf4-IMG_9624.jpg
こちらはF4-EJを改造して登場したRF-4EJ


rf4-IMG_0781.jpg
アフタバーナーに火が入ってテイクオフ!
もう耳が大変なことになってます。

rf4-IMG_9659.jpg
コチラはオリジナルのRF-4E。
501SQのマークはウッドペッカー。
なんでも武田信玄の川中島合戦のキツツキ戦法をモチーフにデザインされたそうです。
以前、シャークティースが描かれた機体もいましたが今はいないのかな?


rf4-IMG_9936.jpg
降りてきたRF-4EJ
迷彩が迫力を増しますね。

rf4-IMG_9948.jpg
続いてRF-4E
この角度で見ると、戦闘機と偵察機の違いが良く判りますね。


rf4-IMG_9955.jpg
ドラッグシュートが開けば「これにて終了」の合図(笑)
お疲れ様でした!

百里の猛禽類

百里基地には第七航空団隷下の302飛行隊と305飛行隊は配置されていますが
その内、305飛行隊にはF15-J要撃戦闘機、通称イーグルが配備されています。


ハンガーから誘導路を通って滑走路始端に並んだイーグル
f15-001IMG_0076.jpg
この前に3機編隊が上がっていきました。


f15-002IMG_0016.jpg
最終チェック終了後、滑走路に向けてタキシング。


f15-003IMG_0021.jpg
イーグルさん、ぞろぞろ・・・の図。


f15-004IMG_0040.jpg
滑走路に進入するイーグル。
高いエンジン音が響き渡ります。


f15-005IMG_0095.jpg
あ、手を振ってくれた~♪
有難うございます~!
って、ワシにぢゃ無いですよね(笑)ええ、判っていますとも。


f15-006IMG_0058.jpg
エンジンを吹かしつつ最後のチェック
爆音あげてテイクオフ



f15-007IMG_9413.jpg
別の位置で上がりの図。

f15-008IMG_9415.jpg
現在、約200機のイーグルが航空自衛隊に配備されています。
いよいよ耐空時間が迫ってきたファントムさんと時期FXが決定、配備されるまでの間
日本の防空を一手に担う事になりそうです。


f15-009IMG_0351.jpg
コンバットブレイクで降りてくるイーグルさん。


f15-010IMG_0442.jpg
ランウェイにアプローチ。
風が強かったので機体が大きく揺れていました。


f15-011IMG_0456.jpg
エアブレーキを立てて降りてきたイーグルさん。
お疲れ様でした。
ファントムさんと違い、降りてくる時に「フェッ!!」と大きな音がしますが
何の音なのでしょうか?
まさか溜息?(笑)

久しぶりに

百里基地へ行って来ました。
なにか日本にありました?・・・的なバカ飛びっぷりで
CFカードがフルになる人や電池が無くなる人続出な1日でした。

お陰で休む暇無くて、気が付けば全身火傷状態の日焼けです(笑)
まだ耳がおかしいですが御一緒の方がすっかりハマッてしまい、おさそいして良かったです。

写真、2千枚近く撮ってしまったので(爆)整理に時間が掛かるので
取り敢えず動画でも。
コンデジなのでイマイチなのに、ブログ用に変換したら音も小さくなっちゃいました。
ちょっと残念です。
F15上がり



F4E-J改

上がる準備中のファントムさん。
未だに耳が・・・・・


ああ、楽しかったです~

朝から活動中~

ハムちゃんが「四季彩のお別れ運転に申し込んだので連れて行ってやる」と
連絡がありました。
てっきり山梨か奥多摩辺りまで行けるのかと思って尻尾を振ったら立川駅から青梅駅
までのショートプランでした(笑)


なもんで出発が11時過ぎなので午前中が暇です。
せっかくなので今シーズン、未だに行っていない「夜行3連発」に行こうと午前1時出発!
有り難いことに栗様が新車で連れて行ってくれる事になりました。
深夜の高速ですが意外に混んでいました。


午前3時頃に到着。
場所を確保して先客とお話して夜明けを待ちます。
もう少し手前の撮影地に行きたかったのですが、既に夏至を超えてしまい
ちょっと露出が厳しいので定番撮影地に決定です。


雲は厚いものの、夜が明けてきました。
a-IMG_8972.jpg
貴重な前走りの貨物列車。
今回はサイド出しで行きます。



a-IMG_8981.jpg
489系夜行急行「能登」定通!


続行で寝台特急「北陸」通過!
a-IMG_8997.jpg
奇跡の「ちょっとお日様が出た」瞬間です。


その後の寝台特急「あけぼの」は曇ってしまいました。
a-IMG_9017.jpg
茶釜の37号機が客車寝台を牽引する日が来るとは!
青釜も撮りたいなぁ・・・



さて、無事?に夜行三兄弟も撮影できたので朝食です。
深夜一時から行動しているのでテンションが高いので朝6時から「すき家」(笑)


その後「今日は日曜日」と言うことに気が付いて秩父鉄道へ寄り道。
a-IMG_9045.jpg
いきなり「あんずちゃん」が通過!大ショック!!


もう三峰口駅から戻ってくる頃はタイムリミット過ぎているので今日は諦め。
せっかくですのでSLの出庫でも見てやろうと持久戦(笑)
a-IMG_9151.jpg
長い点検が終わり、ようやく庫から出てきたC58。
期待に応えてくれ、ドレーンを切ってくれました。


a-IMG_9183.jpg
機関士さんの養成中らしく、色んな人が見守る中点検をしていました。
大変ですね。
入れ換えも見たかったのですが、残念ながら時間切れ。
すでに9時を過ぎてしまっているので待ち合わせの立川駅に行きます。



立川駅でハムちゃんと合流。
a-IMG_9211.jpg
201系通勤電車を改造した「簡易行楽電車」である四季彩が、この度引退することになり
お別れ運転が実施され乗車の機会を得ました。



a-IMG_9220.jpg
車内で配られたお弁当。僅か40分間の乗車時間の間に食べます。


a-IMG_9222.jpg
お弁当の中身。
美味でしたがお茶は付きませんでした。



お弁当を食べ終わると終点青梅駅。
電車は車庫に入ってしまうので折り返しまでの2時間程暇が出来ます。
「うへへへへ。俯瞰できるポイントがあるんですよ。うへへへへへ」と
ハムちゃんが教えてくれました。
これは御親切に有難うございます・・・と登山開始。


汗かいて登り切ると・・・・・
a-IMG_9239.jpg
見えないじゃん!!


泣きながら下界に戻って、側道から入線する姿を撮そうと考えました。
中学生くらいの方が「四季彩って何処に入りますかねぇ?」と尋ねてきました。


ハムちゃん、自信たっぷりに「奥の2線はポイントが奥多摩側に無いから
入らないよ。多分、今空いている線路だよ」と本線側を教えていました。


やがて、日向和田駅から折り返してきた四季彩が構内に入ってきました。
がくんっ!と大きくカーブして「ポイント無いから入らない」と言い切った番線に入ってきましたよ!
a-IMG_9265.jpg
まるで中学生に意地悪したみたいなバツの悪さでした(笑)

しらゆきツアー

さて、「しらゆき」ツアーの続きです。
艦橋から順路を辿って階層下に降りると隊司令の個室と艦長室がありました。
しかも珍しいことに中を公開しています。


私1人で通路を歩いていたので見せているとは気が付かずスルーしようとしたら
「珍しいから是非、御覧下さい」と客引き?に遭いました(笑)
こういうキャッチは良いですね(爆)


a-IMG_8820.jpg
隊司令室。
応接セットになっていますね。白いカバーが素敵です。
左の個室部分も公開していました。


a-IMG_8823.jpg
ゴージャスなお風呂。
なんてったって独り占めですからね。


a-IMG_8833.jpg
隊司令のメッセージボード。
こういう文章がスマートに書けるのが素敵です。
それに比べてウチの会社の上司のつぶやき(以下自粛)



通路挟んで反対側は艦長室です。
a-IMG_8829.jpg
誤解を解くためか「航海中は艦橋にいるため、在室することは殆どありません」
とわざわざ書かれていました(笑)色々大変ですね。



通路の突き当たりにあった風呂の注意書き。
a-IMG_8840.jpg

最初は髭なのか~。
ワシは最初に頭を洗います。聞いて無いっすか、そーですか。


小火器安全守則
a-IMG_8842.jpg
1番から3番までは私でも守ります(笑)


甲板の下まで降りたので、何か珍しい所を見せていただけるのかと思いましたが
主砲近くのハッチからでて終了でした。


さて、お土産でも買って帰るか・・・と思って歩き始めると出会い頭に
乗組員さんとぶつかりそうになりました。
「あ・・済みません」と言いながら顔を見るとピクルス王子でした。
a-IMG_8868.jpg
顔を見た瞬間、ビックリして「うぉっ!」と声を上げてしまいました(恥)
その後も、何故か身体をクネクネしながらカメラ目線で付いてきます。
すんません・・・ちょっと早足で撒いてしまいましたw



さて、今度はヘリ甲板に行きます。
ここでグッツの販売がありました。
a-IMG_8794.jpg
既に戦闘艦の領域を越えた品揃え。すげぇなぁ。



スコードロンハットに混じって何故か米空母の奴も・・・
a-IMG_8793.jpg
委託販売ですかね?(笑)


ヘリのオモチャには「ヘリ」って書いてありました(笑)


「しらゆき乗ってきました」せんべいを買おうかと思っていたのですが
なんと、チャレンジコインが売っていたので購入!
これはうれしい誤算でした。護衛艦もチャレンジコインが広まると揃える楽しみがあるので良いですね。


期待してます~♪
DSCN0985.jpg
ってな訳で煎餅諦めて買ったチャレンジコイン(右)
左のコインはグロリアで買った、ちゃちいコインです(でも、しらゆきより高い)



ウハウハしながら下船すると彼が小走りに走ってきて見送ってくれました。
a-IMG_8870.jpg
その後、物凄い勢いでラダーを通過して降りてきたので追われるのかと思いましたが
しらゆきバックで写真を撮ろうとしている老夫婦のカメラのシャッターを押そうとしていました(笑)
「シッター押さないで写真に入ってやれよ」と思っていたら、お婆さんにも
同じ事突っ込まれて一緒に写真撮っていました(笑)

がらすき★しらゆき

長らく私の遊び相手だったテレビ君が「ボンッ!」と爆発音的な断末魔の声を上げた後に永眠。


会社を辞める某氏から頂いた想い出の一品でしたが、映像が映らない以上は邪魔な置物ですね。
仕方がないので「さくらや」で32インチのビエラを買いました。


ああ今年は、どうなってんだよ(号泣)


さて、グロリア来航の続きです。
雨天、公開最終日、平日・・と人のいない要素が満点だった一般公開。
しかも、ここの所連発で入港している「DD123しらゆき」なので静かな公開でした。
もっとも見る方にとってはラッキーですね。
a-IMG_8718.jpg
グロリアの反対側のバースに停泊する「しらゆき」
全く人気が無いので「もしかして昼休み?」とドキドキしながら
入り口に行くと海自の方が「しらゆき見て行って下さい~!無料で~す!」と
大声で客引き?していらっしゃいました(笑)


開港博を見に来た小学生の団体にもアピールしていますが反応がイマイチ。
可哀想に・・・
a-IMG_8747.jpg
さて、入場ゲートをくぐると「しらゆき」さん。この角度で見るのが好きです。
よく見ていますが乗るのは久しぶりです。


a-IMG_8799.jpg
さて舷門。
他に誰もいないのがお解りかと(笑)


主砲と艦橋
a-IMG_8758.jpg
チャレンジした方ならお解りかと思いますが、公開時の人気スポットなので
なかなか人が入らないように撮れない場所です。
今回は楽々。



後部甲板のMK-29シースパローさんも眠そう。
a-IMG_8764.jpg
寂しそうです(笑)



a-IMG_8819.jpg
艦橋も見学者は皆無。
案内の方と雷談義をしたりマッタリとした時間を過ごします(笑)


雨の横浜新港。
a-IMG_8808.jpg
ええ、こんな感じです。段々寂しくなってきました(笑)
ブシュー!!っと蜘蛛が煙を吐く音が響きます。


a-IMG_8851.jpg
操縦室。
これまた見学者の姿がありませんでした。
私が見た後、数人入ってきたのでホッとしました(笑)


次回は艦内公開編とワシの心の故郷「グッツコーナー」にゴーです。
a-IMG_8770_20090708192341.jpg

グロリア

コロンビア海軍の練習帆船グロリア(A.R.C. GLORIA BE-160)が
横浜新港に来航したので見に行ってきました。
土日公開は天気も良かった様ですが私が行った月曜日は当然、雨。


12時までの公開に間に合わせるべく猛然とダッシュ。
多分、11時半には入場が終わってしまうだろうと予想していたのでドキドキです。
幸い、電車の連絡も良く馬車道駅で降りて土砂降りの中を新港へ。
1125、なんとかグロリア公開の入り口に到着~
a-IMG_8894.jpg
雨も強いし平日だし・・・で見学者はチラホラ。


さっそく乗艦。
所持品検査でもあるのかと思っていましたがフリーでした。
a-IMG_8665.jpg
乗組員の皆さん、ロープ踏みっぱなしですが良いんですかね?
コロンビアは良いんでしょうね。

来艦者が少ないので私がギャングウェイラダーを通ると、ずっと敬礼。
恥ずかしいやらなんやら。
因みに女性が来ると年齢に係わらず、手を差し出ししていました。
さすがですな。


a-IMG_8657.jpg
公開範囲は少な目。まぁ、乗れただけ晴海に来るより良いので文句は言いません(笑)
後部でグッツを販売していたのでチャレンジコイン・・・と言いますかコインを購入。
昼飯代が消えましたw


聞いていたブルーマウンテンのサービスは無し。残念無念。
飲んだ方の話ではとても美味しかったそうで「豆」は売っていたのですが
悔しいので買いませんでした(笑)


a-IMG_8656.jpg
しかし、あらゆる場所に「GLORIA」の真鍮ロゴやガラスに船影が描かれていて
良い感じです。



グロリアのエンブレムとネームプレート
a-IMG_8683.jpg


偉い人?乗艦。
a-IMG_8690.jpg



明日出港ですので食料の積み込みが急ピッチで行われていました。
a-IMG_8697.jpg
この下のスペースでレセプションが行われているらしく、出入りが多かったです。
普通の見学者が公開しているのと勘違いして付いて行っては追い返されていました。
書いておけば良いのに(笑)


a-IMG_8704.jpg
フェギアヘッド。


a-IMG_8700_20090706222908.jpg
荷物積み込み用のラダーは金色。


新港にはハウステンボスからお越しの黒船「観光丸」が停泊。
a-IMG_8734.jpg
帆船2隻の停泊は見事ですね。
観光丸を見学する場合は開港博の入場券が必要です。
2400円するのでスルー。
止まっている船と動いている蜘蛛だけに投資は出来ません(笑)


1200頃下船し、今度は「しらゆき」の見学へ行きます。


FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム
電車がゆく ver.01
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
 
ブログ内検索