新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
5
7
9
10
12
14
16
17
18
19
21
22
23
24
25
26
27
06


お忍びで

いらっしゃった偉い人を乗せての撮影となりました。

本当は「能登」からがっつり喰う予定でしたが予報は雨でしたので中止の憂き目に遭いました。
今年唯一の「能登」チャンスだっただけに残念です。

それでも「昼には雨はあがる」の予報を信じて出発。
まずは「朝練代わりに有名所で貨レを喰おう」のお言葉に従い撮影地に行くと・・・
a-IMG_8565.jpg
やって来ました原色のEF65!
これはラッキー♪朝からツイてます。


さて、お次は今日の本題「EF65-501が牽引する客車7両」
これまた有名な撮影地にお邪魔しますですよ。
a-IMG_8586.jpg
185系の特急「水上」
良い音ですねぇ~


a-IMG_8592.jpg
負けじと爆音響かせて115系見参!
なんか久しぶりに湘南色の電車を見ました。


a-IMG_8613.jpg
んで、本番。
横須賀線のリベンジ成功?


返しは残念ながら「モツ煮」が却下となり、「オモチャをいっぱいくれるサンタさん」を
駅に置き去りにして(笑)顔面アップ
IMG_8641.jpg
失敗してかなりションボリ。
ま、次回リベンジですよ!・・・と諦めムードで撤収。


普段聞けない話も聞けて大変楽しい1日でした。
御参加の皆様、本当に有難うございました!!

スポンサーサイト

田浦の専用線

本当は2発やる予定でした「横須賀線開通120周年記念号」ですが
雨と通報でテンション下がったので一往復撮っただけで終了しました(笑)


時間が出来たので田浦の専用線を見に行きました。
田浦駅から専用線が出ているのは護衛艦ウォッチングに行かれている方なら
皆様、御存知かと思いますが、田浦駅下り方に3本トンネルが開いています。


横須賀線開通当時のトンネルが明治時代。
複線になった時のトンネルが大正時代。
専用線のトンネルが昭和に造られました。
3つの時代に作られたトンネルが並んでいるのも不思議な光景です。


この専用線、アメリカ軍の燃料輸送に供され2006年まではJR貨物の免許があり、
有事の際はスグに貨車が入るようになっていました。
それ以前は、相鉄経由で厚木基地のジェット燃料がココから発送されていました。
a-IMG_8523.jpg
現在でも写真の通り、米軍の管理下に置かれています。


a-IMG_8510.jpg
有名な直角クロス。関東にもあったのですよ。


a-IMG_8506.jpg
写真左側から手前にカーブしてきて「折り返して」写真垂直状に去っていく路線が
自衛隊倉庫群及び船越方面に向かっていた線路です。



写真左手が田浦駅から出てきた線路です。画面を右端に抜けていくのが
海上自衛隊の荒井割掘付近へ行く線路で、本線?の扱いです。
a-IMG_9299.jpg
以前、軍港巡りで見たときの終点付近の図。写真右側。
また米軍燃料廠へ向かう路線でした。



前述の「折り返して」が何処で行われていたのかというと
a-IMG_8529.jpg
なんとトンネルの中。
有効長の関係からデルタ線を形成した線路はトンネルの中まで線路がひかれ
貨車はココで折り返していました。
残念ながらトンネル内の線路はアスファルトで埋められていますが
線路は撤去されておらず、有事の際は復活します(多分しない)



吾妻川の橋梁
a-IMG_8521.jpg



工場の敷地前を通過する線路。
a-IMG_8525.jpg
軒が線路まで延びている所を見ると、ココで荷下ろしがあったようです。


コスト重視の自衛隊と違い、米軍は「複数の輸送路を常に確保する」と言う
即応性が高い方針のため、この様な路線が車両の入線実績が無くても
安易に廃止せず存置されてきました。
未だ撤去されない厚木基地線や瑞穂埠頭へ行く路線なんかそうですね。


トワイライター(廃線趣味のおっさん)が喜ぶ風景は米軍の戦略のためだったりするわけです(笑)

その後、カレー食べて国道16号の終点を通っている割には撮していない・・・と思い
ついでだ~がとばかりに行ってきました。

国道16号の起点だか終点だか判らないところ。
この近くにインターが出来たので観音崎から帰るのは楽になりました。

通報されました~

昨日は仕事の後、ライブから帰ってきて日記をUPし風呂に入れば午前1時。
さすがに今朝5時半に目覚ましが鳴った時「なんで鳴ってんだ?」と
一瞬考えてしまいました(笑)


ズルズルと起きて横須賀線に走る旧客の撮影に行って来ました。
6時ちょっと過ぎに出発。


渋滞を予想して余裕見ての出発でしたが快調に走ってしまい、8時には鎌倉付近。
「絶対に判りにくい秘密の撮影ポイントがあるんですよ!」と会社で某氏から教えて頂いたのですが
本当に判りませんでした(笑)
結構な時間を探していたのですが結局判らず仕舞いwww


もっとも、そこで撮っても発表出来ない訳ですから諦めて撮影地を探します。
この趣味やっている方なら御存知でしょうが横須賀線ってのは撮影地がありません。
なんとかなりそうな踏切や線路端は既に先客多数。
まだ8時過ぎですよ。列車が通るのは11時半です。


なもんで数少ない心当たりの場所も壊滅です。
撮り下ろしになりますがオーバークロスから狙おうと決定。
幸い、画角が良くないのとフェンスが高いので先客は居ません。
脚立から狙えば良いや・・・とセッティングしているとフェンスに穴発見。
これならレンズ入るし、楽に撮れるなぁ・・・と画角決定。
a-IMG_8436.jpg
試し撮りをしてみると、まぁまぁな感じです。


列車が来るまであと2時間半・・・と言うところで雨が降ってきました。
傘差してカメラにタオル掛けてスタンバイしているとパトカーが2台走ってきました。
あとバイクのお巡りさんも。

何かあったのかなぁ?・・・と見ているとお巡りさんが総勢5名。
「ここで何やっているんですか?」
写真撮っているんですよ~・・・と答えると110番通報があって
「怪しい人が陸橋の壁に穴を開けて、線路に何かを落とす様だ」と言われたそうで。


「アレでしょ?客車撮るんでしょ?穴開けちゃったの?」
いいえ、穴は開いていたのでラッキーと思ってココに決めたんですよ~
穴を見るお巡りさん。
「あー、こりゃ古くから開いているねぇ。あなたじゃ無いね。」
そりゃそうですよ。そんな悪いことする訳無いですよ。


「ま、コチラも通報があったんで対応しなきゃならんのですよ。」
面倒なので自分から免許証だして電話番号も言いましたよ。
普段、横須賀線なんて撮る人いないので沿線住民も不思議だったのでしょうね?
「いつ帰ります?」と聞くので一本撮ったらさっさと帰りますよ・・・と。
雨降っているし、帰りたいのはコッチです。
お巡りさんも判っているのか特にしつこく尋ねずに帰っていきました。
もっとも車のナンバーの照会をしているのは見逃しませんでしたが(笑)


お巡りさんは帰りましたが今度は私がいる所にバンに乗った交通課の警官が
やって来て取り締まりを始めました。真後ろで取り締まり開始・・・テンション下がるなぁ~
a-IMG_8459.jpg
「やまなみ」がやって来ました。
ノーチェックでしたのでぎりぎり撮れました。


ようやく本番。
雨も強くなって大変です。
a-IMG_8481_20090628215142.jpg
さて、撮ったらとっとと転戦します。


雨も更に強くなってきたので返しを撮って撤収です。

a-IMG_8497.jpg
横須賀線っぽい場所を・・・・と思ってグレーの船が入るところへ行くと
既にかなりの人数がいらっしゃいました。
こんな画角ですが、なんとか撮れた・・と言うのが率直な所です。はい。


雨に濡れて寒いので大渋滞中の横須賀の街に突入してココイチ。
a-IMG_8530.jpg
海軍カレー食べて本日は終了。
大渋滞の中、テコテコ帰ってきました。

まっちゃん祭り

ベーシスト松本慎二さんのデビュー20周年を記念してスペシャルライブが
開催されたので行ってきました♪
a-DSCN0969.jpg
チケットは当然、予めGETしておきました。
既に番号が242とか凄いことになっています(笑)


高田馬場にあるESP学園のライブスペースが会場です。
a-DSCN0973.jpg

12号館にあるので「1ne2wo」
なかなか素敵な会場です。


ビンテージギターが展示されているスペースがありましたが
全部合わせると「ん億円」だそうです。


既にセットが組まれています(当たり前か)
a-DSCN0975.jpg
いや、ドラムセットが「Pearl」なのですが、出演予定の「そうる透」さんの
セットは「TAMA」なので気になりました。


1800、松本慎二のMCで開演!
Speak'y Zのハードロックで気合いが入ります。
CDが出ていないそうなのですが、オリジナルも20曲以上はあるそうで
格好良かったです。
勿論、「まっちゃん」がベースを弾きます。


次は「FREEN」
Queenをリスペクトするバンドだそうで、「プロが集まるとこうなる」
な展開でした。すげぇカッチョイイ~!
勿論、「まっちゃん」がベースを弾きます。


その次は「山本英美Band」
山本英美氏のプロジェクトです。
ロックンロールとポップスが合わさった感じで最高でした!
勿論、「まっちゃん」がベースを弾きます。


次は松本慎二氏が衝撃を受けた・・・という「BANZAI 」
これはオリジナルメンバーが3曲演奏しました。
ベースの海老沢伸吉氏は左腕の圧迫神経痛とかで8ヶ月程、活動を休止中だそうですが
今日は特別!と演奏していましたがキツそうでした。
初めて聞きましたが重厚なバンドで興奮しました。


お次は「Rumi KC」
田中一郎氏のプロジェクト。
素敵な世界観でした。これ、ライブ行きたくなりましたよ。
勿論、「まっちゃん」がベースを弾きます。


ここで予想外の出来事。
セットが全部撤収され、新たなセットが組まれます。
「TAMA」ドラムが登場。
城が建った~!・・と言われます。


目の前で「そうる透」さんのセットが組まれるのですからビックリ。
スタッフさん大奮闘です。


新たなセットとなり次の演奏は「外道」です。
まさかの「外道」復活!大興奮です。
興奮過ぎて?いきなりギターの加納秀人さんがコケました。
見事なコケ方でしたが演奏は途切れず、さすがです。
そうるさん大爆笑。


いやぁ、熱い!格好いいですね~
まさかココで「外道」コールが出来ると思わず、大感激。
腕を振り上げ「外道~!!」
勿論、「まっちゃん」がベースを弾きます。


バンドが数曲演奏したあと、次のバンドに替わるのですが
そのセッティング中は「まっちゃん」のMCです。
バンドの思いで話や自分の考えを笑いを交えながら話していましたが
外道が終わってトリの「Sense of Wonder」に変わるときは
御自身のバンド「ナイト・ホークス」が解散して目標を失い
北海道に帰ろうか悩んでいる時に難波さんに電話
「俺、何も無くなっちゃったよ」と言うと「じゃあウチで弾きなよ」と
「Sense of Wonder」に加入した経緯を泣きながら話しました。


観客皆も泣いていました。ハードなロックのライブなのに涙。
ええ、良い話でしたが妙な空間でしたね。
感動しました。


泣いている松本さんの後ろから難波さん登場。
さすがのMCで湿った空気をリカバリー。
その後ろでは「Sense of Wonder」用にセットが組み直されています。
今日はキーボード3台という小さいセット。
しかもドラムが真ん中という変則仕様でウキウキです(笑)


「持ち時間が20分なので一曲しか演奏できません」
わははははー。
きっと「Earth~百億の昼と千億の夜」に違いない・・・と思ったら
本当にそうでした。
「ん~、時間的にナットロッカーも演れるぞ・・」と勝手に思っていたら
本当に演ってビックリ(笑)



これにて終演。
アンコールの拍手の中、まっちゃんが出てきて
「今日のお題の【GO! GO! 20th Century BOY! !】」に因んで
T-REXの20th Century Boysを演ります」


今日、出演したバンドのギタリストが8名いるので全員カモーン!
a-DSCN0978.jpg
アンプ並べてギター8台と松本慎二さんのベース。
キーボードは難波さんでドラムはそうるさん。
鳥肌立つ様な状況に松本さんが奥様の名を呼びステージに上げます。
感謝の言葉を言いながら、また号泣。
皆も泣いてますw


さて演奏・・・とカウント入れた頃、ギターなチームの方々が「ちょっと待って
今日、出演した皆からのサプライズ!」と全員のサイン入りベースギターが出てきました。
再び まっちゃん号泣。


そのベースでT-REXの20th Century Boysを演奏。
ど迫力&超豪華なメンバーの渾身の一発でした。
a-DSCN0980.jpg
都合4時間のライブでしたが。あっと言う間の時間でした。


どのバンドも最高でした。
心より松本慎二さんのデビュー20周年をお祝いいたします!!

あじさい

オレンジの奴、走っていないかなぁ・・・と出掛けてみましたが車庫で寝ていました。
a-IMG_8122.jpg
しかたないので神田川沿いをテコテコとお散歩。

a-IMG_8124.jpg
撮影していると地元の方が「知ってる?オレンジの奴が入ったんだよ」
ええ、悔しいですwww


もう少し歩いて、紫陽花が咲いている所まで行ってみました。
a-IMG_8147.jpg
丁度、色が付いてきた感じです。


a-IMG_8209.jpg
オレンジが来たらなぁ・・・・(しつこい)


a-IMG_8290.jpg
箱根に行けばもっと一杯、綺麗に紫陽花が撮れるのでしょうが、腕も無いので
ココで良いです。


a-IMG_8172.jpg
紫陽花は雨の日の方が似合うのかな?
運用は紫と青系が多く入っていたのでちょっと変化が少なく残念。


緑は綺麗ですね。
b-IMG_8270.jpg


a-IMG_8380.jpg
試行錯誤しているウチに・・・・・・


a-IMG_8415.jpg

面に日があたらなくなったので終了~

悲しき

臨時収入が有ったので(笑)早速使い切ってきましたwww


まずは模型屋さんで予約してあったメトロ6000系の引き取り。
右側のライトが「出目」ですが出来は良好。


勢いでT4ブルーインパルス仕様もカゴの中。
a-DSCN0960.jpg
作りたいけど、置く所無いなぁ・・・・
出来たら誰かに押しつけるか・・・


帰りは当然、B子供へ定点観測に出動。
全くPの出物は無し。最近全然出ないので無駄遣いしなくて良いです。

本のコーナーへ行くと気になる本。
a-DSCN0957.jpg
子供用でしょ・・・・とパラパラめくると激濃ぃ内容で衝撃。


首都圏の豆汽車からロードトレインまで、モロにツボの内容。

a-DSCN0958.jpg

「こうとうリバー」や「クイーンメリッサ」が!
うぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!と叫びながら購入。

著者をみたら、「ちょっと係わった事が有る」方でした。
なんだ~、教えてくれれば良いのに~

横須賀線開通120周年イベント

横須賀線開通120周年イベントがあるので行ってきました。
まずは新型成田エクスプレスの展示。
車内の公開は凄い行列だったので速攻で諦め(笑)
a-IMG_8009.jpg
取り敢えず、外見なぞを証拠撮影。


a-IMG_8026.jpg
ま、新しい電車です。はい。


a-IMG_8023.jpg
ロゴ関係が最近の流行な感じで。

所属は
a-IMG_8027.jpg
なんすか?(謎)


余りにも人が凄いので撤退。
ヴェルニー公園でイベントがあるので見学。
a-IMG_8000.jpg
海上自衛隊の音楽隊が演奏をしていました。
これまた凄い人です。暑い~!


「横須賀グルメ」コーナーも凄い人。
ん~、しかし「カレータコ焼き」とか海軍は関知せぬぞ(笑)
ヴェルニー公園にあんなに人がいるの初めて見ました。


そのあと、海師匠のお誕生日会。
濃ぃ話を一杯仕入れて大満足の1日でした。

私的には新富町行きです。

鼠王国へ行く時に有楽町線からJRに乗り換える時に使うのが新木場駅なんですが・・・
「新木場駅なんて最近の駅さっ!有楽町線って言ったら新富町行きだよね」と
言ったところ誰からも同意を得られませんでした(笑)


あれぇ?・・・と帰ってからググると昭和63年に新木場まで延伸されていました。
意外に古いのね・・・・。


長いこと新富町止まりだった有楽町線ですが、全通時には私鉄各社と乗り入れる為
急行系の種別も設定されるのが予定され、デビューした「営団7000系」には
種別表示窓が備えられ、同デザインの千代田線用6000系との識別点でした。
a-IMG_9908.jpg
向かって左側にある小さな窓がソレです。


しかしながら、西武線との乗り入れが実現した時点で種別は行き先と一緒に
LEDで表示されてしまうため、種別表示窓は使われませんでした。


あら残念。


その後、デビューした07系。
a-IMG_0007.jpg
「これからは07系が増えるんだぜぃ」と思っていましたが、副都心線開通時に
ホームドアが整備されることとなり、ドアの位置が違う07系は増備されなくなるし、
東西線に追い出されるし・・・


あら残念。



因みに、新富町~新木場間が延伸された時に出来た「豊洲駅」は2面4線構造の駅でした。
これは将来、亀有を経由して東武野田線野田市駅まで延伸される計画があったためです。
a-IMG_7858.jpg
現在は中2線は使用されておらず、線路も敷設されていません。
また、その延伸予定線が通る予定の半蔵門線住吉駅も似たような構造となっており
線路が通る日を待っています。



そんな豊洲駅の先端を覗くと・・・・
a-IMG_7850.jpg
あれ?電車がいる・・・・


a-IMG_7854.jpg
あっぷっぷしてみる~
おお、留置線として使われているのですね。


それにしても地下の構造物ってのは萌えますね。
地上から見えないだけに秘密が一杯。
「首都高晴海線 謎」とか言ってググルと色々と興味深い話が(笑)


地下鉄も、都営新宿線の九段下駅が3面4線の構造でして。
あれ?対向式ホームでは?とお思いでしょうが、西行線のホームは実は島式でして、
壁の向こう側には半蔵門線の押上方面行きホームがあります。
昔、「営団と都営の一元化」と言う話が有りまして、それが実現した暁には
真ん中の壁が簡単に取れるようになっています。


多分、もう無理ですけどね>一元化。


その他にも「あんな話し」や「こんな話し」がありますが
何処まで話して良い物か判断つきかねますので、聞きたい方は「大ジョッキ」が必要です(笑)

めひーこ!

メキシコ海軍の練習帆船「ARM Cuauhtémoc BE-01(クアウテモック)」
が晴海に寄港しているので仕事帰りにチョット見に行ってきました。
残念ながら入港時の登檣礼を見に行けませんでしたが、行った方の日記を見ると
雨天時のため、黄色いレインコートを着ていましたが却って目立って良かった気がします。
羨ましいのう~


豊洲1300発のアーバンランチで撮影。
私1人を乗せて出港すると、船員さんが「今日はメキシコ海軍の帆船狙い?」と
聞いてきたので「そうです~」


前回の「超速アーバン」の悪夢が脳裏をかすめますが今回はクアウテモックが
近くになるとスローダウン。
止まりそうな速度にして頂きました。
「もっと近づける?離れる?」と聞いて下さりましたが、最初っからバッチリのコースです(笑)


a-IMG_7913.jpg
まずはホストシップで派遣されている「DD123しらゆき」
曇りで暗いので、速度を落としてくれるのは有り難いです。


それにしても、行くたびに背景が変わっていきます。
これでオリンピックが本決まりになると、もっと変わるのでしょうね。
もっとも、船も来なくなりますが(笑)

a-IMG_7919.jpg
メキシコ海軍 練習帆船クアウテモック
1981年進水。排水量1800t 全長90.5M 速力9ノット



a-IMG_7957.jpg
日光が当たっていればもっと綺麗だったのでしょうが仕方なし。
アーバンランチの船員さんもクイーンメリーやジョージ君を見に行ったそうで
「昔、金払って帆船に乗ってセイルトレーニングを受けてきた」と言ってました。
おっちゃん、ツウですなぁ。


船談義しているウチにお台場到着。
私1人降ろして、誰も乗せずに帰っていきました。
歩き始めてスグに傘を忘れてきたことに気がつきましたが、ビニ傘だし
まだ降っていないのでスルー。


アキバでも寄ろうかと考えましたが、例の件から丁度一年とニュースでやっていたので
別の日に行こうと帰宅コース。合掌。


a-IMG_7983.jpg
朝から何も食べていないので、2駅手前で降りてラーメン屋さん。
ココから歩いて帰れば丁度良いや~・・と歩いて帰りましたが
皆さん御想像のとおり、丁度真ん中辺りで雨が降ってきました(笑)

ひおしがり

晴海に帆船が入ろうが鉄ネタが走ろうが、今日はバスに乗って海に行きました(笑)

だぁって、随分前に申し込んでしまったので予定の変更が出来なかったのですもぉぉぉん。
会社のイベントで「潮干狩り」
雨風が結構な感じでしたが、奴らは元々水の中。
関係ないので決行です。

朝、集合場所に行くと私の乗るバスの後ろの席は怖いオジさんばかりw
さすが番長シートと言われる由縁ですね(笑)
今日は総裁シートと呼ばれていましたwww


事故渋滞の高速道路を快調にノロノロ走り、雨煙で景色の見えない
素晴らしい眺めのアクアラインを通って富津海岸。
a-DSCN0944.jpg
バス8台で行ったのですが2台目で丁度駐車場が一杯になってしまい
残りは臨時駐車場へ。
のっけからツイていません。


雨合羽着て、熊手借りて皆で海岸へ。
丁度引き潮の時間でしたので、ドンドン潮が引いていきます。


もっとも、増水しそうなぐらい雨降っていますが(笑)

♪ひじてつ、ひざげり、パンチにビンタ♪
♪ママのお仕置き、タタミのいびり~♪
♪それでもあさりは今日も行く~♪


・・・と歌いながら掘り掘りしていますが、ハマグリばかりが捕れます。
アサリは本当に小さい奴がたまにいるぐらい。
これじゃ、幼児虐待だなぁ・・・とリリースしてハマグリばかり捕っていると
あっと言う間に2kgが入る袋が一杯。


もう試合終了です。
漁協のおばちゃんに「はまぐり狙い?」と言われましたが、コチラはアサリを
捕ってツマミにする事を夢見て来ているので微妙にションボリです。


あっと言う間に終わってしまったので雨も降っている事だし屋台で焼きそば買って
バスに戻ると、総裁シートの方だけいました(笑)


バスに帰ってくる皆さんの話を聞いても「今日はハマグリばかり」と言ってました。
きっと雨なので人が来ないからアサリを撒かなかったんだね・・・と
予定が変わった晩のツマミの心配をします。


予定より早くバス出発。
a-DSCN0951.jpg
「うみほたる」で休憩。
入港するメキシコ海軍帆船Cuauhtemocでも見えないかと展望台に行きますが
見えませんでした。


皆で「うみほたる焼き」喰おうぜ~・・・と並んでお買いあげ。
a-DSCN0952.jpg
他に並んでいる人が皆、海保のウチワを持っていたので、何処かで配っている様でしたが
結局、判らず仕舞い。無念。



「いすみ鉄道」支援煎餅を発見。
a-DSCN0956.jpg
ビワサイダーと共に購入~♪


アサリが入手出来なかったため(笑)予定を変更して「お吸い物」「焼き蛤」
「ハマグリの香草焼き」に。


アサリなんでいなかったんだろ~?
嗚呼、ワシのアサリバター・・・・

さよなら「たちかぜ」 しょの4

ラストは小ネタ。
当日見掛けた船とか。


現地についてびっくりしたのは事前集積艦 (USNS 1st Lt Harry L. Martin, T-AK-3015)
a-IMG_7534.jpg
さすが4万トン越。あり得ない全幅です。
日本語読みだと「ハリー・L.メマーティン中尉」ってとこでしょうか?


「たちかぜ」出港の時、一緒に姿を現した海洋研究開発機構の深海調査研究船「かいれい」
a-IMG_7348.jpg
スマートなスタイリングですね。



前日の船橋の公開から帰ってきた「SS587 わかしお」
a-IMG_7575.jpg
たいぶ長い間、場内待ちをしていました(笑)


入港してきた「シャイロー」のデッキ
a-IMG_9894.jpg
長期の航海だったのでしょうか?
かなりのゴミが出されています。



いつも気になる救命胴衣のイラスト
a-IMG_7639.jpg
男の人だと言う人と女性だと言う人に意見が分かれます(笑)
女性だと水着の上のパーツがセクシー過ぎます。
謎です。


悲しい姿ばかりを見せてしまったので、観艦式で元気だった「たちかぜ」の姿を。
a-IMG_4702.jpg



正面がちの構図。
a-IMG_4930.jpg


他のミサイル護衛艦も。
a-IMG_4658.jpg



この時私が乗ったのもミサイル護衛艦「さわかぜ」
a-IMG_0898.jpg
スタンダードミサイルの展示が興味深かったです。


突然「登舷礼やるからどいて下さい」と言われてデッキはプチパニック(笑)
やるならやるで早く言って欲しかったです。
a-IMG_0974.jpg
写真に写っているのは私が使っていた毛布ですwww

さよなら「たちかぜ」 しょの3

ミリタグに押し出されて港外へ出てきた「たちかぜ」
a-IMG_0274.jpg
手前にいるのは「えんしゅう」の内火艇。


a-IMG_0359.jpg
お尻の位置を固定。
左舷側が初めて見えました。
計測用の白線の他、各部位に赤や黄色のマーキングが入れられています。


a-IMG_0397.jpg
最終の位置に固定。
3隻のミリタグが微調整を行います。


a-IMG_0416.jpg
「えんしゅう」到着。


a-IMG_0434.jpg
「たちかぜ」艦首に準備された牽引索を「えんしゅう」に渡します。



a-IMG_0489.jpg
ミリタグが離れ、準備完了。


a-IMG_7365.jpg
ゆっくりと「えんしゅう」発進。
ロープがピンと伸び、「たちかぜ」も動き始めます。


a-IMG_7430.jpg
これより訓練海域へ回航。
「えんしゅう」が牽引。後ろからミリタグが押しながら進みます。



a-IMG_7483.jpg
「たちかぜ」艦橋部分のアップ。
結構、色々な物が残されているのが判ります。


a-IMG_7479.jpg
吉倉を最後の通過。
もうこの桟橋で休むことはありません。



a-IMG_7601.jpg
ゆっくりと去って行く「たちかぜ」
1976年に就役し第2護衛隊群に配備されて以来、艦隊防空を任とし活躍してきました。
1998年に司令部設備を設置し、以来護衛艦隊の旗艦として有終の美を飾りました。
2007年1月に除籍。


以来最後のお勤めである「実艦的」としての整備が行われ今日の日を船越岸壁で
待ち続けていました。

やはりこの艦は解体も保存も難しく実艦的にされるしかないのでろう・・・と教えて頂きました。
護衛艦としての任務を全うし、後進のため海中に没するのは「たちかぜ」の名誉なのでしょう。


さよなら「DDG168 たちかぜ」


さよなら「たちかぜ」 しょの2

思いの外、出入港ラッシュでしたので久々のバリ撮りをしましたので
4Gのカードなんかスグに一杯になってしまいました。
001.jpg
晴海に向かう為に、他の艦艇とはコースを変えて行く「しらせ」
お陰で目の前を通過♪


すれ違う形で入港してきた米海軍の「シャイロー」
002.jpg
乗員の再志率が高い艦に贈られる「ゴールデン・アンカー」が見えます。


シャイローの後、続行で入港してきたのは同じアメリカ海軍の
マクキャンベル(USS McCampbell、DDG-85)
003.jpg


マクキャンベルと今度は離合する形で出港してきた潜水艦
004.jpg
ああ、忙しい(笑)
のんびり眺めている暇もありません。


ようやく、長浦港方面からゆっくり動く「何か」が大型貨物船の背後から
出てくるのが見えました。
007.jpg
ミリタグ3隻により、慎重に押し出される「たちかぜ」が出てきました。
ゆっくり・・・ゆっくり慎重に港外へと押し出されていきます。



いよいよ始まるぞ~・・と緊張の一瞬。
その隙をついて(違)吉倉方面から更に2艦が出港。
005.jpg
いよいよ執行人である「AMS4305 えんしゅう」が出てきたのかとファインダーを覗くと
「ASM4304 げんかい」でした。
呉の「ひうち型多用途支援艦」である、この艦が見られるのもラッキーですね。


続いて出てきたのは動く姿が珍しい?特務艇「ASY91 はしだて」
006.jpg
「げんかい」と共に海域の警戒にあたっていました。


更に船越から出港する艦艇がありました。
008.jpg
「DDG171 はたかぜ」です。
実艦的として沈められる兄弟分の「たちかぜ」
横を通過する「はたかぜ」は何を思うのでしょうか?



009.jpg
やがて近づいてきた「はたかぜ」
イージス艦が採用される直前の「日本な」デザインの艦影です。



010.jpg
大夫、外に出てきた「たちかぜ」
よいしょ、よいしょ・・とタグが押している様でした。



011.jpg

今度は本当に「AMS4305 えんしゅう」が出てきました。
いよいよ曳航が始まります。


次回は「たちかぜ」がメインです(笑)

さよなら「たちかぜ」 しょの1

退役後、実艦的として船越に繋留されていた元ミサイル護衛艦「たちかぜ」が
いよいよ帰らぬ航海へ旅立つ日が来ました。


前回、平成18年度の観艦式参加直後の平成19年1月に退役。
その後、実艦的(標的として沈められる艦)として使用されるためドック入りし
一部装備品の取り外し、艦内燃料タンク等の船上を行い計測用の白線が入れられ
岸壁に繋留され、その外見から「しましまかぜ」と呼ばれたりしてました。


東京マーチスの曳航情報に6月1日「たちかぜ」の曳航がある旨が記載され
いよいよ、その日が来た事が判りました。
丁度、勤務の都合も付いたのでお見送りに行くことにしました。
実艦的の曳航なんて滅多に見る機会も無いので興味津々です。



前日の「しらせ」一般公開に行った方から、呉の護衛艦が多数繋留されていたとの
お話を聞き、それらも狙えれば・・・と画策。


前日の雨が、月曜には上がり夕方までは保つ・・・との天気予報でしたので
いつもの撮影地に決定。
朝5時に出発しましたが道中は雨。それも大雨でした。
撮影地に到着すると、「ひゅうが」と「うみぎり」が出港して行くのが見えました。
あ~、撮り損ねた~!残念~
a-IMG_9470.jpg
続行で出港して行く「DD105 いなづま」

その後を
a-IMG_9489.jpg

「DDG174 きりしま」が出港してきました。

a-IMG_9498.jpg
急速転針。良い感じで撮れました。


お次は目立つ船体が出てきました。
先日、配備されたばかりの最新砕氷艦「しらせ」です。
晴海に寄港しているカナダ海軍補給艦「プロテクター」のホストシップとして
派遣される姿です。
最初は「しらせ」を俯瞰で狙おうかと思っていましたが、やはり・・・
a-IMG_9577.jpg
新旧「しらせ」の並びが撮りたかったんですよ。ええ。
撮れてラッキー。


a-IMG_9635.jpg
特徴的な正面。
数々の新機軸が採用されています。


a-IMG_9681.jpg
「しらせ」の走りの姿。
前回失敗してしまったのでリベンジです。



続いて「DDH142 ひえい」
a-IMG_9732.jpg
日曜日にこの艦がいると聞き、撮りたいと思っていたのでラッキーでした。


a-IMG_9795.jpg
おおう、いいですね~!


その頃、先に出港した「しらせ」と入港して来たアメリカ海軍の「シャイロー(Shiloh, CG-67)」
a-IMG_9819.jpg
「しらせ」の船体が大きく続いて出港してきた「ひえい」の撮影がし難かたったり、反対からシャイロー来るし・・・忙しい忙しいwww


「しらせ」の後を続く「ひえい」
a-IMG_9879.jpg


この角度で見ると格好良いんですよね~・・・とウットリしていると・・
a-IMG_9972.jpg
「DD155 はまぎり」さんが出てきてました(笑)
気がつかないことに怒っているのか白煙を上げていましたw


まだまだ続きます~


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索