FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
6
7
8
10
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


やっぱやっぱJB

じゃか鉄ドゥラパン その10

マーライオンも見たので夜はぐっすり冬眠しました(後述)

朝は5時起床で6時発のバスに乗るべく準備をします。
今回は、それが有るのでバス乗り場が有るブギスに宿を取りました。

歩いてバス乗り場に行くと前回と同じ赤い「星柔快車」のバスが待機しています。
「これに乗って行くんだよ~」と言っていると黄色いコーズウェイのバスが横からスッと出て来て
ドアを開けました。
待っていた乗客が次々に乗り込んだので「このバスはJBに先に行くバスですか?」と尋ねるとイエスとの事。
黄色いバスならEZリンクカードが使えるのでタッチしようとすると「この便は使えない。現金オンリー」
へ?そうなんですか?何で?

慌てて全員分のバス代を出したら計算を間違えてプチパニック。
恥ずかしいったらありゃしません。
因みに、誰もバス代を未だにくれませんw

バスに乗り込むとスグに発車。
快調に走りウッドランズチェックポイントに到着。
エスカレーターに乗って出国手続きをしようと思っていると3人足りません。
あれ?と待っていると随分してからやって来ました。聞けばバス降りて出入国管理所を写真で撮っちゃったとかで
セキュリティーに削除する様に言われていたそうで。全画像の削除ぢゃ無くて良かったですね。

サクッと出国手続きをして再びバスに乗ってコーズウェイを走りマレーシアへ
コチラの入国手続きもサクッと終わって無事にマレーシア入国!

やっぱJB!(2度目)
a01-938A6862.jpg

前回のリベンジを達成する為にもアラーにお祈りです。
駅前のタクシー乗り場からタクシーに乗ろうとすると、先程の削除騒ぎでテンション下がったのか
MIO氏とカーシー氏が「行かない」と居残り志願兵。
結局4人でタクシーに乗ってKEMPAS BARU駅に向かいます。
思ったより距離が有ったのでタクシーで正解でした。列車は8時頃にKEMPAS BARU駅に到着しますが
早着が多い様で、ちょっと時間がギリギリです(現在、7時30分)
a03-938A6891.jpg
無事に到着しましたが、列車が満席だった場合は泣きながらJBに戻るため、タクシーの運転手さんに「ちょっと帰るの待っていて」とお願い。勿論交渉はsui様ですw
駅の窓口に行くと営業は8時からと書いてあります。列車に間に合わないかも?と駅事務室をノックして駅員さんに尋ねると「切符は有るよ。売るのは8時ね」
ホッとしてタクシーにお帰り頂きました。有難うございました!
a04-938A6886.jpg


8時になると窓口は開き、留置してある列車に機関士が乗り込みエンジン始動
a05-938A6896.jpg
クラス24型機関車” SANG SURA”24126です。
マレーシアの機関車には1両1両に名前が付いているのが特徴です。
因みにクラス24は東芝と川重の製造です。

留置してある客車と組成。
a06-938A6922.jpg
2本の列車が並びました。
因みに、このステンレス客車はインドネシアのINKA社が輸出した客車です。


a07-938A6944.jpg
” SANG SURA”が転線してクラス25の”PULAU PANGKOR”の編成が見えました。
コチラも転線して先程の” SANG SURA”の編成が止まった線路に入り2本が縦に並ぶ構図となりました。

実はとっくに私たちが乗りたい列車の時間が過ぎているのですが未だ来る気配が有りません。
駅に「列車は?」と聞くと「a bit!」
いや、既に「a bit」じゃ無いんですけどね。

a08-938A6966.jpg
構内にはステンレス製のスリーパーが置かれていました。
一番前の車両は大夫ぶつかった跡が有りましたので廃車でしょうか?

そうこうしていると、ようやく列車が来ました!
ええ、少し遅れていますね。30分ぐらいw

a09-938A6991.jpg
妖怪ポストみたいな機関車に牽引されてきたのは夢にまで見た14系客車です。
ええ、前回は悔しくて夢に出て来ました。

a10-938A7044.jpg
さぁ、30分も遅れているんですからスグに発車でしょう。
サクッとミッションを敢行します。

a11-DSC_2586.jpg
はい。
コレがやりたいだけでマレーシアに来ましたw
これでようやく、けんぼー様に報告が出来ます!
前回は・・・・・前回は辛かったですよ・・・・

さぁ、撮る物撮ったし乗り込みます。
a12-938A7070.jpg
最後尾は使用されなくなった寝台車が今日は2両連結の豪華版。

a13-938A7052.jpg
車内は懐かしの簡易リクライニングシート。懐かしいけど嫌いですw


a14-DSC_2574.jpg
JNRマークの灰皿とテーブルが懐かしいです。

a16-DSC_2544.jpg
ドアコックの注意書きと” SANG SURA”

a17-DSC_2546.jpg
隣のスハネフに行くと電源車がわりに連結されているのに冷房が入っていました。
このスハネフはJR西日本から譲渡された車両です。

a18-DSC_2553.jpg
最後尾のスハネフはJR九州からやって来た車両です。
コチラは冷房も切られており蒸し風呂です。

a19-DSC_2608.jpg
この14系客車は2011年頃に日本政府の援助と言う形でマレーシアに送られ
A寝台(ロネ)やソロ車を組み込んでマラヤンタイガー・トレイン(マレーの虎)として走りましたが
いつの間にか運用を離脱、寝台列車に乗る事は出来なくなってしまいました。
現在は座席車を使い夜行列車としてグマス~JBセントラル駅間を結んでいますがクアラルンプール近郊の電化が進み客車も余っているので先行きは暗いと思われ、走っているウチに・・・・と今回もチャレンジしました。

座席車の編成ですので「ヒラヤンタイガー・トレイン」(平屋)とでも呼称しましょうか。
なにせ今回は1駅間しか乗らないので色々と撮らねばなりませんw

に・・・・しては全然発車しませんよ。
おかしいなぁ・・・・と思っていたら突然、列車のエンジンが切られシーンとしました。
って、固定窓でエンジン切られたら暑いぢゃないですか!
もうエンジンも限界なんでしょうか?

結局、ここで30分程停車して発車。
お陰でゆっくり色々と撮ることが出来ました。

再びエンジンが回り冷房が効いて来ました。
a20-938A7055.jpg
再び走る14系寝台車に乗れる日が来ると思っていなかったので感動です。
a21-DSC_2605.jpg
いやぁ、この感覚・・・・・懐かしくて涙が止まりません。
Wi-Fiを持たない2人も諦めずに沿線で撮影していました。根性有りますねぇw

JBセントラル駅に到着。
a23-938A7112.jpg
スグに機関車信頼を意味する”AMANAH”の名が付いたクラス23形機関車が機回しの作業に入ります。
a22-DSC_2620.jpg



わしゃ、ココでも頑張ります。
a24-DSC_2627.jpg
乗客を出口に誘導するセキュリティー氏が追い出しを掛けに来ましたが「ジャパン?」
オフコース!と言うと諦め顔で待ってくれました。済みませんです。


いやぁ、遅れましたが無事に乗れて撮れて最高でした!
a25-DSC_2632.jpg
こうやって撮ると日本時代のままです。一か所、思いっきりおかしいですがw


セキュリティー氏にお礼を言って退散。
というか、シンガポールに帰る列車の時間が迫っています。


沿線で撮影していた2名も無事に合流してチケットを見せて乗り場に行くと何故か出国審査のゲートが開かず待ちぼうけ。
結局20分以上も経ってからようやく乗車出来ました。
なんだか、今日は全部乱れているようです。

車内。
a26-938A7129.jpg
これに乗って国境を越えます。5分ぐらい乗りますw

シンガポールはウッドランズ・チェックポイント駅に到着。
サクッと入国審査を済ませて出ようと考えていたら、凄い行列で卒倒しそうになりました。
前回もほぼ同じ時間の列車に乗ったのに、その時は全く並ばずに審査を受けられたのに、今日は何でこんなんでしょうか?


ようやく審査終わって入国出来ましたが随分と時間が掛かっちゃいました。
a27-938A7131.jpg
さぁ、朝ご飯兼昼食に行きますよぉ。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

衝撃の事実

私の様な”ぶきっちょ”にも渾身の作品をお譲り頂いた、けんぼー様に感謝の気持ちを表すべく
マレーシアで第二の人生を送る14系との親子写真を撮りに行って来た訳ですが
a008-938A1818.jpg
0825にJBセントラルに到着するはずだった列車が、朝7時前に私が行くと既に到着していて大号泣
・・・・・ってのが今回のネタだった訳です。

a009-938A1846.jpg
来ないねー。全然来ないねー。と泣きながら帰国しました。

てっきり10月下旬にダイヤ改正でも有ったのかと思って帰国後に調べましたが
未だ該当の44列車のスジは従来のまま・・・・・全く訳が判らないまま過ごしていましたが
インドネシアで活躍されるパクアン急行氏より衝撃の事実が!

あの44列車は11月4日にJBセントラル付近で脱線して現在も運休中

は?
と言う事は私が見たJBセントラルの14系は停車していたのでは無く、脱線した編成を復線させて
JBセントラルに収容した直後の姿だった様ですw

私が訪問した前日までKempass Bahru駅とJBセントラル駅間は不通だった様です(笑)

いやぁ・・・・なんと言いますか・・・・・
相変わらずのネタ・ホルダーです。はい。

大いなる空振り しょの3

3日目の朝は4時起きです。
まぁ、シンガポールではそんな事しないでしょう・・・と思っていましたが結局、今回もいつもと同じ行動です。
5時丁度にホテルを出てテコテコ歩きます。
a001-938A1775.jpg
楽しくってしかたないですw


a002-938A1781.jpg
シンガポールは都心への車の流入を防ぐためにERP(Electronic Road Pricing)が採用されています。
以前はRPS(Road Pricing System)等で事前に通行許可証を購入するシステムでしたが、現在は
車載機により自動的に引き落とされます。


全車搭載が義務付けられている為にタクシー料金も大きく値上がりタクシーの売り上げが減ったそうです。
そもそも車の購入自体が非常に大変なシンガポールですから渋滞も大した事ない様な気がしますが
国土が狭い国なので色々と対策をしている感じですね。

30分ほど歩いてクイーンズストリート・バスターミナルに到着。
ココからマレーシアのジョホールバルまでのバスが出ます。
ノンストップで行く「コーズウェイ」と「星柔快車」の2社のバスが有ります。
a003-938A1791.jpg
また路線バスも170系統がココからジョホールバルに向かいます。安いのですが下道で行くので少し時間が掛かります。
0530に170系統のバスが発車。そこそこの乗車率でした。
時刻表だと0600にコーズウェイのバスが出るとあります。コーズウェイのバスだとイージーリンクカードが使えるので黄色いニコちゃんバスの乗る事に決定~
a004-938A1792.jpg
イージーリンクカード使用だと3.3Sドルです。

0545頃にバスがやって来ましたが、「星柔快車」のバスでした。
まぁ、早く出るなら・・・・と現金で支払ってバスに乗車。「星柔快車」のバスは現金払いのみです。

結局0600にバスが発車しましたが黄色いコーズウェイは姿が見えませんでした。
どうなっているんでしょうね?
40分程走り、ウッドランドチェックポイント(Woodlands Checkpoint)の到着。
巨大な施設の中でバスを降りると、バスは走り去って行ってしまいます。

エスカレーターを上がると空港の様な国境検問所があり、パスポートを見せて出国審査。
終わると、通路を進みエスカレーターを降りてバス乗り場に。そこで同じ会社のバスを待って乗り込みます。
つまり、先程乗客を降ろしたバスは先に進んで、今度は出国審査を終わった人を乗せて発車する訳です。
バスはバンバン来るので、待たずに済む理に適ったシステムですね。
なもんで、バスの切符は無くしちゃダメですよ。

再びバスに乗り込んでジョホール海峡を渡るコーズウェイ(築堤)を走ります。
a005-DSC_1105.jpg
驚いたのは歩いて渡る人を結構な人数見掛けた事です。
2008年頃に徒歩での越境が禁止となり、見つかると高額の罰金が請求されると聞いていたのですが・・・・
歩いても2Km以上あるのですが老若男女、結構な人数が歩いていてビックリ。

5分程走ってマレーシアのジョホールバルに到着。
ココで再びバスを降りて、今度はマレーシアの入国審査。
パスポートへの押印は省略された・・・と聞いていましたが無事にスタンプを押して貰えました。
a006-938A1798.jpg
ジョホールバルの入国管理所。ウッドランドにも負けない巨大施設でした。
バス自体はラーキン・バスターミナルまで乗れますが私はココで終了。
陸橋でJBセントラル駅に行きます。

JBセントラル駅にJR西日本から2010年に譲渡された14系客車を使用した列車が8時30分に到着するのですが、
聞いた話では常に15分以上も早着するので、撮影場所に行くにはアサイチにマレーシア入りする必要があったのです。

a007-DSC_1110.jpg
セブンイレブン良い気分~♪と鼻歌歌いながら駅を出て撮影地に行こうとすると懐かしいエンジン音がビル街に響いていました。
あれ?ちょっと待って??

あれ?あれれれ?

ドキドキしながら線路をみると
a008-938A1818.jpg
着いていました。着いちゃいけないのが着いていました。
あれ?おぢちゃん、興奮しすぎて頭がパーン!しちゃったのかな????

いや、まずいよ、列車着いているぢゃん!見るとカマの姿は見えませんので機回しの最中でしょうか?
まだ7時前ですよ。あ、7時になりました。
慌てて小走りに、留置されるKempas Baru駅に向かって発車するシーンを撮るべく移動します。

なんとか着いて「?」マークが頭の中からボロボロとこぼれ落ちる中セッティング。

来ないねー。全然こないねー。

a010-938A1868.jpg
たまに機関車が見えますが、見ている限りウッドランズとJBセントラルを往復するシャトル列車の機回しの様です。
いや、ここで気づいたのですが、そもそもシャトルトレインは編成の前後に機関車を付けたPP形態だったハズなのですが、今日は機回しをしています。

もしかしてダイヤが変わったとか?

原因は後で調べるとして、取敢えず回送だけでも撮ってタクシーでKempas Baru駅に行くプランに変更。

来ないねー。全然こないねー。

2時間半も待っていましたが来ません。
もしかして歩いている間に行っちゃったんでしょうか?音は聞こえなかったんですけどねぇ。

マレーシアの線路っ端でプラレール持ったオッサンが3時間近くもいるんですから怪しさ満点。
a009-938A1846.jpg
ワンワン泣きながら我が身の不幸を嘆きます。

来ないねー。全然こないねー。

もう信号も朝から赤のままだし、きっともう行っちゃったんだよ・・・・と諦めて
日に4本しかない列車のうち、一本が間もなく来るはずなので待ちます。


a011-938A1890.jpg
コチラは今までと同じ時間でしたよ。

a012-938A1874.jpg
プラレール持ったまま泣いているアホな日本人を見に警備員さんが来ました。

a013-938A1956.jpg
やはり、ものの10分もしないウチに戻って来ました。
14系はとっくに行ってしまったのだと言う結論に達し、JBセントラル駅に戻ります。


a014-938A1970.jpg
こんな大きい駅なのに列車は一日に数本しか来ません。
因みに、手前から2本目の線路に14系が止まっていました。
5番目の線路が主にジョホールバルとウッドランズのシャトル列車に使われている線路です。


11時にウッドランズに行く列車に乗るので構内で何か食べようかと思っていると・・・・・
あれ?まだ居るよ!?しかもエンジンも止まっていたので、ここで停泊する様です。

い、いつ変わったんでしょうか?多分ここ数日です。

取敢えず、撮り難い場所ですがプラレールをセッティング。
a015-DSC_1122.jpg
わしゃ、こんなのを撮る為にマレーシアに来たんですかね?もう涙が止まりませんよ。

ここまでビックな空振りをするとは夢にも思いませんでした。
テンションが底どころか深海海底まで落ちたので朝食も食べる気が無くなりスタバでマグカップ買ってリンギットを使い切りました。
御存知かと思いますが、スタバではその国のオリジナルデザインのマグカップが有るので
小さいデミタス用が有ると自分への土産に買っちゃいます。

帰りは列車でシンガポールに向かいます。
a016-938A2004.jpg
まずJBセントラル駅で出国手続きをして列車に乗り込みます。
1100丁度に発車。
a017-938A2012.jpg
コーズウェイを走りながらジョホール海峡を眺めます。
手前はマレーシアからシンガポールへ向かう水道管 水資源の少ないシンガポールはマレーシアから水を買う事によって賄っています。

一度列車で国境を越えるのをやってみたかったので満足です。

a018-938A2016.jpg
道路側は大渋滞。ただでさえ混んでいる自動車利用ルートですが最近、入国審査が厳しくなったので
更に渋滞が増して大変なんだそうです。
その為、両チェックポイントを結ぶ列車を設定し「渋滞緩和を図る」と意気揚々でしたが
本数が非常に少なく、あまり渋滞緩和には役立っていない様です。
ただ、出入国審査は非常に空いている為に列車自体の利用者は多く、チケットが取れない便もあるそうです。

a019-938A2034.jpg
ウッドランズ・トレインチェックポイント駅に到着。
構内は非常に厳しく撮影を禁止していますのでお気を付けください
見つかると全画像の消去を求められたりする事もあるそうです。

a020-938A2039.jpg
あんなに朝、テンション高く出掛けたのに今は涙が止まらないんですよ。
なんなんすかねー。なんなんすかねー。


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索