FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12


オネアミスの翼

”王立宇宙軍 オネアミスの翼”と言うアニメが有りまして。
これがまた好みの世界観でして。ええ。

a001-DSC_3503.jpg
長期の開催ですので後回しにしていたら終了間近になってしまい慌てて行って来ました(笑

a002-DSC_3588.jpg


a003-DSC_3555.jpg
貴重な貴重な、とぉっても「山賀メモ」が大量に展示されていました。

a004-DSC_3556.jpg
多くのメモから作品に命が吹き込まれていく過程が読み取れます。
良く残っていましたねぇ。

a005-DSC_3578.jpg
作品展の内容は主に設定画や資料の展示ですが、本当に美しい作品ばかりでため息が出てしまいます。
CGは殆ど使わず手描きのアニメーションの素晴らしさを堪能出来ますよ。

ロケットの整備塔
a006-DSC_3534.jpg
これだけで卒倒してしまいそうな圧力です。


a007-DSC_3530.jpg
王立水軍の空母3種


a008-DSC_3519.jpg
水軍のジェット戦闘機


a009-DSC_3506.jpg
彩色された作品も多く展示されていました。


a010-DSC_3510.jpg
記号や文字の設定資料


a011-DSC_3543.jpg
散逸してしまった資料も多いとの事ですが、それでも展示された資料の量に圧倒されます。


展示資料を見ていると当然、作品が見たくなります。
a012-DSC_3575.jpg
大丈夫です。2時間毎にオネアミスの翼が上映されています。
作品上映時間は119分。
んで、2時間毎の上映です。はて?


王立宇宙軍のメンバー
a014-DSC_3538.jpg
植木皿しか衛星軌道に乗せた事が無かった宇宙軍が4号機にしていきなりの有人打ち上げを敢行します(笑)

a015-DSC_3535.jpg
リイクニさん(苦笑)

a016-DSC_3567.jpg
一通り資料を見た後に上映された作品を見ました。


また会場では監督のインタビュー映像も上映されていましたが監督は「破片を描きたくて作った作品」
その破片が出てくシーンは圧巻です。
最近もカラー側から「アレは庵野さんが拘った」と言われた名シーンです。


4号機を鹵獲しようとする共和国軍の進軍のさなかロケットは戦場となった射点から打ち上がりますが
a017-DSC_3564.jpg
その後、管制センターは制圧され残った技術者が射殺されるイメージボードも有りました。
本編には乗らなかった設定ではありますが、なかなかの衝撃でした。


上映が終わると会場にゾロ氏もいましたがマッハで帰って行きました。
冷たいなぁ。

a018-DSC_3590.jpg
朝から何も食べていなかったので、お好み焼き屋に突入。


a019-DSC_3596.jpg
お腹空き過ぎたので「焼かないで食べる」発言をしましたがスルーされましたw


パンカツは上手く焼けなかったので、リベンジにもう一回注文して何とかしました(笑)
a020-DSC_3604.jpg
色々語りたい作品ですが長くなりますので今日は寝ますw

スポンサーサイト

面白いです~

MXテレビで放映されている「白鯨伝説」
第一話だけ録画してあったので消す前に…と観てみたら「おもしろいっすねぇ!」

90年代末期の作品なので、セルからCGに変わる直前の作品ですが監督である出崎統イズム炸裂の怪作です。
466443NC.jpg
”ガンバ”と”あしたのジョー”と”エースをねらえ”が混じったSF作品ですが、クオリティーが半端じゃないです。
NHK衛星での放送だったそうですがクオリティー維持の為、何度も放映が中止になった挙句
製作会社が倒産した為に、随分経ってから手塚プロの手により全39話予定を26話に短縮して
なんとか放映させたそうですが、今見ても濃ぃ演出に納得です。

wikiのストーリー説明の一部を抜粋
「しかし、実はラッキーは女の子であり、ラッキーの故郷である惑星モアドは惑星破壊兵器「白鯨」の惑星破壊実験目標とされ、人々は連邦軍の強制退去政策によって狩られており、ラッキーの兄シローがリーダーとなって連邦軍へのレジスタンス活動を行っていたのだ。ラッキーは助けを求めにやって来たのであった。その「白鯨」と因縁のあるエイハブはこの仕事を受け、一行はモアドに向かう。」

良いです。御飯3杯いけちゃいます(笑)
そんな訳で10話頃からは録画して観ております。

重い話なのにギャグもグイグイと入れ込んで来て最初は戸惑いますが、慣れるとクセになります。
後半、重要なキャラが次々と死んでいく中、何故かクジラ捕りメンバーはギャグの応酬をしていたりしますが
それもまた監督一流の演出であると後で気が付かされます。

間もなく最終回で寂しい限りですが思わぬ拾い物で久しぶりに録画して見ちゃいました。
ストップモーション!透過光!ハーモニー!繰り返し3回!堪らんです!

BD発売で空くと思ったのに…

Twitterのハッシュタグ

#伝わらないかもしれないけどガルパン劇場版の好きなシーン

が面白いです。
私も劇場版までは観た事無いシリーズだったのですが今じゃもう…
「うんうん」と頷く場面有り「そうだったのか!」と初めて知る場面も有り…

製作スタッフさんが「楽しみながら製作したんじゃなかろうか?」と思うぐらい
どの場面も愛がありますねぇ。
劇場版と謳いながらも修正されているシーンも有り、それを指摘する記憶力の悪魔みたいな人もいて
世の中凄い人もいるもんだ…と感心しております。
んで、BDを観て再び劇場に確認に行く人が増えて聖地は連日満員ですw
4828.jpg
今度の土曜日も既にこの状況です(笑)
400人近く入る劇場でこれですからねぇ・・・

しかも、映画では聞いた事の無い「最前列から埋まる」状況は笑うしかありませんね。
恐ろしい感染力で「ガルパンおじさん」が増殖していましたが、更に増えそうな状況ですね。

それにしても、細かい所に気が付く人すごいなぁ。
私も、もう一度見に行こう(爆)


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索