新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
4
5
6
8
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


スカイ・ドリアン・クルーザー

結局、遅れてクルンテープ駅に到着。

a-938A8180.jpg
到着したホームの隣には12系客車が組み込まれた編成が停車していました。
車椅子等に使用するリフトを備えた車両としてデビューしましたが、改造後すぐに事故廃車となってしまった個体が出てしまったのは残念です。

a-938A8186.jpg
我々が乗って来た列車の荷物車から多くの荷物が降ろされています。
もう日本では見なくなった光景ですが懐かしさを覚えると共に羨ましさが募ります。
a-938A8191_20170219102858516.jpg
撮影の前にちょっとクルンテープ駅で撮らせて貰います。
それにしても、前回は4月で目眩するほど暑かったのですが、今回は賞味2ヶ月しか変わらないのに
随分と気温も違い、過ごしやすかったのが良かったです。

a-938A8217.jpg
2016年11月に運用から離脱してしまった日本から来た24系寝台車は2番線、3番線にまとめられて
留置されていました。
再び、運用に復帰してくれれば良いのになぁ…・と思っていたらこんなニュースが。

http://news.sanook.com/2170702/
しかもここ、旅行中何度も利用したバンスー駅ですよ・・・・

広い駅構内を巡って撮影地に移動します。
歩き始めた途端、おねーさんの運転する車が怖そうなオニーさんの乗った車に追突してました。
どうなっちゃったのかドキドキです。

撮影地に行く前に、取敢えず定番スポットの陸橋で俯瞰撮影。
a-938A8253.jpg
先程の12系が組み込まれた編成が入庫して行くところでした。

a-938A8332.jpg
クルンテープ駅に進入する客車列車。
時刻表に乗っている列車以外にも配給や回送が多く設定されていますので数はこなせるのが有りがたい所です。

a-938A8389.jpg
ディーゼル列車の到着。
そういえば、これと同じ車両を使っているメイクロン線の車両が随分と派手な塗装に変わっていてビックリ。
路盤改良を機に本腰を入れて観光客アピールするのでしょうか?
個人的にはタイ国鉄にしては珍しく、センス無い塗装だと思っていますが(笑)

a-938A8440.jpg
ASR型が走り去るのを眺めていたら単機との離合シーンを見る事が出来ました。
その他にも色々撮ったし残り時間も少ないので「撮影地に移動するよ」とY氏に声を何度か掛けましたが
全くこちらには顔を向けず移動もしないので、結局撮影は諦めて駅に戻る事に。

a-938A8465.jpg
まだ、タイカレーを食べていなかったのでタイカレーに決定。
前回の辛さが蘇って来たので売店でお茶を買って食べましたが、西武の神様は飲み物を買わないので
「大丈夫か?」と尋ねましたが、余裕だと言われたので「さすがだぜ!」と眺めていましたが
食べ始めたらスグにお茶を買いに行ってましたw

a-938A8469.jpg
ホテルに預けてある荷物を撮り行こうとすると丁度、新型寝台客車が到着していました。
中々快適そうなアコモですので一度乗ってチェンマイにでも行ってみたいです。

ホテルで荷物を回収してMRT経由でエアポートレイルリンクに乗って空港に行こうとすると
「タクシーでしょ」と言われてションボリ。
結局、なかなか捕まらないタクシーを探してウロウロしていたので列車でも良かったのに…と恨み節w
a-938A8479.jpg
空港に到着。
残ったお金でお土産買って無一文になって飛行機乗れば現実世界が待っています。悲しいなぁ。

空港内のファミマ。
a-938A8484.jpg
もう「明後日は仕事だよ」と無言で圧迫してくる陳列棚w

a-938A8487.jpg
オデンも色々と売っていましたがタイで売れるんですかねぇ?
物は試しに…と食べてみれば良かったです。

それにしても、アナーキー氏と連絡が付きません。
LINEは既読が付かないそうなので、置いてっちゃえば?と提案しますがスルーされちゃいますw

早く中に入って買い物したいんだけどなぁ・・・
a-938A8500.jpg
こんな感じで彼を待ちます。

a-938A8502.jpg
今来たら、彼をこんな感じにしてやりたい…・と思っていた頃ようやくやって来ました。

出国審査で並んだ列が大外れで更にイライラが募ります。
超絶、やる気の無い係員が嫌々審査していますw

隣のレーンも似た様な感じでしたが途中で係員が代わったのですが、その係員が超ハイテンションで
一気に列が進んでいました(笑)あぁ悔しい~

中に入ると、もう搭乗開始しているとかで満足に買い物をする時間が無く残念でした。
しかも搭乗スポットが一番遠い所でヒーヒー言いながら歩く事に・・・

ようやく搭乗スポットに到着するとアナーキー氏が「パスポートが無い!」
先程、免税店で何か買った時に回収を忘れた様で「取って来ます!」
あの距離をこれから取りに行くのかと思うと・・・・

我々はどうする事も出来ないので機内で待ちます。
なんとか無事に戻って来ましたが、彼のタイ嫌いは更に増したようです。
a-938A8509.jpg
羽田までは久しぶりのB747です。
今回の目玉の一つだったりするのですが、最初の頃は気流が悪いのか随分と揺れました。
「ジャンボで優雅に帰ろうぜ」と言っていた割にはトホホな展開で最後までピリッとしませんねぇ・・・

a-938A8521.jpg
揺れの合間に機内食配布。
先程、カレー食べたばかりなのにカレーです(笑)勿論、そんなに辛くありませんから売店に駆け込まなくても大丈夫です。

a-938A8524.jpg
ドリアンのアイス。「要らない」と断っている方も結構いました。
B747に乗るのもこれが最後かもしれませんねぇ。

a-938A8525.jpg
気流の関係か予定より少し早く到着~
翌日の朝はもう朝練で客車を撮る事も出来ないし、屋台で御飯を食べる事も出来ません。
悲しいなぁ。日本だとタクシーにも乗れませんし(笑)

a-938A8531.jpg
駆け足でミャンマー、インドネシア、タイの3ヶ国で鉄とバスにまみれて帰って来ました。
初海外のMIO氏に約束した「3ヶ国で客車に乗る」等の約束を果たせて良かったです。
当人も「御飯が何処の国も美味しかったので良かった」と合格点を頂いたのでホッとしています。

これもミャンマーの落花生様。、インドネシアのパクアン急行様とアダムっち様、
タイに来てくれた祟り氏のお陰だと心から感謝しております。

翌朝は富士山バックの写真を撮りに行く気でしたが、朝起きると寒さがズドンと来たので止めました(笑)
暖かい方に慣れるのはスグ出来ますが、寒い方はきついです。

スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

どんぶり勘定男がトンブリに行く・・・・の巻

さて、この旅行もいよいよ最終日の31日となりました。
お昼過ぎの飛行機に乗って帰るだけです。
a-938A7652.jpg
私は朝鉄するのでチェックアウト。まだ日が出ていません(笑)
ホテルの前からタクシーに乗ってワット・ポーの近くを目指します。


a-938A7659.jpg
随分と人が歩いているなぁ・・・・と思っていたのですが明るくなるにつれ、それが王宮に続く列だと判りビックリ。
2016年10月14日から2017年10月13日まではタイ王国は喪に服しており、公務員等は1年間喪服の着用が義務付けられていますし、民間人も喪服またはそれに準じた服装が求められていました。
しかしながらタイ王国は観光が重要な収入源であるため、民間の喪は2016年11月13日で明け
現在市内は通常に戻りつつありますが、ありとあらゆる所に国王を悼むための祭壇が設けてありました。

私も一応、モノトーンの服を持って行ったのですが市内は平常化していた為、大丈夫だろうと
当日は黄色いバティック来ちゃって撃沈でした。 反省しきり。

本当に大勢の方が弔問に訪れていましたが、あれが毎日続く訳ですから如何に心から国民に愛されていたと言う事が判りました。

そんな訳でコソコソと船着き場に向かい、今日もまた船に乗りますよ~。
a-938A7679.jpg
今日はエクスプレスボートでは無く、対岸への渡し船に乗ります。


a-938A7681.jpg
我々に色々と親切に教えて頂いたお坊さん。
ありがとうございました。


a-938A7685.jpg
対岸から出発した同型船とすれ違います。
川幅の広いチャオプラヤ川ではこの様な渡船が一杯有ります。
また、市民の足ですのでエクスプレスボートと違い、ユッタリマッタリの時間が過ごせます。


a-938A7718.jpg
対岸に渡り、まずは保存されているSLを見に行きます。


a-938A7726.jpg
D51に良く似ていますが、これは日本がタイへの戦後賠償としてタイ向けに設計され製作した車両で日本のD51とサイズが若干違います。

さて、お次はいよいよタイ国鉄に最終乗車です。
近くあるトンブリ駅からクルンテープ駅まで列車で行くと言う、タイ人は絶対乗らないルートです(笑)

a-938A7838.jpg
このトンブリ駅は”戦場にかける橋”で有名なカンチャナブリーに行く列車が出る為、観光客には有名ですが、それ以外は本数も少なくひっそりとした風情のある駅です。


a-938A7787.jpg
機関区には数両の蒸気機関車がいるのを発見!こりゃラッキーと大興奮。反対側に渡り賞味。
タイでは年に数回、客車を牽引して走りますので次回は是非とも走る姿を見てみたいです。


a-938A7825.jpg
もうすぐ、列車が出発の時間…・と言うのに欲をかいて撮影していたら、機関区からDLを5両つなげて入換えを始めました。
実は来た時から1、2両を引っ張っては入換えをしていたので、特に気にもしていなかったのですが

最後の最後に全部つなげて出て来た挙句、一番後ろにはエンジン剥き出しの車両が・・・・
a-938A7811.jpg
しかも、この時に限って長い事停車しています。
あ・・・列車発車まで5分を切りました。マズいです。

乗りおくれちゃう~・・・とドキドキしていると、ようやくユックリと動き出しましたので、慌てて駅まで走ります。
なんとか間に合って乗車するとスグに発車!いやぁ、あぶなかった~!

この列車でタリンチャン(Taling Chan Junction)まで行きます。15分程度の乗車です。

a-938A7893.jpg
タリンチャン駅でクルンテープ駅行きに乗り換えると言うルートですが、タリンチャン駅とバンス―駅間の
列車が大変少ないので、一回乗ってみたかったのです。
駅に着くと、なにやら制御盤やら閉塞承認にでも使うような機械が一杯コンコースに置いてありました。

現在、この区間は高架のMRTレッドラインが建設中で、乗換駅となるタリンチャン駅は国鉄側も
立派なホームが出来ておりました(未使用)

a-938A7900.jpg
ホームへ行く地下通路もまだ使用開始前でした。

駅でクルンテープまでの乗車券を買っていると丁度朝の8時となりました。
職員が全員出て来て祭壇前に整列。国歌が流れている間は他の乗客も起立していますので
私も立って国家を聞いていました。

意外?な事にクルンテープ行きの列車は殆ど定時でやって来ました。
a-938A7897.jpg
駅員さんの足元にある白いコンクリが現在のホーム。
なので、ホーム上で列車を待つなんて出来ません(笑)
後ろには新ホームが写っていますが、随分と高床化されており客車とのマッチングが気になります。

到着した列車に乗り込み、クルンテープまでのミニトリップ。

a-938A7930.jpg
バンス―駅手前で北本線と合流し、レッドライン等の建設中の高架線をくぐります・・・って言うか凄い光景ですねぇ。
新バンス―駅も完成時は国鉄線、MRT、エアポートリンクを含めると24番線という数になるのだそうで、完成したら見に行きたいです(笑)


a-938A7957.jpg
バンス―駅手前で停止信号。
近くのボックスに座っていた行商?のおじさんが、「ココで降りるから荷物を窓から出してくれ」と
車内の人に言って車外に降りた瞬間、列車が発車。
車内大爆笑でした。

動き出した列車はバンス―駅に到着。
ホームに入ると、なんと先程のおじちゃんが待っていました。

a-938A7995.jpg
周囲の乗客が窓から荷物を降ろして、数を確認するおじちゃん。
後から後からドンドン荷物が出て来て驚きましたが、それ以前におじちゃんどうやって列車の先回りしたのでしょうか?
列車はそこそこの速度で走ったのですが・・・・謎です。

良いマジックを見た後、発車。
列車はいよいよクルンテープの悪魔に捕まります。
都市部では踏切では車が優先さるのでいちいち止まります。
今までの快調さが嘘の様なノロノロ列車となります。


a-938A8007.jpg
暇なので車内をウロウロ。
食堂車の営業は終了していましたが、おねーさんのノリが最高でした。ううむ、是非ここで御飯を食べて見たかったです。


a-938A8101.jpg
ノロノロと走っていると前方からなにやらやって来るので見ていると・・・・・
いやぁ、ビックリしちゃいました。
ミャンマーでも見た事が有りますが、タイの都市部で見るとは思いませんでしたw


a-938A8122.jpg
クルンテープの場内でも15分ぐらい止まっていたので降りて歩いちゃおうかと思った瞬間、動き出しました。
バンスー駅とクルンテープ駅の間に1時間以上も掛かりましたよ・・・

a-938A8191.jpg
ようやく終着クルンテープ駅に到着。
Y氏に「(列車の)走りの写真撮りたいか?」と聞くと撮りたいと言うので、先ほど止まっていた場所辺りに行きます(笑)

(つづく)

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

船に詰め込まれて鍋。

パープルラインに「初乗り」した後はタイスキを食べに行きます。

バス路線と交差している駅で降りてやって来たバスに乗車し、車掌さんに「船着き場に一番近い停留所で降ろして下さい」
親切に教えて頂き感謝です。

さぁ、船に乗るぞ!とルンルン気分で歩いて行くと丁度、犬の縄張り争いに巻き込まれました。
a-938A7332.jpg
ガチ喧嘩で怖かったです。
鳩の方が動じていなかったですw

着いた船着き場はN23 ワット・ソイ・トン( Wat Soi Thong)
ココからエクスプレスボートで下ります。ここをプランに入れないと今回は船に乗れないので
絶対に外せないルートです。
船に乗れるだけでなく、チャオプラヤ川沿いを移動する場合は渋滞しらずの便利なルートなんですよ。
N23は各駅船しか止まらない乗り場なのですが、夕方からはオレンジフラッグの急行も止まると知り
ラッキーと思っていましたが、要は急行船がほぼベタ止めになっちゃう感じでした(笑)

a-938A7344.jpg
やって来た急行船。
色々悩んでいたら隣に居たオバさんが「これで行くのが一番早い」と教えてくれました。あざます。
満員でしたので、後ろの方に立とうと思ったら偉い剣幕で「奥に行け!」と詰め込まれましたよ。
これからもっと混むんだから詰めておけ・・・ちゅう感じです。実際混みました。

a-938A7349.jpg
まだ空いていた方です。この後ガンガン乗って来て身動き取れなくなりました。
写真に写る白いブラウスを着た女性が車掌さん。おっかない人でしたw

怒られながら切符買ってクルージング・・・・・ぎゅう詰めですが。
a-938A7372.jpg
写真って良いですよね。あんなに激混みだったのが全然伝わって来ませんもんね~(笑)

それでもいくつもの停留場に停まりながら川を下って行く光景は良い物ですね。
船に罪は有りません(笑)

a-938A7383.jpg
ワット・アルンです。数年を掛けて改修工事をしている最中です。
夜のライトアップを見に行く予定です。楽しみ~

a-938A7424.jpg
航路随一の名所「ラマ1世記念橋(Memorial Bridge)」です。
巨大なこの橋は隅田川に架かる勝鬨橋同様に跳開橋なんだそうです。

a-938A7433.jpg
混んではいますが、行き交う船や寺院、高層ビル群を眺められましたので乗って良かったです。
激混みですが。

a-938A7470.jpg
警察の船はグレーでしたので、別の役所の船なんでしょうね。


a-938A7493.jpg
橋を渡るBTS(バンコク・スカイトレイン)
アレに乗りたいので、目的地までもうちょっとです。

一時間程掛かってサートン( Sathorn)に到着~

ここでBTSに乗り換えるのですが、少し寄り道したいとお願い。
「祟り氏と待ち合わせ時間に遅れたらどうするんですか?」とアナーキー氏に言われましたが
まだ余裕が有るので大丈夫です。
「早く待ち合わせ場所に行きましょうよ」と言われましたがブッチですw

行った場所はワットヤンナワーと言う寺院です。
a-938A7528.jpg
チャオプラヤー川を遡上するヨーロッパ諸国の大型船団を前にして、
シャム国船舶界の将来に危惧を抱いたラーマ3世が、消えゆくであろうジャンク船への墓標として建立したそうです。

a-938A7548.jpg
丁度、春節のお祭りなのか屋台が周囲に一杯出ていて全景を撮ることが出来ず
またまた宿題となってしまいました。

祟り氏にスグに会いに行かないので御機嫌ナナメのアナーキー氏に礼を言って駅に向かいます。
a-938A7560.jpg
今回は赤バスに乗れず残念でした。

船乗り場と直結しているBTSのサパーンタークシン駅。
a-938A7573.jpg
ホームに上がると丁度、陽が落ちる所でした。  と書くと情緒的ですがホームは激混みです。
写真でも解りますが、この駅の手前で単線になってしまうので狭いホームは人で溢れています。
元はこの駅が終点だった為にこのような構造なのですが、路線が延長された現在この駅だけが
単線で残されてしまった為です。

この駅、実は廃止予定で複線化工事と並行して一駅手前のスラサック駅から当駅まで歩道が整備されることになっています。
エクスプレスボートとの乗り換えで1日中賑わい、駅構内にもお店が有るのに不思議な感じです。

a-938A7577.jpg
激混みのBTSに乗って待ち合わせの駅に到着~
向かって左側が開通当時のポルシェデザインの車両、右側が最近導入された中国の長春軌道客車製の車両です。

改札前で祟り氏と合流。時間ピッタリです。
祟り氏に「寝られた?」と尋ねると「6人で一部屋のゲストハウスに泊ったんですけど
寝ようと思ったら同室のベトナム人が入って来たので話していて結局寝なかった」
いいなぁ。ベトナム人連れて来れば良かったのに~

さっそくタイスキのお店にGO!
a-938A7581.jpg
タイスキのお店は色々ありますが、祟り氏は「MKが一番おいしい」との事でMKにしました。
お店は家族連れや学生さんで賑わっています。

定番の具やタイっぽいのを頼んで鍋に投入~
a-938A7593.jpg
ビールを頼む時「シンハー6本!」と注文すると店員さんが
「グラスは?」
「6個」
「ビールは何本ですか?」
「だから6本」
「お客様は6人ですよ?」
「だから6本」
「・・・・・・・・・」

大夫呆れられたので、6本持って来た店員さんに「追加で2本」とオーダーしたらウケていましたw

a-938A7603.jpg
旅行の〆の鍋パーティー。
祟り氏のお勧めだけあって美味しかったです。
肉は牛より豚の方が美味しかったですよ。

a-938A7617.jpg
タイスキの〆も麵です。
定番のモロヘイヤ麺を注文して投下!大満足のタイスキでした。

ホテルに帰ったアナーキー氏を除いた5人でワット・アルンのライトアップを観に行こうと出発。
タクシー捕まえて「ふぁいぶぱーそん・おーけー?」

a-938A7631.jpg
ワット・ポー付近で降りると良い感じのライトアップが。
こりゃぁ、ワットアルンも期待大ですよ。

川岸に出てワット・アルンを見ると見事に!

・・・・電気が消えてる…・orz

あれ?なんでぇ?
この為にわざわざ日本から簡易三脚を持って来たのに・・・・
改修工事中でもライトアップされている画を一杯見たので大丈夫だと思ったのですが・・・・
つくづく運の無い今回の旅行ですw

a-938A7643.jpg
悔しいので船撮って終了~。

突然お腹が痛くなったのでタクシー拾ってホテルまで帰りましたとさ。とほほほほ。

パープルライン~♪パープルライン~♪

素晴らしいタイにふっふっふ~♪ ・・・・・・古すぎで誰も付いて来ませんね(反省)

楽しかった美味しかった・・・のジャカルタも今日でお別れ・・・・の30日。

朝5時半にはタクシーに乗りましょうとチェックアウト。
まだ白タク部隊も起きていないらしく、お約束のお誘いも無かったのでホテル前に居るタクシーを捕まえます。
ブルーバードもどきが1台居るのですが、運転手さんは車内で爆睡。
窓叩いても起きないので通りで拾うか…・と思っていたらフロントの人が起こしてくれました。

寝ぼけ眼(まなこ)の運ちゃんに「もう1台拾うから」と言うと「全員乗ればいいじゃん」
またしても「ラキラキ・リマ」で発進!しかもトランクに入りきらない荷物を客室内に外から押し込む強引さです。
早朝の高速道路はさすがに空いているので、あっという間に空港に到着。
料金は行きの半分でしたので、MIO氏がようやく私が怒っていた訳が判ったようです(笑)

さっさとチェックインして久々のターミナル2利用。
まだ6時前と言う事で開いているお店も少ないのでウロウロ探します。
a-938A6912.jpg

良く見た事あるお店。最初寝ぼけているのかと思っちゃいました(笑)
インドネシアでは20店舗程が展開しているようです。へー。

食べませんでしたが。

コンビニでサンドイッチとホットコーヒー買って、割と満足なモーニング。
あっという間に搭乗時間となりました。
a-938A6920.jpg
強い雨が叩きつける中、テイクオフ。
さよならジャカルタ。ありがとうアダムっち。
パクアン急行様には随分と御迷惑をお掛け致しました~

飛行時間は3時間半と聞いていましたが10分ぐらいで着いちゃいました。
飛んだと思ったら「着きましたよ」と言われたのですから本当です(笑)
機内でいつも「今日のホットミールは何じゃ?」と聞く私が聞いていないんですからw

睡眠不足もすっきり解消・・・・と思ったら西武の神様は一睡も出来なかった様です。
a-938A6928.jpg
お~、なんぞ派手な機体がおるのう♪

そんな訳でタイのドンムアン国際空港に戻って来ました。
a-938A6966.jpg
お隣に”ニモ”っぽい奴が。
さて、到着したドンムアン空港、ちょっと忙しいです。
到着予定時刻が1045ですが、私はドンムアン駅を11時19分に出る列車に乗りたいのです(笑)
国際線なのになんちゅうスケジュールなんでしょうね。
次の列車だと2時間近くも空いてしまうので仕方ありません。

もっとも乗り遅れたらバスでもタクシーでも構いませんが、MIO氏を誘う時に
「3ヶ国の客車列車に乗せる」と言い切ってしまったので、是非ここで間にあって欲しいものです。

予定より10分早く到着した搭乗機。行きに1時間半遅れたのを許してあげますw
スワンナブームに比べればコンパクトなドンムアン。イミグレもさっさと通過出来、バゲッジもスグに出て来たので余裕で間に合いそうです。

出口から駅に行く通路に向かって歩こうと思った瞬間「どうも~!」と呼ぶ声が。
見ると祟り氏がいました。
ジャカルタではずっと御機嫌ナナメだったアナーキー氏が飼い主見つけた犬宜しく笑顔で駆け寄ります。
あぁ、そんな表情出来たんだね・・・・おぢちゃん忘れてたよ…・

今回のプランニングをした時にミャンマーでは落花生。様、ジャカルタではパクアン急行様と
お会い出来ましたが、タイには知人がいません。
丁度、祟り氏が「タイスキ食べたい。あれ美味いっすよ」と言っていたので「30日にバンコクに来たら
タイスキ奢ってやる」と言っておいたのですが、本当に来てくれました(笑)
「今朝着いたANAで来たんですよ~」通路挟んで反対側に座っていたビジネスマンがずっとブツブツ言いながら酒を飲み続けた挙句に
朝食を配っている最中にマーライオンになったそうで、一睡も出来なかったとボヤいてました(笑)

空港から大きな道路を越える通路を歩くと途中で通路が平行状態で2本に分かれます。
今まで歩いていた通路と同じアコモの通路(向かって左側)では無く、右側の明らかに安普請な方に行くとドンムアン駅に到着します。
a-938A6988.jpg
国際空港に沿って走る高速道路や大きな道路に並んであるドンムアン駅。
味わい深いですが、始めて来たらビックリするんでしょうね(笑)

今度は列車もほぼ定時に到着。
乗り込んで短い間ですが客車列車の旅を楽しみます。
a-938A7034.jpg
バンスー駅近くに留置された機関車の廃車体。 走っているのを見たかったですねぇ。

a-938A7074.jpg
その先の機関区には年代物の客車がいました。

a-938A7086.jpg
小田急バス?(笑)

あっと言う間にクルンテープ駅に到着。
a-938A7106.jpg
窓無しの荷物車もいるんですねぇ。

a-938A7119.jpg
客車区の真ん中を通過。両側にズラリと客車が並ぶシーンは堪りません。

a-938A7150.jpg
クルンテープ駅に到着~♪
取敢えず、荷物が邪魔なのでホテルに行きます。

最後なのでネタなホテルにしようと「味のある」ホテルを予約したので狭い路地を歩いて向かいます。
到着すると、怪しげなオーラを発するフロントが。こりゃ怪しくって最高だ~!とワクテカしながら
予約表を見せると「これ、ウチじゃない」
え??と聞くと近くにある似た名前のホテルを取っちゃっていました。
あれ~?何処で間違えたんだろう??

親切に教えてくれたオバさんにお礼を言って、「予約していた方」のホテルに行くと、随分と立派なホテルでしたw
a-938A7161.jpg
フロントからクルンテープ駅が綺麗に見えました。

MIO氏も先程の怪しいオーラが出ていたホテルが気になっていた様で申し訳ない(笑)
まぁ、逆にココを予約したつもりで向うの予約だったらションボリさせちゃうので、不幸中の幸いですね。
チェックインタイムまで、まだ早かったので荷物だけ預かって頂き、お昼御飯に行きます。
アナーキー氏がタイ飯が嫌だと言うので、予め会社でリサーチしておいた麺の店に行きます。

ホテルから15分ぐらい歩いて到着。
聞いていた通りのハイテンションなおじさんが「オイシーヨ!タベテッテー!」
昼食時ですので開いている所に散り散りとなりましたが、私は麺が置いてあった場所を空けてくれました(笑)

「バミヘーン、6つ!」と注文するとおじさん、私の肩をバンバン叩いて喜んでいましたよ。
なんか変な事言っちゃったのかと思っていましたが無事に出て来ました。
a-938A7178.jpg
汁付のバミー・ナームと汁無しのバミー・ヘーンが有りますが、量が多いので汁付はは止めておけと行った方に言われたので、お勧めに従ってバミー・ヘーンにしておきましたが美味でした。
これで115円ぐらいです。最高。
a-938A7185.jpg
ハイテンションな接客と安くて美味しいバミーで大人気のお店でした。
お店を出る頃は結構な行列が出来ていました。また行きたいです。

食べた後は相変わらず電車に乗りに行きますが、興味の無い祟り氏は飛行機で一睡も出来なかったので
宿に戻って昼寝したいと言う事で、待ち合わせの場所を決めてお別れ。

春節と地下鉄工事で歩けないぐらいの人人人。
a-938A7200.jpg
バナナが美味しそうでしたがお腹一杯なのでスルー。ちょっと後悔。

暑さと人混みで、こりゃ敵わん!とタクシー拾って移動します。「ふぁいぶぱーそん・おーけー?」
もう5人乗りがデフォになりました(笑)
最初の1台は断られましたが、次の運転手は300バーツならOKと言われましたので決定。
メーターよりちょっと高いですが、2台で行くより安いです。


タクシーで行ったのはタオ・プーン駅。
2016年8月に開通したばかりのMRT「パープルライン」に乗車します。
MRTなので、行きにタイに寄った時にトップアップしておいたMRTのカードが使えるのかと思ったら
ココは新線だから別の専用カードを購入して下さいと言われブチッ!
ほんと、タイの交通機関はユーザーフレンドリーさが全く無いです。ぷんぷん!
a-938A7223_201702122209209de.jpg
電車に乗って出発。

a-938A7239.jpg
噂に聞いていましたが本当にガラガラです。
タオ・プーン駅で接続予定のMRブルーラインは今だ工事中ですし、国鉄と交差するバンソン駅は
肝心の国鉄の列車が殆ど無い為、実質的に「離れ小島」状態となっています。
その為、需要予測より乗車人数が大きく下回り、運賃を値下げしたりと苦戦しています。

a-938A7288.jpg
このパープルラインの最大の特徴は軌道、車両、保守が日本の企業の手によって賄われていることで
乗車した車両も総合車両製作所(J-TREC)で製造された物です。

a-938A7258.jpg
40分ほど乗車して終点クロンバンファイ駅に到着。
人影の無い駅の改札を通過してUターン(笑)
時間が無いのでサッサと戻ります。

a-938A7263.jpg
構内にはバンコクMRTに乗ると良く目に付く銘版がココにも貼ってありました。

a-938A7283.jpg
引き上げ線からホームに入線して来たパープルラインの車両。
右側に見える車両は併設された車庫にいる編成です。

一応、沿線で写せそうな場所を調べて行ったのですが時間が無くなったのでホーム撮りで終了。
a-938A7296.jpg
リベンジしに行きたいです。誰か行きませんか?バミー・ヘーン奢りますよw

さぁ、いよいよタイスキ食べに行きます!
(つづく)

テーマ : 鉄道写真    ジャンル : 写真

さよならですタイ

「こっぷんかー しょの10」

朝4時半に目覚ましが鳴って起床。顔洗って荷物をチェックして西武の神様を見るとまだ熟睡しています。

前日は激しく間違えて朝の3時に起こす「大惨事」事件を起こしてしまったので自分に自信が有りませんw
しばらく時計見たりしましたが大丈夫!やはり5時を過ぎています。
7時55分の飛行機に乗るのですからちょっとヤバいですねぇ。

時計の5時を過ぎたのと、携帯が(日本時間の)7時を過ぎているのを確認して声を掛けます。
「もう、5時過ぎてるよ?」
目を覚ました西武の神様「いや、シャワー浴びているんで・・」ダメだ寝ぼけてる…
飛行機出ちゃうよ…と言うとガバっと起き上がって慌てて着替え始めましたよw

しかし、肝心の鍋ちゃんが起きて来ませんw
着替えが終わった西武の神様が声を掛けると、やっと起きて来ました。
慌てず騒がず用意するダンディーな彼の準備が終わってチェックアウト。

通りがかりのタクシー捕まえて空港へ急ぎます。
a-IMG_0708_2016050322284238b.jpg
まだ暗いバンコクの街を空港に向けて走るタクシー
「バンコクは早朝、結構空港が混むんですよ」と言われての行動でしたが、道もチェックインカウンターも空いていて助かりました。

a-IMG_0712_201605032228452ed.jpg
ちょっと時間が出来たので展望デッキに行きましょう・・・と朝練。

残念ながら展望デッキは見通しが悪くマニ活が出来ずに撃沈。
帰ろうと思うと顔が赤い飛行機がやって来ました。一瞬、遠目にノックエアかと思ったのですが
鳥の顔では有りません(そもそも、空港が違います)

a-IMG_0729_20160503222846a40.jpg
お~、初めて見た「ノルウェー・エアシャトル」ですよ。尾翼に人物の絵が描いてあります。
逆襲のシャアみたいな顔なんで「軍人さんかねぇ?」と言っていましたが
写真をよく見るとジャージを着てますね(笑)軍服では無かったです。誰なんでしょ?

a-IMG_0735.jpg
オマーンエアも顔が見たかったな・・・・と。

さて、飛行機に乗るですよ。眠いですよ。
a-IMG_0748_201605032228485fe.jpg
乗り場は遠かったですよ・・・・

しかも、ゲートに到着するとランプバス使用でした。
なんでぇい!ボーディグブリッジじゃ無いんだ~・・・とブーたれていましたが
a-IMG_0761.jpg
お~!

a-IMG_0767.jpg
うひょう!

a-IMG_0772_20160503222905bd2.jpg
たまら~んち!

結局、普通に橋から乗るより興奮しちゃいました。
バスで良かったです!(←単純

a-IMG_0775_20160503222908780.jpg
もう一機、別のノルウェー・エアシャトルが居ました。
結構、本数が有るようですね。
それにしても787が多かったのにはビックリ。この間まで電池が爆発していた気がしますが
世の中増えているんですねぇ~。

結構走って、ようやく機体の前に着きました。
a-IMG_0816.jpg
隣の機体もスペマでうはうはです。

バス2台で到着しましたが、それで終わりの様です。
乗り込むと直ぐに転がり始めました。
a-IMG_0823.jpg
実は、自分たちが最初に取った便が欠航となり、この早朝便に変更したのですが、機内はこんな感じでした(笑)
お陰様でのんびりとした時間を過ごすことが出来ました。

ウトウトしていると肩をブンブン揺すられて箱を渡されました。
a-IMG_0851_2016050322315196e.jpg
ビックリして受け取ると朝食でしたw
美味しゅうございます。

食べ終わり、コーヒーを飲んでいるとシートベルトのサインが点灯。
a-IMG_0888.jpg
あっという間に到着~!

a-IMG_0912.jpg
このバスって、何処のバスですかね?>求、識者

いや~、タイ楽しかったな~
a-IMG_0929_201605032231554e0.jpg
いつも見慣れた西武バスを見てホッとします。あれ?

a-IMG_0933_2016050322321044c.jpg
エア・カンボーザですって。初めて見るキャリアに興奮。

a-IMG_0944_20160503223212059.jpg
力尽きた機体もいました。

2007年に供用された新ターミナル
a-IMG_0949.jpg
ちょっと懐かしい感じのするターミナルでした。

空港からタクシーに乗って出発すると
a-IMG_0955.jpg
あれ?大阪に来ちゃった。さっきまで西武沿線だと思っていたのですがw

ホテルに到着。
a-IMG_0959.jpg
てーことは、この辺が梅田なんですかね?w

撮り鉄もしました~

「こっぷんかー しょの9」

ウォンウィエンヤイ駅に到着。タイに来てからまだ鉄写真を撮っていませんので
昨日乗った列車でも撮らない?と提案。車内から見掛けた良さげな場所に行こうと言う事になり
タクシーで・・・と提案しますがまた却下。

駅からバスに乗って一旦クルンテープ駅を目指します。
c001-IMG_9902.jpg
チャオプラヤー川の雄大な光景。エクスプレスボートにも乗りたかったな。

クルンテープ駅に到着。
c002-IMG_9920.jpg
乗って来たバス。ピンクですw

到着すると、前日アユタヤから戻って来たぐらいの時間。
これならば私らがバンスー駅まで乗った列車が撮れるな…と思っていたら
何故か鍋ちゃんは切符を買って列車に乗ろうとしているので「列車に乗ったら撮れないぞ」
バスでも何でもいいので先行しなきゃ列車は撮れませんよ。

結局、バスに乗ってチェックしていたポイントへ。「駅で貰った時刻表だと小一時間、クルンテープに
到着する列車は無いですねぇ」
いや?昨日乗った列車がバンスーに着くまでに3,4本と離合したから何か来るはずだよ…・と言っても
時刻表には随分と空く時間になっていますよ・・・と言われちゃいました。

チェックしていたポイントに到着。運転手さんが「本当にココで良いの?」と不思議そうな顔(笑)

線路っ端で待つと直ぐに下り列車が来ました。
c003-IMG_9942.jpg
おおっ!重連だ重連だ。ラッキー!

c004-IMG_9982.jpg
立て続けに下り列車が来ました。

c005-IMG_9999.jpg
ほら、あるじゃん!

c-IMG_0123.jpg
その後も上り列車が続々来ます。

c-IMG_0208.jpg
鉄キチをナメんなよ(笑)ちゃんと見ていたんだからw(内心ホッとしてました)
どうも回送らしく、人が乗っていませんでした。

c-IMG_0259.jpg
SX客車の編成。前後に在来客車を連結する事によりトイレを確保しています。


おっ、気動車が来ました。
c-IMG_0303.jpg
結局、タイで一番乗った車種ですw

c-IMG_0398.jpg
多分、前日に我々が乗ったと思われる列車。また乗りたい。

c-IMG_0445.jpg
そろそろ影も掛かる様になって来ましたので帰りましょうか…


c-IMG_0471.jpg
タイ都市部は、この様に自動車優先です。
その為、バンスー駅を高架化の上、ターミナル機能を移す様です。


c-IMG_0493.jpg
結構、効率よく色々撮れたので満足です。


c-IMG_0542.jpg
12系組み込みの編成が来ました。


影が落ちたので終了。タクシーを拾ってクルンテープ駅に戻ります。
c-IMG_0548.jpg
駅近くで警察装甲列車を見掛けたので見に行ってみましたがフェンスが凶悪で撮れませんでした。
子供公園と書かれていたので昼間来れば公園内から撮れたのかな?残念~!

そう言えば、まだ一度も駅舎を見ていなかったので広場から見てみます。
c-IMG_0586.jpg
見事な外観の駅舎ですねぇ。羨ましい~

c-IMG_0578.jpg
構内に入ると丁度18時で国家が流れました。
流れている間は全員で起立します。
観光客も座り込んでいると指摘されると聞きましたが、駅では特にそういう事も有りませんでした。勿論、私は立ち止まっていましたよ。

朝8時にも流れるんだそうですが、昨日は聞いていなかったな~・・・と考えると地下鉄の中。
今朝はロット・トゥーの車内でしたw

構内のフードコートに再び。
c-IMG_0596.jpg
鍋ちゃんが美味しかったと言っていたカレーにしました。タイカレー美味しゅうございました。
辛いのが良いですね。もう汗かいてもホテルに戻るだけなので気にしません。

食べ終わって地下鉄乗る前に、今日の13列車を見に行こうと構内へ。
c-IMG_0598.jpg
前日は一等寝台がステンレス客車だったのですが、今日はブルトレの元オロネ25-300 が
連結されて見事な編成美でした。

個室内のコンソールスイッチも昔のままでした。暖房はOFF。
c-IMG_0617.jpg
このオロネ25は非常に人気が高く、予約を取るのが大変なんだそうです。
現役時代にオロネ25には乗った事が無いのでタイで乗ってみたいです(笑)


c-IMG_0677.jpg
2等寝台もB寝台のままでした。
発車後、ハイケンスのセレナーデは流れるんですかね?(笑)

これにてタイの鉄活動終了♪
翌日は早い時間の飛行機に乗るので、また5時起きですよw

勿論、船にも乗ります。

「こっぷんかー しょの8」

さて、列車が戻って来る時間となりましたので駅近くに移動します。
b-IMG_9549.jpg
掛員さんが踏切を閉めると観光客が寄って来て”踏切内”は大混雑(笑)

タイフォン鳴らしながら列車が接近
b-IMG_9589.jpg
どの辺が青なんだか解らない程に軌道内を人が歩く中、列車は躊躇せず駅に入って来ました。

ホームには大勢の乗客が待ちますが先頭車に集中していますので、私は最後尾に乗車。
到着時、開いている窓から荷物を入れて場所取りしている○国人っぽいグループがいたので
「ったく、○国人はしょーがねーなー」と話していたら日本人グループでした。
○国人の皆様、心からお詫びいたします。さーせん。

もっとも、場所取っていたのはグループを引率していたガイドさんだったのですが。

b-IMG_9632.jpg
定刻通りに列車は発車。軌道更新のお陰で到着も出発も定時です。
テントの先端が列車をかすめる中、市場を通過。

カーブを抜けると、あとは直線基調の路線を快調に飛ばします。
運休前は脱線が多い為に速度を落としての運転となっていたため、1日3往復でしたが
現在は4往復ダイヤに戻っています。
b-IMG_9658.jpg
車窓に広がるのは広大な塩田の光景。その中を結構な速度で快走しますが揺れません。

途中に軌道更新の基地となっていたと思われるヤードが有りました。
b-IMG_9672.jpg
タイには日本から結構な数のマルタイが譲渡されている為、これもその1両かもしれませんね。

b-IMG_9681.jpg
保線貨車の牽引に使われていたのか、旧塗装のNKF型が居ました。
コレが編成の先頭に立っていれば最高だったのですが。

b-IMG_9698.jpg
撤去された古レールが積まれていました。
このヘロヘロ具合を味わいたかったので超残念です(笑)
現在は新線の様に快調ですよ。

途中駅に到着する為、速度を落としたところ、並んだ道を走るトラックから襲撃されました。
b-IMG_9709.jpg
その先に、ホースで水を掛けている人がしたので、西武の神様に「窓閉めて!」と言うと
「大丈夫。車内にはかけな・・・・・」言い終わらないウチに水を浴びていました。
全然、危機管理の出来ない人ですね(笑)ビショビショになった車内を清掃の係員が丁重に拭いてくれました。

b-IMG_9786.jpg
快調に走った列車は終点バーンレーム駅に到着。列車は再びメークロンに向けて出発していきました。

終点はここも川です。
そのターチン川を渡って対岸のマハーチャイ駅に行きます。
b-IMG_9772.jpg
大きな川ですので大型船も係留されています。

b-IMG_9776.jpg
駅の真ん前にコレが係留されている幸せぶり。
楽しい駅でした。

ここで渡船に乗って対岸に渡ります。
b-IMG_9812.jpg
街を歩いていたら、地元の方が「ボート!ボート!」と道を教えてくれました。
よっぽど迷っている風に見えたのでしょうね(笑)

運賃3バーツを払って乗船。
b-IMG_9823.jpg
両岸には、やはり旧正月なのか漁船がギッシリ係留されていました。

b-IMG_9836.jpg
対岸に到着~。接岸し終わる前に次々とバイクが飛び出していきます。


係留されている同型船。
b-IMG_9838.jpg
タイは水上運送が発達しているので船に乗るのは困らないのですが、鉄ルートに船を組み込める
このルートは最高です。

b-IMG_9841.jpg
対岸のマハーチャイ駅付近は先ほどと変わって賑やかな街でした。
色んなお店が並んでいるのを眺めながら駅を探します。

すげぇ、解りにくい所にありました。鉄の嗅覚で探し出しました(注:たまたま行き当たっただけです)
b-IMG_9847.jpg
国王と王妃の肖像画が飾られたマハーチャイ駅。列車がチラリと見えますね。

b-IMG_9861.jpg
マハーチャイ駅の構内。丁度出発しようとしている列車にエアコン車が連結されていたので
窓口で「エアコンエアコン!」言って切符を買いましたが、発車後、冷房料金を収受しに来たので
窓口では乗車券のみの発売の様です。全員が支払っていましたので駅では発券していない感じでした。

今まではメークロン側に比べて線路状況が良いと言われていた路線ですが、現在は逆に揺れる
路線を楽しむ事が出来ます(笑)

駅も多くあり、こまめに止まって行く印象でした。
b-IMG_9868.jpg
冷房車なので襲撃されても安心です(笑)隣の車両から悲鳴が上がっていましたw

b-IMG_9892.jpg
終点ウォンウィエンヤイ駅に到着。
列車はスグにマハーチャイ駅へ向けて折り返して行きました。

ホームの屋台で揚げ物を買いましたが、とても美味しかったのが一番の想い出です(笑)

復活!メークロン線!

「こっぷんかー しょの7」

タイ2日目です。
当日は戦勝記念塔に7時までには着きたいとの事で5時起きとなりました。
前日水を掛けられビールを浴びるほど呑んでグッスリ就寝。

ふと気が付くと5時です。やべっ!と慌てて着替えて顔を洗って西武の神様を見ると爆睡してます。
「5時過ぎてるよ!」と叩き起こすと「すみませんすみません」
慌てて用意していますが鍋ちゃんが起きて来ません。

さて、どうすんですかね?

ま、余裕あるプランを練ったので少々の寝坊なら大丈夫ですが20分過ぎても起きて来ません。
ボチボチ声を掛けるか…と思っていたところ、マンガみたいに目をこすりながら鍋ちゃんが起きて来ましたよ。
「どうしたんですか?2人とも早いですねぇ」と言うので「もう5時過ぎたぜ」と言うと
「いや、3時です。」

????と壁の時計を見ると確かに3時20分です。
そうです。私が時間を変更していなかった携帯の時計を見て時差の分を勘違いしてしまいましたw
「まだ2時間寝られるよ。良かったね」と西武の神様に言って私もベットに戻りました。

すっげぇ恥ずかしい&申し訳ねぇ!

ストンと眠りに落ちましたが結局5時のアラームで再び起床。儲かった気もしますw

a-IMG_9303.jpg
朝の街を歩いてバス停に行きます。
「タクシーで戦勝記念塔に行っても良いんぢゃね?」と提案しますがスルーされます。

結局、バス停が見つからずウロウロ。だからタクシーで良いって(以下省略)
地元の人に聞いた方が早いよ・・と言うと渋々訪ねていました。
結果、結構遠かったです。だからタクシー(以下省略)

a-IMG_9305.jpg
ラッキーな事にエアコンバスが来ました。立っている方が車掌さん。
行先言って切符を買います。

a-IMG_9318.jpg
戦勝記念塔に到着。ここで、メークロンまで行くロット・トゥーに乗ります。

バンコクはセブンイレブンがたくさんあります。
a-IMG_9323.jpg
ここに至ってはセブンとは思えない味のある店構えですw

a-IMG_9326.jpg
クマ茶ってなんですかね?クマを煎じて飲むんですかね?www

ここでメークロン行のチケットを不愛想なオバさんから買います。微笑みません。
a-IMG_9328.jpg
7時に出るからここで待っていろ・・・と言われた場所で待つと運転手さんが呼びに来てくれました。

ロット・トゥーとは1BOXに10人ぐらい詰め込んで走る乗り合いバスみたいな奴です。
目的地を告げると「メークロン市場は15時からだ。今はやっていない。行っても無駄だ」と言います。
いや、市場は目的では無いと告げても「あと、×××バーツを払えば水上マーケットで船に乗れるぞ」と食い下がって来ます。
いや、私らはメークロンに用事がある。市場は営業していなくても問題ない・・と言うと渋々発車。

高速に乗ると150kmぐらいでビュンビュン走ります。超怖いです。
タイの本や語ったブログでも「ロット・トゥーは勧めない」と書かれていた訳が分かりましたw
いやぁ、おっかないねぇ~と喜んでいると高速を降りて市内に。
鍋ちゃんが「もう少しでメークロンですよ」とスマフォのマップ見ながら教えてくれました。
大体1時間半ぐらい掛かりましたですよ。

踏切を越えたので降りる準備していたら車は加速してバイパスに乗ってメークロンからドンドン離れて行きます。
「ストップ!ストップ!メイクロンマーケット!」と言うと
「メークロンはやっていない」いや、市場はどうでも良いねん。メークロンに行くねん!」
「メークロンはやっていない。お前らは水上マーケットが良いんだ」
「そんな所にはいかない。メークロンだメークロン!」

結局、運転手は車を止めずに大暴走。
終点に着くとドアを開けたオバさんが「水上マーケットに行くの?」
行きません!

メークロンはやっていないの。追加料金払って水上マーケットに行きなよ・・・と言われても
行く訳が有りません。少々キレ気味に話していたら運転手さんが車降りて消えちゃいましたので
我々も降車。おばさんに「メークロンに行きたいんぢゃが?」と尋ねるとバス乗り場を教えてくれました。
メークロン線の列車があと10分で到着しちゃいます。バスぢゃ間に合わないので今度こそタクシーを拾って駅まで。

運転手さんは目的地を告げると直ぐに車を止めて道行く人にメークロン駅を聞いています。
車で行っても15分ぐらいの距離なのですが・・・・
道を知らなかっただけで良い運転手さんでした。

ようやくメークロンに到着。小一時間のロスが痛い!
a-IMG_9342.jpg
タクシーの車内で「遅れていれば間に合う」…と淡い期待をしていた列車は既に駅に到着していました。
1日僅か4往復の列車なので悔しいったりゃありゃしません。

このメークロン線、余りにも脱線が多く最近、半年の運休期間を設け、その間に軌道の更新をする・・とタイ国鉄が言い出し昨年5月頃から運休。11月運転再開予定でしたが全く間に合わず
予定の11月過ぎに行った方から「メークロン線、まだ線路が無かったよ」

結局、さらに工事期間が延び、「4月頃に開通できれば」と言い出したので一旦は諦めて
プランニングから外したのですが、ギリギリになって運転を再開した情報を入手して決行となりました。

a-IMG_9346.jpg
踏切から線路を歩いて市場を散策・・・というか突入です。
お坊さんが托鉢していました。


ありとあらゆる食材が線路に並び、活況なマーケット。肉も野菜も果物もお菓子も有ります。
a-IMG_9354_20160430100752a5f.jpg
楽しいですねぇ。
大体、暑い国のマーケットは朝早いのが相場なんですよ。インドネシアで覚えましたw
ぜってぇ、あのロット・トゥーの運転手は水上マーケットに客を連れて行って小銭稼ぐつもりだったんだな。
ああ、悔しい。

やがて、折り返しの列車が発車する時間となりました。
踏切が鳴り列車の警笛が聞こえると一斉にテントがたたまれ通過の準備。
a-IMG_9397_20160430100754907.jpg
このシーンが見たかったので満足です。

a-IMG_9415.jpg
祝・メークロン線運転再開!
心配された線路市場の雰囲気も余り変わっておらず一安心です。

列車が過ぎて30秒も経たずにこの光景に戻りました。
a-IMG_9430.jpg
早い早い(笑)

さて、メークロン線は一本の編成が行ったり来たりするだけの路線ですので、今の列車が戻って来るまでの2時間半、ゆっくり散策できます。
a-IMG_9440_20160430101045734.jpg
まずは朝食です。メニューの無いお店に入ったので、お兄ちゃんのお勧めを頼んだのですが美味しかったです。
ワンタン入りも有ったみたいで進めてくれれば良かったのに(笑)

a-IMG_9445_20160430101048925.jpg
メークロン駅にも行ってみます。
リニューアル記念でメークロン線のヒストリーフォトが色々貼ってありました。

a-IMG_9449_20160430101049993.jpg
終点の先はメークロン川です。

a-IMG_9470_201604301011061e2.jpg
そうだよね。車止めにぶつかったら本線も痛むんだから、離して置く方が理に適ってますよね。

a-IMG_9455_201604301011036b4.jpg
河口に近い為、色々な船が係留されていましたが旧正月の為か漁船を含めて皆お休みでした。

a-IMG_9466_20160430101104d63.jpg
対岸へは渡し船で。
市場の活気とは違う穏やかな光景を眺めて休息。

a-IMG_9511.jpg
再び市場を眺めて、先ほどタクシーを降りた踏切近くまで移動。丁度、バスが来ました。
屋台で買ったアイスコーヒーが超美味!

a-IMG_9491.jpg
ブラブラ歩いていれば、あっという間に列車が戻って来る時間です。
その列車に乗ってバンコクの方へ戻るとします。

魅惑の13列車

「こっぷんかー しょの6」

美味しいスイーツを食べて満足したのでソーンクランを安全な(笑)場所から眺めて夜の鉄に移動します。

MRTに乗り換えてファラムポーン駅に到着。
国鉄クルンテープ駅に行くと…
e-IMG_9066.jpg
3番線にチェンマイ行き夜行列車の案内が表示されていました。
この列車が有名な13列車で、日本から譲渡された元ブルートレイン客車が使用されています。

e-IMG_9071.jpg
今日の編成は最後尾の一等寝台は韓国製のステンレス客車

e-IMG_9076.jpg
2等寝台車はブルトレ客車で組成されています。


e-IMG_9171.jpg
最近、シックな塗装に変わりブルトレ時代を彷彿させる2本の銀ラインが良い感じです。


e-IMG_9127.jpg
車内は殆ど変わっておらず、飛び乗ってチェンマイに行きたい衝動に懸かられます(笑)

乗客は欧米系の旅行者が殆どで国際色豊かでした。
e-IMG_9168.jpg
日本の寝台車がタイで欧米の方を一杯乗せて出発を待つ姿に感動。
次回は乗るぞ。誰か行きましょうよ。

e-IMG_9104.jpg
あさかぜ用に改造されたオハネフ25の300番台なんてぇのも居ました。懐かしい!

e-IMG_9126.jpg
組成の都合上、オハネフが最後尾に付くことはありませんが、尾灯が存在を示していました。

e-IMG_9140.jpg
残念ながらオシは譲渡されませんでしたので、食堂車は在来車が連結されています。
非冷房ですが夜は多くの外国人乗客で賑わうんだそうです。

e-IMG_9254.jpg
さて、まもなく発車時間だぞ…・と思っていると汽笛鳴らして機関車だけ発車。
頭の中を無数の?マークが沸く中をヤードから別の機関車が客車を押して来ました。

更に?マークの海で溺れそうな私の目の前で押して来た客車を出発を待つ13列車に連結!
おまけに車が来て何やら連結した客車の整備を始めましたよ(笑)
何がしたいんだタイ国鉄!

[広告 ] VPS

結局30分遅れでクルンテープ駅を発車してチェンマイに向け闇に消えて行きました。

隣のホームに居る昼間乗ったのと同じ普通列車
e-IMG_9221.jpg
もう一回乗りたいのですが帰れなくなりますので諦めます。

この辺が”10系客車の臭い”を放つと思うのですが。
e-IMG_9282.jpg
しかし、日本ですら車体の腐食を理由に早く消えた10系シリーズですがタイでは綺麗に使っていますねぇ。
素晴らしい。

さて、翌日は早くからの行動となりますので宿に戻ります。
e-IMG_9182.jpg
昼間見たプレステージカーを再び見学。

IMG_9189.jpg
方向幕が有った場所に使われている笹の葉のガラス・・・・どこかで見たのですが・・・
何処に使われていたんでしたっけ?う~ん・・・・

MRTに乗ってホテルに戻ります。
まだ早い時間ですので今度こそは…とホテルの前のコンビニに行ってビールを買います。
お店の前はソーンクラン・・と言うか水掛け祭りの真っ最中。
濡らされたくない人は集団の後ろを回って店内に入ったりしますが結構掛けられています。

私は無事に店内へ入る事に成功!
タイの色んな銘柄のビールを買ってウキウキしながら店を出た瞬間・・・・

ドッバァッ!

水を掛けあっていた地元のに~ちゃんが逃げる仲間を追い込んで、渾身の力で大きなバケツで
ぶちまけた瞬間、お店から出て来た私に0距離で炸裂。
ドリフもびっくりのずぶぬれ具合ですがな。

あんなに騒いでいた兄ちゃんズもいきなり出て来た変な外国人に全力で水を掛けちゃったもんですから
周りがシーンとなり、掛けた兄ちゃんが「そーり!そーり!そーり!」
一応、ソーンクランで水掛けられても怒っちゃいけないの位は知っていたのですが
まぁ、驚いたこと驚いたこと。

コンビニからホテルまで30Mも無い位なのに無事に辿り着けませんでした。
これでフロントで止められたら泣いちゃう所でしたがスルーしてくれましたw

一日活動して熱をもった体にバケツ水が気持ち良かったのは内緒w
せっかくびしょ濡れになったので全部洗濯して初日終了。
ビールが美味しくて止まりませんよ。


街中が市街戦w

「こっぷんかー しょの5」

乗車券を購入して戻って来た鍋ちゃんに聞くと「客車列車は後、1時間半以上無いそうです。
気動車がまもなく来るのと、その15分後。その後は客車列車まで列車が無いとの事なので気動車買って来ました」
つまり、私はわざわざアユタヤまで気動車で往復するだけの簡単なお仕事・・・状態になってしまった訳ですね。
d-IMG_8734.jpg
涙で視界が悪くなっているので寝ている駅長さんを踏まない様に注意してホームに行きます。

d-IMG_8740.jpg
しっかし、わざわざアユタヤまで何しに来たんですかねぇ?あほでぇ~

d-IMG_8746.jpg
クルンテープ行きの列車が到着。先程と同じ形式です。


相変わらず御機嫌なサウンドで快走する列車。
d-IMG_8793.jpg
日本製だけあって、言われないと国内の写真みたいですね(笑)


快適な車内(笑)
d-IMG_8751.jpg
冷房はありませんが風が入るので意外に過ごしやすいですよ。
雨だと大変そうですがw

d-IMG_8774.jpg
列車はチットラダー宮殿の横を通過。王室専用ホームが見えました。

クルンテープ駅に到着。”気動車でミゼットを見に行くツアー”終了!
まぁ、面白かったのでOKです。
d-IMG_8852.jpg
隣のホームにはオーストラリアのクイーンズランド鉄道からやって来たSX客車が停車していました。
このSX客車、将来的には電車に改造する予定だったのだそうですが電化の際、結局不要となり
タイ等に売却されました。台車が動力台車みたいな感じです。
因みにオーストラリアでは両開きのドアを使用していましたが、タイではホームが低い為車端部に
ドアとステップを増設して対応しています。

さて、このままスイーツを食べに行く訳にはいきません(笑)
やっぱり客車に乗りたいので再びバンスー駅まで客車に乗って、そこでMRTに乗り換えてスイーツを食べに行くプランを策定しました。
鍋ちゃんが良く解らない言い方で切符を買おうとしているので「バンスーまで買えばいいんだよ!」
彼も意地が有り、オリジナリティを出したいのだと思うのですが、拘っている時間は無いんだぞ。
カメラで撮った客車の写真を見せて「一番早く出発するこれに乗りたい」って言えば一発なんですよ。
シンプルイズベスト。

d-IMG_8876.jpg
やっと客車に乗れます!


これまた乗り込むとスグに発車。 お~!客車の音だ。サウンドだ!
d-IMG_8875.jpg
これよこれこれ、これなんよ!

d-IMG_8881.jpg
3番線に日本のブルートレインで使われていた24系寝台車が停まっていました。

d-IMG_8922.jpg
再び、入換中の機関車が並走。

実は私が行った時のタイはソーンクラン・・・そう水かけ祭りの真っ最中で、街中、水を掛けまくっていました。
d-IMG_8933.jpg
列車がスピードを落とす辺りは当然、格好の的な訳で水鉄砲なら避けようも有りますが
ホースで車内に水を掛けて来るのはキツイです。無礼講なので怒ってはいけないのでカメラ抱えて背中向けるのが精いっぱいです。
あっという間に水浸しになった車内。機敏な人は窓を閉めますが隣の窓から狙撃されるので結局濡れます。

先程の気動車でクルンテープ駅に到着する前もかなり襲撃されましたが、客車も酷かったですw

d-IMG_8948.jpg
ビショビショになりながら客車の旅。
古レールを組んだハエタタキ(通信線支柱)が見事です。

バンスー駅は現在高架化工事が行われています。
d-IMG_8959.jpg
クルンテープ駅の機能をここに移し、現在建設工事中のダークレッドライン線とライトレッドライン線が乗り入れ、MRT含めた巨大総合駅として生まれ変わる予定なんだそうです。
そうなるとクルンテープ駅の光景も現役駅としては見納めとなってしまう様で寂しい限りです。

d-IMG_8966.jpg
バンスー駅に到着。客車も堪能出来ました。

d-IMG_8972.jpg
バスも色々撮りたいのですが全く時間が取れません。
残念無念。

MRTに乗車してスカイトレイン(BTS)に乗り換え。
d-IMG_8988.jpg
ぼく、これのプラレール持ってるよ!(鼻の穴:大)
これもプラレーラーとしてキチンと撮りたかったのですが、さすがに鍋ちゃんに言い出せず
次回(あるのか?)チャレンジ!

駅を降りて鍋ちゃんお勧めのマンゴーのスイーツを食べに行こうかと思いましたが
街はソーンクランの真っ最中!もう水鉄砲どころか、ドンブリみたいなので水掛けまくっています。
d-IMG_8999.jpg
こりゃ、出たら即死ですね。
余りの激しさに鍋ちゃんも「無理です。店に行けません」と涙目。
ちょっと可哀そうですが、この市街戦に突入する気はさすがに…・

d-IMG_9024.jpg
結局、駅直結のショッピングセンターでマンゴーかき氷を食べました。美味。

d-IMG_9060.jpg
せっかくなので、ソーンクラン眺めて観光気分。
楽しそうではあります。街中で巨大な水鉄砲を売っている訳ですね。
実はうちの会社の人間が結構、ソンクラン目当てでタイ入りしていて、水掛けまくっていたそうです(笑)


FC2カウンター
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも申請フォーム
電車がゆく ver.01
映画DVDファッション雑誌無料ブログパーツ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
 
ブログ内検索