FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
3
4
5
7
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07


旅のお伴

旅行に行く時に本を一冊持って行きます。

特に最近はLCCに乗る事が多かったので必須アイテムでございます。

船に乗る時は「洞爺丸はなぜ沈んだか?」や「空白の天気図」等をを持って行きます。

航空機物は一杯出ているのでチョイスに困りません。
DSC_4356.jpg
「マッハの恐怖」とか今でも再読し続けています。
もっとも、初めて読んだ時は飛行機が怖くて初めて乗る時はドキドキしてましたw

鉄道物も多いですよ。
DSC_4358.jpg
この他にも信楽鉄道やJR西日本関係も多く読みました。

悪趣味に思われるかもしれませんが、いま自分が乗っている飛行機や鉄道、船が安心して乗れるのは
悲しい事故が有った事実と、その事故の原因の究明と対処が途切れることなく行われていたからです。
それを知るためにも読んで知っておくことが重要と考えます。

他にも色々と持っていますが、出すと大変な事になるので勘弁してくださいw

そんな訳で今日も本屋で買って来ました。
DSC_4359.jpg
・・・・全然、史実では無いです(笑)
しかし、現在のコロナ騒動が起き始めの頃にこの本の事を思い出したので購入しました。
勿論、本屋さんも解っているのでエボラ出血熱やチフス等を扱った本と共に島が造られていました。
後は野口英雄の伝記が有れば完璧だったのですが。

スポンサーサイト



ねことてんてー

せっかく出たのに「出からさ、是非見てちょ!」だけのメールが来た、てんてーの新刊
「ねこ鉄」が講談社から1400円で発売されました。

いやさ、せめて出版社ぐらいは教えて欲しいですよね。
ねこの本だけにネコパブからの出版かと思いましたが違いました(笑)
hanai.jpg
もう一回言いますね。

講談社より、てんてー久々の新刊「ねこ鉄 ~猫と鉄道の出会いの風景~」
ISBNは978-4-06-517400-5です。
全128ページにわたり、てんてーと猫のバトル・・・もとい旅先での触れ合いが満載です。
勿論、てんてーは出て来ませんから御安心下さいw

ぜし、ぜし皆様の本棚に一冊!
ブックオフには出回らないと思いますので本屋さんにGO!

大百科

私の幼少期をダメにした本と言えばコロタン文庫とかケイブンシャの大百科シリーズです。

小さい装丁とは裏腹にぶ厚いページ数と子供相手に本気を出して攻めて来る内容にやられました(笑)
DSC_0407.jpg
鉄道系だけで10冊ぐらい手元にあります。今見ても面白いです。
勿論、オカルトやアニメ、昆虫・・・・シリーズは多岐に渡り、昔の本屋さんには特設ラックで子供を捕獲していました(笑)
最近では、カメラマンの南正時氏が同じ装丁で”鉄道「大百科」の時代”のと言う本を出し当時を振り返る内容で
人気を博しています。

そんな、大百科シリーズを模した本が出たので買いに行って来ました。
DSC_0409.jpg
凄い再現力!

並べても違和感がありません。
DSC_0412.jpg
勿論、本の中身も当時感満載で見事な再現力。当時ハマっていた子供だった(今でも頭の中は子供のまま)私にはタマらない一冊でした。

DSC_0413.jpg
勿論、書いてある内容は非常にディープかつ正確ですし色んな意味でニヤニヤ出来る本でした。
巻末のシリーズ刊の架空広告も最高でした。いや、出て欲しいです。

禁断の地に突入!

身を亡ぼす恐れがあるので、厳しく立ち入りを禁じていましたが、禁を破り久しぶりの入店。
よそ見をしない様に上の階に上がると・・・・・

いかん!ここは危険だ!
やはりココに立ちるには私のスキルではまだ早すぎた様で、猛烈な勢いで襲ってくる「物欲」と
戦って満身創痍になりながら目的の地へ辿り着きました。
a-IMG_0310.jpg
文章は宮脇俊三氏、画は黒岩保美氏と言う信じられないぐらい凄い組み合わせですね。
どちらも故人となられてしまい悲しいばかりですが、「奇跡のコラボ」なこの本、北海道新幹線開通を記念しての復刊だそうで、青函航路廃止時に出版されたこの本の二度と無いであろう素晴らしいタイミングですね。

それにしても「書泉」の凄い事、凄い事。
普通の書店では見掛けない様な本までズラリと並び、あれも欲しいこれも欲しい・・・・とあぶら汗w
己との戦いを制して店から出た私には体力気力共に全く残っていませんでした。

やっぱり楽しいね、ココ。


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索