FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


解っちゃいましたが

ようやく本日、東海汽船様より2020年度の「東京湾納涼船」が全日程中止となる旨の発表がありました。
https://www.tokaikisen.co.jp/news/104120/
20427492_1566275099.jpg
濃密も濃密なこのイベント、そりゃ時節柄開催出来るとは思っていませんでしたが
ボチボチ、パーティープランの予約時期が始まるタイミングでの発表に東海汽船の苦悩が良く解り残念です。
217724114_17.jpg
去年まで長い事お世話になっていた「さるびあ丸」に代わり新造船での開催がアナウンスされていただけに寂しいですが仕方ないです。


20427492_3960459796.jpg
2004年頃から毎年乗船していましたし2006年からは私が幹事で皆様と楽しい時間を過ごしておりました。
御参加頂いた皆様に心からお礼申し上げます。


82447_2316416411_196large.jpg

そんな訳で間もなく引退する「さるびあ丸」にもう一回乗船しようかと考える今日この頃です。

スポンサーサイト



時事ネタ

コロナがまだまだ張り切っているとTVで百合子様が言うので、会社の上司が「不要不急の外出は控える様に」と言って来ました。
会社に行くのが一番不要不急なので「明日はおウチでテレワークします!」と喜々として答えましたが、会社には来なきゃいけないんですって。

変なの~!

帰りがけ、買っていなかったプラレールが終売しちゃったので在庫でもないかな?と買いに行きましたら
DSC_4216.jpg
え?知らなかったですよ。うわぁ地味にショック・・・・・・・

もう店内に残る品は「タダでもいらない」商品ばかりでした(笑)

仕方ないので「コロナをばら撒いてやる!」と量販店に行きますと・・・・
DSC_4199.jpg
コロナだけ売り切れでした。
みんな同じ事を考えているんですね。

世界中でコロナビールが風評被害で売れなくなりメーカーが困っているとニュースで報じていましたが
日本はネタになると考える人が多い様で一安心です。
悔しいのでオリンピックのオフィシャルショップに行ってメダル購入。

後は激混みのスーパーで買い貯めか?とも思いましたが良く考えたら家にチャルメラが売るほどあるので
発泡酒を帰って来ましたwww

ミドリ一周

レッドアローでも撮りに行こうかと思っていおましたが雨なので予定変更。
山手線に乗って渋谷まで。
tq001-DSC_3969.jpg
早めに行ったらこのザマですわw
おのれコロナウイルスめ~!

開店最初のエレベーターで7階まで行くと店員さんが一斉に「いらっしゃませ」
慣れていないので超不審者です。
tq002-DSC_3971.jpg
お目当ては31日で閉店となる東急東横百貨店のメモリアルコーナー
ひばり号がお出迎え。


tq003-DSC_4007.jpg
デパートにロープウェーが有ったんですからねぇ~
ヒカリエとスクランブルスクエアの間に復活して欲しいです(笑)


tq004-DSC_3978.jpg
3期に分けての展示ですが、今期はターミナルとしての渋谷にスポットを当てた展示です。


tq005-DSC_3976.jpg
東急にもディーゼルカーがいたんですよ。


tq006-DSC_3982.jpg
予想以上に展示が充実していました。
さすが東急。


tq007-DSC_3987.jpg
5000系で30分とは!
乗ってみたかったなぁ。


tq008-DSC_3989.jpg
そう言えばこんな切符出していましたねぇ。


tq009-3976.jpg
この絵本欲しいなぁ。
記念に復刻してくれませんかねぇ?

tq010-DSC_3992.jpg
渋谷と言えばハチ公。
こちらも見事な資料の充実っぷり。

tq011-DSC_4015.jpg
映画に出て来た東横百貨店。
ひばり号が出た作品が有るんですね。
モスラでは破壊されちゃいました(笑)>百貨店

tq013-DSC_4016.jpg
歴史ある建物ですので秘密も一杯。


tq014-DSC_4014.jpg
圧巻だったのが懐かしい渋谷駅を再現した模型。
この密度は凄いですねぇ!


tq015-DSC_4025.jpg
こう言うのを作れる人が心から羨ましいです。


tq016-DSC_3991.jpg
閉店記念グッズも有りましたが欲しいのは全部売り切れ(涙
マグネットと手ぬぐいを購入しました。


tq017-DSC_4037.jpg
地下では写真展が開催されていますので当然見に行きます。
「判り難い場所にある」と聞いていましたが本当でした(笑)


tq018-DSC_4046.jpg
ひばり号が行く渋谷の街並み
ほんと、乗ってみたかったですねぇ。
あと何年早く生まれていれば乗れたんですかね?


tq020-DSC_4051.jpg
予想以上に充実していたメモリアル展を堪能。
間もなく姿を消す5000系と一緒に撮って終了。
渋谷は普通に混んでいました(笑)

tq019-DSC_4055.jpg
あと10年もすれば渋谷はすっかり様変わりしているんでしょうね。
東急グループの恐ろしさに怯えながら山手線に乗り込みます。

まもなく開業する高輪ゲートウェイ駅を通過する電車を初体験。
品川を出るとスグにゲートウェイ駅なんですね。

東京駅で一旦下車。
スタンプ帳を購入してラーメンです。
tq021-DSC_4062.jpg
20分弱程並んで入店。
意志が弱い・・・というか全く無いので大盛りを堪能。

体重を300g以上増やして再び山手線にらんどーん!
西日暮里駅で下車。もしかしたら初めて西日暮里で降りたのかもしれませんが
あんなに地下鉄と乗り換え易い駅なんですね。ちょっとビックリ。

階段を降りると・・・・
tq023-DSC_4074.jpg
煽って来ます(笑)
高輪ゲートウェイ駅が開業すると西日暮里駅のスタンプに書かれた「山手線で一番新しい駅」の文言が使えなくなると世間で話題です。

tq022-DSC_4072.jpg
なもんで私もブームに乗ってスタンプを押しに来ました。
普段スタンプなんて押さないもんですから。せっかく買ったスタンプ帳の一発目は
後ろに並ぶ人のプレッシャーに負けて失敗。上下逆でしたwww

泣きながら押し直したら文字の所が写らず大号泣。
小心者なので並び直して押しましたよ。

西日暮里から山手線に乗って乗換駅まで。
これにて一周乗車となりましたが、アキバで降りてメディアを買うのを忘れたのは内緒です。

まさかのスカイツリー

科学博物館を堪能した次は当日、一般公開していた京成電鉄の博物館動物園駅に移動します。
DSC_2948.jpg
当然、こちらも30ん年ぶりです。

DSC_2950.jpg
1997年に営業を休止して以来、逆に謎の駅として有名になった様な気がします。
駅舎も綺麗に保存され昭和8年の開業当時の姿を今に伝えています。

DSC_2953.jpg
階段を下りて・・・・・って、現役の時は暗かったですよね(笑)


DSC_2955.jpg
なんと残念な事に、見学できるのはココまで。
ここから先が「博動」なのに~! き~!


DSC_2962.jpg
暗い階段を降りると写真に写る出札窓口に係員さんがいて切符を買うのです。怖いのです。
暗いし人がいないし・・・・・確か切符の販売機も無かったはずです。
全然電車が止まらなくて「ご~!」と轟音立てて通過する各駅停車を見送っていました(笑)

コンコースにペンギンの絵が描いてあるのですが、当時すげぇ怖かったです。
「博物館動物園駅 ペンギン」でググって下さい。
今回、久しぶりにペンギンに会えるかとワクテカしていましたが見る事が出来ず目の幅涙です。

この博物館動物園駅はホームが4両に満たない長さしかなく6両の電車は通過していました。
それが廃止の理由となりました。


DSC_2963.jpg
引っ越しの際、色々と出て来た様でw

DSC_2965.jpg
建築中の貴重な姿や旧出札窓口等の写真展示が有りました。

DSC_2968.jpg
コンコースにはヘッドマークの展示。

DSC_2973.jpg
みんな「懐かしいね~」とか言って見入っていましたが、現役の頃は暗くて怖い駅だったんですよ~
駅が怖かったのはココと、南海天王寺支線の天王寺駅に初めて行った時位でしょうか。
東西横綱ですな。


DSC_2980.jpg
スカイライナーはこれが好き~
旧塗装の8連が観たかったなぁ。

DSC_2971.jpg
ペンギンが見られず失意のまま現世に


DSC_2985.jpg
頑張りは認めますが、ここにスカイライナーの運転台を置くのは・・・・・・・


DSC_2987.jpg
何だかんだと言いつつ、とても楽しみました。はい。

朝から科学博物館と駅をガッツリ見たので一旦ビバーク。
DSC_2994.jpg
気になっていたピザのお店にダイブ!
美味しかったのでまた行きたいです。

DSC_2996.jpg
コロナウイルスに打ち勝つためにコロナビールでアルコール殺菌。うひょ。

お腹一杯で~す・・・・とお店をを出て「次どこ行く?何する?」を考えながら歩きました。
ええ、東京駅まで(笑)
いや、まさか上野から東京駅まで歩くとは思わなかったのですげぇ楽しかったです。
いつも言っていますが路地とか好きなんですよ。


で、東京駅に着いたので何するか考えた末に「スカイツリーに行こう!」と言う事になりましたwww
すみません、ボク最近行ったばかりです!(笑)

おニューの靴を履いていたので足が遺体・・・もとい痛いのですが夜のスカイツリーも良いな・・・・と賛成。
地下鉄乗り継いで押上駅に。
DSC_3002.jpg
おいら、朝起きた時にはスカイツリーにいくなんて夢にも思いませんでしたよ。楽しい~


DSC_3008.jpg
それにしても腹立つ写真です。


DSC_3004.jpg
何が腹立つって、あーた、これスマホでサクッと撮った写真ですよ。
もう一眼要らないんぢゃないかって感じです。ちょほほほほ。

いやそれにしても綺麗でした。
夜のスカイツリー、来て正解でした。足痛いけど。

DSC_3010.jpg
一枚ぐらいガラスの代わりにサランラップが貼ってありますって書いておけば良いのに(笑)

スカイツリーを楽しんだので今回は電車に乗って浅草に移動。
DSC_3011.jpg

中国の方がいないので随分とひっそりしています。
DSC_3013.jpg
せっかくなので・・・・と初詣も(笑)
おみくじは終わっていました。残念。


一杯歩いたのでビールが美味しいぞ!とばかりにちょっと素敵な小料理屋さんに行きます。
専門性の強い仕事でも役所だと定期異動で人が育たないまま移動になるとか
働き方改革が労働者に牙を剥いて来たとかで盛り上がりましたが
私はトンネル掘りたい!地質調査だ!とかで御迷惑をお掛けしました(笑)

勿論、店を出てからもトンネル掘るなら先進導抗を試掘ぢゃ~!とやっていたら
散歩していた犬が目の前でウ〇コされちゃいました。


久しぶりに科学博物館や博動駅に行けましたし夜のスカイツリーやトンネルのノウハウを堪能したりととても楽しい一日でした。
翌日、生まれたてのヒヨコみたいにプルプルしていました。歩くなら慣れた靴にする様でしたね、反省。
ってか、上野から東京駅まで歩くとは思いませんでしたよw

Pernikahan yang luar biasa

ぷりにかはん07

12月1日です。日本は超寒いとLINEが入っていましたが、こちらは暑いです。

朝5時半にロビー集合と言う事は何時に起きればいいんだ?んあ?
前日はちょっと心配でしたが無事に起床出来ましたでございますのよ・・・・・な4時半。

チェックアウトしてロビーに集合。返金キャンペーンや何処に?w
昨日とは違うバスに乗車して出発。なんでも6時半にはカーフリーデーとかでホテルの前の道は通行止めになるので、既に準備が始まっていました。

日曜日と言う事も有り、何か所かで結婚式の準備が見え、飾られた馬車も何台か見掛けました。
などと街の風景を楽しんでいたのも少しの間。あっという間に睡魔に狩られました(笑)

2時間近く走ったバスは目的地に到着。
h01-938A7847.jpg
素晴らしいジャワの原風景。天気もいいし最高です。

一旦、荷物を置きに会場に行きます。
h03-938A7910.jpg
こちらで朝食のもてなしを受けて朝から大満足です。
h04-DSC_2254.jpg
VIPってのはやり過ぎですね。「ジャカ鉄軍団」とでも書いて頂ければ充分ですw


ボチボチ、本番の時間となりますので一旦、別のお宅にお邪魔し待機します。
h02-DSC_2280.jpg
今日の人出を予想してやって来たアイス売りのおじさんを捕まえて皆で買います(笑)
細かい良い仕事をしてました>おじさん


今日はパクアン急行氏とユリさんの結婚式でございます。

お招き頂き参加する機会を得ましたが日本からも30余名が参加すると言う事でも氏の人気ぶりが解りますね。
h06-938A7956.jpg
式に向かう列に加わる為に待っていた女の子。はしゃいで可愛かったので皆でカメラを向けると
ガチガチに固まってしまいました。

新郎が式場に向かう時間となりました。
村の式場に続く道を新郎と御両親を先頭に歩き始めます。
h07-938A8017.jpg
式場の手前で高田純次みたいな人が待ってます。

h08-938A8025.jpg
傘を持った出迎えの人が高田純次の口上の後に迎えに来ます。
「沖縄の結婚式みたい~」と全員が頭の中で思っていましたw

h09-DSC_2292.jpg
こういう結婚式を見てみたかったので感無量です。はい。

h05-DSC_2265.jpg
華やかな雰囲気の式場


h10-DSC_2311.jpg
地元の名士?な方々の御挨拶。
写真一番左に写る方が通訳さんなのですが、長い名士の挨拶の後にマイクを渡されると
「今の話をですね、ざっと纏めますとね・・・・」いや、纏めるなよ(笑)
随分と話した内容を超ざっと纏めるので話していた方が「え?それだけ?」みたいな感じで通訳さんを見るのが毎回繰り返されておかしかったです。

勿論、インドネシア語にも堪能な大使館員もいらっしゃるので「ざっと纏めますとですね・・・・」の後の内容を聞いて「おいおい、纏めすぎだろ」と苦笑していましたw
あと右端に写る子供が「ケントデリカット」と呼称されていました。可愛い。

宗教省のお役人が事務所から来て誓約しないと結婚式が成立しないのですが、当日は8件の式が有るそうで、こちらには一時間以上遅れてやっと到着。
h11-938A8152.jpg
黒い服を着られた三人の方が宗教事務所からやってきた方々です。


h12-DSC_2331.jpg
いやぁ、それにしても綺麗ですねぇ。個人のお宅を借りての式なんだそうで地域の力を感じます。


h13-938A8251.jpg
緊張しますが見るものすべてが新鮮です。

h14-938A8203.jpg
ユリさん綺麗ですねぇ。


h15-938A8262.jpg
誓約が終わり、晴れてお二人は御夫婦に。
h16-938A8355.jpg
お二人が宣誓とサインをして式は終了

h17-938A8473.jpg
良い経験をさせて頂きました。

宗教省からのお役人が帰ると高田純次が再び現れて色々行われます。
これは披露宴みたいなもんだそうです。
h18-938A8758.jpg
後でパクアン急行氏に「これはどう言う意味なの?」と尋ねると「知らない。卵を踏めと言われただけ」


h19-938A8532.jpg
結婚は家と家との繋がりと言われるイスラムの結婚式ですから両家の御両親に対する挨拶は
丁寧に何度も行われていました。

h20-DSC_2350.jpg
言葉は通じなくても見ている我々にも気持ちが伝わります(注:涙脆いんです)


h21-938A8692.jpg
この辺も風習かと思ってみていましたが・・・・・

h22-938A8741.jpg
聞けば「賑やかしのイベントですよ」
え?そうなんですか?
楽しそうだし廻りも盛り上がっているのできっと高田純次の技ですねw


h23-938A8812.jpg
クレイポッドを投げて割るのですが、床が絨毯で柔らかいので割れません。
何度も私の方に投げつけようやく割れました。

h24-938A8838.jpg
日本の結婚式とは随分と違いますので興味津々でした。
ざっと訳すのが得意な通訳さんに色々聞けばよかったですw

最後は壇上からお菓子とお金を投げますが、待機していた近所のお子様の凄い勢いに圧倒されちゃいました(笑)
いやぁ楽しい楽しい

h25-938A8851.jpg
お食事はバイキング形式で御近所も集まり賑やかです。
他にも色々とありましたのでおかわり一杯しましたw


h26-938A8869.jpg
式場の外では色々な歌が披露され、宇多田ヒカルの曲も歌っていました。


h27-938A8959.jpg
ユリさん、何の紙袋持ってるねんwww

素晴らしい式に出席できる機会を与えて頂き、心から感謝いたします。
末永くお幸せに!

紅茶が好きなのは

右京さん。

a-DSC_1380.jpg
私は左京さんの方に行って来ました。


a-DSC_1400.jpg
花輪の中に「アニメ日本沈没2020」の文字が。
え?アニメ化するの?と調べるとNetflixなんですね。残念。
いや、契約すれば良いだけなんですけど(笑)


会場は普通に撮影禁止。
しかしそれだけでは日記にならないのでコッソリ盗撮。
a-DSC_1382_201910190001241cc.jpg
・・・・・嘘です。ここは撮影可でした。
先生が執筆に使われていた作業机。素敵なな机ですねぇ。



a-DSC_1383_20191019000126a8b.jpg
背面?からの撮影も大丈夫との事で1枚。


父親の経営する鉄工所の倒産と借金返済の為に台本や翻訳等、何でも引き受け返済に充てていて、借金完済の証文も展示されていました。
漫画家から小説家としてデビューするにあたりペンネームを「左がかっていた京大生」と言う事で
左京となった氏ですが高島忠夫とバンドを組んでバイオリンを弾いたり、劇団を結成したりと
非常に多彩でエピソード豊富です。

そんな氏の功績を辿りつつ、作品と作中の文章が効果的に抜き出され迫っています。
上手いなぁ。

日本アパッチ族、復活の日、日本沈没、虚無回廊、空中都市008、さよならジュピター、首都消失・・・・
その他にもエッセイや評論等、数多く執筆されSFのみならず多方面で多くの功績を残されました。
また、大阪万博ではサブ・プロデューサーを務め岡本太郎と共に太陽の塔の展示を考えたり
SF作家側からの視点に立った万博へのメッセージ等に見入ってしまいました。

「一億総玉砕なんて言っていたが本当にそんな事になったらどうなる」が出発点の日本沈没。
圧倒的な資料と設定を落とし込んで、まるで実話だったかの様な作品に仕上げるに至った
多くのノートや計算式、資料等が展示され当時計算に使ったキヤノンの計算機「キャノーラ計算機」の実物も展示されていました。


日本沈没を書いたばかりに巨大地震が起こるとコメントを求められ阪神淡路大震災の時は
関西在住と言う事も有り精力的に対応されたそうですが、それが原因で心の病を患われていたのは知りませんでした。
東日本大震災の時は既に病床に伏せておりインタビューには応えていなかったそうですが
ただ一つ、子供時代に愛読していた「毎日小学生新聞」だけで有り、それの記事が3回に渡り
掲載される最中に亡くなったと知りました。


個人的には「さよならジュピター」で使用されたモデルの展示が嬉しかったです。
色々と言われる映画ですが私は好きですよ。
勿論、リメイク版も作って欲しいですがw


a-DSC_1389_20191019000130312.jpg
ネコ好きな小松先生は多くのネコを飼われていました。


a-DSC_1387_2019101900012799f.jpg
そんな訳で氏が愛した猫の全てが。
ファンには堪らないコーナーですね。

最後に飼った愛猫「チャー」は氏が無くなると餌を受け付けなくなり二か月後に息を引き取ったそうです。


その他、作家仲間の交遊録等、情報が多すぎて脳がパンクしそうになりました。
改めて作品を読み直そうと思います。老眼鏡買わなきゃだわ。

浅田飴だ

朝だ。雨が降っている、朝だ雨だ(浅田飴だ)・・・・・と言う事で?14日は豊洲から御茶ノ水に移動。
a-DSC_1279.jpg
そりゃもう、ずっと読み続けていた横田順彌先生の追悼展に行って来ました。


a-DSC_1278.jpg
2019年1月4日にお亡くなりになったと言うニュースを聞いた時はショックで。
73歳・・・・・早すぎますねぇ。


a-DSC_1352.jpg
当日は入場者に浅田飴のプレゼント。
てっきり一粒貰えるのかと思っていましたらナント!一袋丸ごとプレゼントして頂きビックリ。
太原見た後に太っ腹な浅田飴に感謝。



DSC_1348.jpg
先生の自宅にあったと言う本も来場者にプレゼント。これまた太っ腹ですね。
殆ど持っていましたが、所持していないのを一冊頂きました。
大切にします。


DSC_1320.jpg
展示室内に先生の著作物が展示されていましたが、勿論一部です。
読んでいないのも有りますねぇ。いかんなぁ。

DSC_1289_20191015193621031.jpg
小松左京氏に押しかけ弟子を承認して貰ったエピソードと、その印のライター



a-DSC_1315.jpg
え?サジタリウスに先生が関わっていたの?と驚きましたが
a-DSC_1312.jpg
なるほど~。幻の企画だったのですね。残念。


DSC_1291_20191015193621a88.jpg
ファンには堪らない「あの」靴下の現物が。
あ、マフラーに見えるのが靴下です(笑) 本物が現存しているとは思いませんでしたので驚きました。



a-DSC_1308.jpg
先生が文字通り生涯を懸けて収集した古典SFの極一部も展示されていました。
収集された書籍類が再び散逸されないことを祈りますが大丈夫でしょうね。


a-DSC_1349.jpg
いやぁ、知らなかった事や、初めて見る展示物が一杯有って素晴らしく充実した展示です。
本当はお元気な頃にサイン会と一緒に開催して欲しかったです。


a-DSC_1337.jpg
先生の書く本や映画のレビュー等が独特の軽妙な文章で書かれ、昔から「紹介された本を読んだがヨコジュンの解説が一番面白かった」と言われていました。
それにしても先生、字が綺麗ですねぇ。
同人誌世代の先生方は書いた文字がそのまま印刷されるので字が綺麗な方が多いですよね。


a-DSC_1300.jpg
NHKの大河ドラマ「いだてん」が決まった当時、「ヨコジュンの出番だ」と周りは思っていましたが
色々と有ったと放映後に知り残念でした。また放送開始直後にお亡くなりになられたのも・・・・



a-DSC_1371.jpg
悲しいことに横田順彌先生は多くの素晴らしい作品と研究の成果を残して旅に出てしまいました。
それでも私は朝、雨が降っていると「朝だ。雨が降っている、アサダアメだ」と呟きます。
ヨコジュン先生有難うございました。

飲み放題フェス

飲み放題行こうぜ~!と昨日から色んな人に声を掛けましたが勇者現れず。
え~!スパークリングもあるぜ~、楽しいから行こうよ~!と宣伝しましたが結局、一人で行って来ました

胃検診。

暇そうなMIO氏にも声を掛けましたが「俺は焼肉食べ放題に通うほど健康だ」と良く判らない断られ方をしました。
俺だって二郎に行くけど胃検診はするんだぜ・・・・・と。

バリウム飲み放題だし、発泡剤やゲップ我慢大会も楽しめるし、宇宙飛行士になる為の訓練みたいなのも体験出来るんだぜぇ。
何で行かないんですかね?

バリウムも美味しいんですが、メロン味とかコーヒー味が選べれば人気もさらに増すかとw
機械が新型になったのか、あっという間に終わってしまって残念でした。
もう一回やって良いっすか?と聞いてみようかと思いましたwww

下剤飲んでペットボトルの水を飲みながらラーメン屋に行きましたが、何で水の1リットルってあんなに飲みにくいんですかね?
ビールだったら2リッター入りました~!とか余裕で盛り上がるんですが。

ラーメン食べてコンビニでおやつ買って帰宅。
全然下剤が効かず、ひたすら水を飲みましたが下剤効果というより水の飲み過ぎでお腹壊しただけっぽいです(笑)

祝 20周年

今年もまた納涼船の季節がやって来ました。
今年は29名の御参加となりワクワクしていましたが台風15号の影響で千葉方面の方々の参加が怪しい雲行きに。
それでも「電気が来た」「動員はずらした」「日蓮上人が守ってくれた」との事で皆様無事に来られる事になり一安心です。

コケコッコ~と朝起きだしてスマホを見ると自称プロカメラマンの方から「原稿書きが終わらないのでキャンセル!」
通算3回目のドタキャンです。もう定番の芸ですね。

空いた穴をどうしよう?と悩みながら前日から上京されニーナを始め、数々のネタをゲットされている
けんぼー様が「れーるランドを見たい」と言われたので現地で合流します。
前回、貴金属CEOがいらっしゃった時は10分で飽きたとの事でしたので、今回も10分の見学時間です。
その後は適当に鉄しながら納涼船に向かう算段です。
a001-DSC_0781.jpg
モノレールでいらっしゃると言うので京王線も撮れる場所をお教えしましたが「あんなん、撮さんですわ」な感じで華麗にスルーされたので直接れーるランドに行きます。
a002-DSC_0786.jpg
プロの厳しい目により色々とダメ出しを受けてしまい、結局1時間近くディスられましたww

キャンセルの穴埋めをしなければ・・・・と脳みそフル回転で悩んでいた為に、けんぼー様にはうまく説明できず申し訳ない限りです。
前日、東武やメトロの博物館も見られたそうで、きっと落差が大きかったでしょうね。

そのキャンセルですがプラレーラーのNG(Next generation)のお1人が来てくれる事になりました。
なんと翌日まで静岡に居る予定なのを切り上げて新幹線で向かってくれるそうで申し訳ありませんです。
ホッとしたので小田急線に(笑)
a003-938A6860.jpg
赤いの来た~

a004-938A6873.jpg
白いの来た~

a005-938A6889.jpg
時間が無いのでこれにて終了。


お次は東急です。
a006-938A6897.jpg
東急代表で猫電車(笑)


a007-938A6918.jpg
時間が無いのでこれで終了w


a008-938A6968.jpg
さて、次に移動します。
時間が無いので立ち食い蕎麦食べて渋谷に


a009-DSC_0787.jpg
残念ながら渋谷は駅を出て来たところは、もう撮れないんですね。残念です。
一旦、ホテルにチェックインして納涼船乗り場に。
皆様、お早いお越しで有難い限りです。
待つ間に前哨戦(笑)一杯飲んでしまいましたw

集金が終了し窓口で支払いを済ませると、何故か団体名がハムちゃんの本名。
あれ?今日は記念イベントの為に団体名を書いた紙をプレゼントしたかったんだよな・・・・と思いながら
入口に貼る紙を差し上げれば良いや・・・・と考えておりました。
a010-DSC_0794.jpg
船の到着が遅れるとのアナウンスが有り、もう一本飲めるね~と意味不明な事考えながら待っているとようやく着岸。
準備完了のアナウンスと共に乗船。
a011-DSC_0798.jpg
今年はスパークリングワインがオードブルに付きます。


a012-DSC_0801.jpg
勿論、ドリンクは飲み放題ですのでガンガンいけます。


a013-DSC_0807.jpg
今年は「プラレールのすべて」が発刊されて20周年と言う記念すべき日ですので執筆に御協力頂いた方や作例を製作された方には当時の貴重な作品を荷物になるのにも拘らずお持ちいただき感謝です。
そして入口に貼ってある「プラすべ発刊20周年記念」の紙を名編集者のY様にお渡ししようと考えていましたが
入口の紙もハムちゃんの本名が書かれていました(笑)

まぁ、いつも通りな感じです。

さぁや嬢がいつも景品クジを作ってくれますが、今回は素晴らしいスクラッチカードでした。
センス良いイラスト入りの逸品で感動でした。
また、参加の方からも素敵な商品の提供を受け有難い限りです。

a015-938A7142.jpg
乗船する”さるびあ丸”も来年6月に引退しますので納涼船で乗るのは今回が最後です。
悲しいですねぇ。しかも浴衣ダンサーズも今回が最後とアナウンスされ残念です。
因みに2005年から納涼船に乗船していますが結局、生で浴衣ダンサーズが躍る所を見に行かず
景色も見ずに飲み続けて終了ですw
あ、写真はハムちゃんに撮って来て頂きました。

某銀行の頭取が乱心されたので2回ほど廊下に引きずり出しましたが、すぐに戻って来て乱心され続けていました(笑)
女性陣には御迷惑をお掛けし大変申し訳ありませんでした。
翌日「銀行員生活で廊下に引きずり出されたのは初めてだ!しかも2回!」とブツブツ言っていたので「俺も出したのは初めてだ!」と言っておきました。

羽田沖で反航し竹芝桟橋に戻り始めた頃、「これからはNext generation'sの時代だ!
プラすべじゃ無くて大全だろう!」とプラすべを破くパフォーマンス。
a014-938A7126.jpg
自分の本が破られてハムちゃん涙目w
さぁ、盛り上がって参りました!


a016-DSC_0814.jpg
コチラは、奇跡の手先を持つ方々が作られた作品。
さすがにこれはNext generation'sも手が出せなかった様です(笑)

a017-938A7170.jpg
そんな訳で最後の納涼船も無事に終了。
参加頂いた29名から1人引いて、さらに参加頂いた1名様に心から感謝いたします。
次回の納涼船がどんな感じで開催されるか判りませんが、いいプランがあると良いですね。

今まで参加頂いた皆様に心から感謝いたします。


a018-DSC_0820.jpg
さるびあ丸は作れるけどCC206は作らないCEO様の作例で親子写真。

短い航海の時間ですが、その分集合時間が早い我々ですのでいっぱい呑んでいっぱい食べました。
a019-DSC_0825.jpg
そんな訳でラーメン。
店長が謎のマウントを取りに来たので星の数は減らしますが美味しかったです。
コンビニでビール買ってホテルでビール買ってベットに戻ります。
a020-DSC_0828.jpg
ことしもココで泊まります。


a021-DSC_0789.jpg
今年はシーツが既に敷いてあったので楽ちんでしたが、隣の外人さんのイビキが爆音でした。

かわいい私

皆様も御存知の通り、私は「かわいい」に目が無く、常に「かわいい」を探求しつづける者です。

身の回りの物も生活・・・・いや人生そのものが「かわいい」が常に最優先です。
当然、渋谷や原宿に半分住むような生活を送り、最先端の「かわいい」を取り入れ続けています。
いつも「かわいい」コーデに身を纏い、「かわいい」グッツに囲まれ「かわいい」と言えば茶さんだと
皆様から言われています。



はい!嘘松乙!
なわきゃねーよ。
いつも漫画のキャラクターみたいに同じ服着てプラレールと発泡酒まみれでさあね!
へっ!
何が原宿ぢゃ!ビートたけしの「北野印度カレー」か梅宮辰夫漬物本舗しか行かねぇってばよ。
あ、マーシーの店にも行くっス。


などと80年代からやって来たタイムスリップ野郎な私ですので、これに行って来ました。
a001-DSC_0589.jpg
原田治展です。
いやぁ、台風の置き土産で超暑い日でしたので空いているかと思いましたが平日なのに混んでいました。


a002-DSC_0743.jpg
観覧料800円を支払って早速観に行きます。
入口にあるグッツ売り場に会計の列が出来ていました。


a003-DSC_0741.jpg
入口から「かわいい」で攻めて来ます。
チョット気後れしそうですが頑張って突入します。警備員さんも来ません。

最初は幼少期に描かれた絵や氏が影響を受けたと言うシーモア・クワストの作品等が展示されていました。
私の幼少期の絵が展示されたら病院に行けと言われるんでしょうねぇ。


a004-DSC_0594.jpg
70年代に雑誌an・anでイラストレーターとしてデビューしますが、多くのイラストスタイルを確立したり
抽象画家を最初は目指していた等の事が説明され興味深く見入りました。
オッサン一人だけで超アウェーですが。負けません。


a005-DSC_0616.jpg
一番見入ったのは、氏が手掛けた文庫本の表紙のコーナー
これらを見ているだけでも如何に氏がオールラウンドプライヤーだったかが解ります。


a006-DSC_0619.jpg
下の段は解っても、上の段が氏の作品だなんて知らないで読んでいました(笑)
うぅぅむ、如何に雑に読んでいたのか・・・・恥じ入るばかりです。


a007-DSC_0596.jpg
多彩な作風で多くの作品を手掛けた事もあり、来場者の皆様も「これも原田治なんだ!」の声があちこちから聞こえて来ました。


a008-DSC_0633.jpg
一番反応が有った作品(笑)
私は知っていましたよ~!と鼻の穴を広げて眺めていました。


a009-DSC_0635.jpg
有名な東急電車のドアステッカー

a010-DSC_0638.jpg
ええなぁ。ええなぁ。ダンボール箱売れば良いのに(笑)


a011-DSC_0639.jpg
この広告も長いお付き合いですが、色褪せないのがさすがです。
今見ても「かわいい」です。


a012-DSC_0643.jpg
一時期、崎陽軒の「シウマイ弁当」に入っている醤油入れも原田治氏のデザインでした。
80種類の絵柄が4色計320種類。んで大小があるので全部で640種類なんだそうです。
復刻してくれませんかね?

a013-DSC_0646.jpg
商品のパッケージと
a014-DSC_0647.jpg
細かい指示が書かれた原画の展示がすばらしいです。


ホワイトで修正された原画
a015-DSC_0690.jpg
シンプルな絵であるが為に少しのラインが違っても印象が変わってしまうので細かく修正された
様子が良く判り感動しておりました。



a017-DSC_0723.jpg
壁に並べられた”OSAMU GOODS”などの品々


a016-DSC_0722.jpg
ええ、私が一番お世話になったのはミスタードーナツの景品です。
これらを見ていると勝手に脳内にアメリカのオールディーズがリフレインしまくります。
コーヒーおかわり!


a018-DSC_0724.jpg
人気の高いマザー・グースシリーズのイラスト。最近復刊されましたね。
いいなぁ、こんなかわいい本で育った子供は。
ウチにあったのはジョン・テニエルが描くハンプティ・ダンプティより怖い感じの本だったしなぁ。

ハンプティ・ダンプティが塀に座った
ハンプティ・ダンプティが落っこちた
60人の男にさらに60人が加わっても
ハンプティ・ダンプティをもとのところに戻せなかった

の詩と共に無念そうな顔の割れたハンプティ・ダンプティ
・・・・・トラウマですがな。


a019-DSC_0663.jpg
おおっ!ビックリハウスだ!
最近では古本屋でも見かけなくなりましたね。きっと高いんでしょうねぇ。
お洒落な人はビックリハウスを。ヲタな私はOUTを読んでいましたが根は一緒です(笑)


a020-DSC_0658.jpg
氏は島にあるアトリエで創作活動をされていました。
イラストだけでなく立体物も製作され、それらの作品も展示されていました。


a020-DSC_0725.jpg
氏、最後の作品も展示されていました。
「かわいい」のムーブメントを作った氏の足跡を色々な角度から見る事が出来る素晴らしい展示でした。


かわいいを満喫したのでかわいいランチに行きます。
可愛いので3駅歩いて行きましたw
a021-DSC_0773.jpg
かわいいおじさんがやっていたお店。もう開く事は無いのでしょうか?
美味しかったんだけどなぁ。



なもんで新規開拓!
a022-DSC_0771.jpg
30℃を大きく超えた当日、狙い通りに空いていて良かったです(笑)

かわいいのでビールとチューハイ買って帰りました。


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索