FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
2
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12


紅茶が好きなのは

右京さん。

a-DSC_1380.jpg
私は左京さんの方に行って来ました。


a-DSC_1400.jpg
花輪の中に「アニメ日本沈没2020」の文字が。
え?アニメ化するの?と調べるとNetflixなんですね。残念。
いや、契約すれば良いだけなんですけど(笑)


会場は普通に撮影禁止。
しかしそれだけでは日記にならないのでコッソリ盗撮。
a-DSC_1382_201910190001241cc.jpg
・・・・・嘘です。ここは撮影可でした。
先生が執筆に使われていた作業机。素敵なな机ですねぇ。



a-DSC_1383_20191019000126a8b.jpg
背面?からの撮影も大丈夫との事で1枚。


父親の経営する鉄工所の倒産と借金返済の為に台本や翻訳等、何でも引き受け返済に充てていて、借金完済の証文も展示されていました。
漫画家から小説家としてデビューするにあたりペンネームを「左がかっていた京大生」と言う事で
左京となった氏ですが高島忠夫とバンドを組んでバイオリンを弾いたり、劇団を結成したりと
非常に多彩でエピソード豊富です。

そんな氏の功績を辿りつつ、作品と作中の文章が効果的に抜き出され迫っています。
上手いなぁ。

日本アパッチ族、復活の日、日本沈没、虚無回廊、空中都市008、さよならジュピター、首都消失・・・・
その他にもエッセイや評論等、数多く執筆されSFのみならず多方面で多くの功績を残されました。
また、大阪万博ではサブ・プロデューサーを務め岡本太郎と共に太陽の塔の展示を考えたり
SF作家側からの視点に立った万博へのメッセージ等に見入ってしまいました。

「一億総玉砕なんて言っていたが本当にそんな事になったらどうなる」が出発点の日本沈没。
圧倒的な資料と設定を落とし込んで、まるで実話だったかの様な作品に仕上げるに至った
多くのノートや計算式、資料等が展示され当時計算に使ったキヤノンの計算機「キャノーラ計算機」の実物も展示されていました。


日本沈没を書いたばかりに巨大地震が起こるとコメントを求められ阪神淡路大震災の時は
関西在住と言う事も有り精力的に対応されたそうですが、それが原因で心の病を患われていたのは知りませんでした。
東日本大震災の時は既に病床に伏せておりインタビューには応えていなかったそうですが
ただ一つ、子供時代に愛読していた「毎日小学生新聞」だけで有り、それの記事が3回に渡り
掲載される最中に亡くなったと知りました。


個人的には「さよならジュピター」で使用されたモデルの展示が嬉しかったです。
色々と言われる映画ですが私は好きですよ。
勿論、リメイク版も作って欲しいですがw


a-DSC_1389_20191019000130312.jpg
ネコ好きな小松先生は多くのネコを飼われていました。


a-DSC_1387_2019101900012799f.jpg
そんな訳で氏が愛した猫の全てが。
ファンには堪らないコーナーですね。

最後に飼った愛猫「チャー」は氏が無くなると餌を受け付けなくなり二か月後に息を引き取ったそうです。


その他、作家仲間の交遊録等、情報が多すぎて脳がパンクしそうになりました。
改めて作品を読み直そうと思います。老眼鏡買わなきゃだわ。

スポンサーサイト



浅田飴だ

朝だ。雨が降っている、朝だ雨だ(浅田飴だ)・・・・・と言う事で?14日は豊洲から御茶ノ水に移動。
a-DSC_1279.jpg
そりゃもう、ずっと読み続けていた横田順彌先生の追悼展に行って来ました。


a-DSC_1278.jpg
2019年1月4日にお亡くなりになったと言うニュースを聞いた時はショックで。
73歳・・・・・早すぎますねぇ。


a-DSC_1352.jpg
当日は入場者に浅田飴のプレゼント。
てっきり一粒貰えるのかと思っていましたらナント!一袋丸ごとプレゼントして頂きビックリ。
太原見た後に太っ腹な浅田飴に感謝。



DSC_1348.jpg
先生の自宅にあったと言う本も来場者にプレゼント。これまた太っ腹ですね。
殆ど持っていましたが、所持していないのを一冊頂きました。
大切にします。


DSC_1320.jpg
展示室内に先生の著作物が展示されていましたが、勿論一部です。
読んでいないのも有りますねぇ。いかんなぁ。

DSC_1289_20191015193621031.jpg
小松左京氏に押しかけ弟子を承認して貰ったエピソードと、その印のライター



a-DSC_1315.jpg
え?サジタリウスに先生が関わっていたの?と驚きましたが
a-DSC_1312.jpg
なるほど~。幻の企画だったのですね。残念。


DSC_1291_20191015193621a88.jpg
ファンには堪らない「あの」靴下の現物が。
あ、マフラーに見えるのが靴下です(笑) 本物が現存しているとは思いませんでしたので驚きました。



a-DSC_1308.jpg
先生が文字通り生涯を懸けて収集した古典SFの極一部も展示されていました。
収集された書籍類が再び散逸されないことを祈りますが大丈夫でしょうね。


a-DSC_1349.jpg
いやぁ、知らなかった事や、初めて見る展示物が一杯有って素晴らしく充実した展示です。
本当はお元気な頃にサイン会と一緒に開催して欲しかったです。


a-DSC_1337.jpg
先生の書く本や映画のレビュー等が独特の軽妙な文章で書かれ、昔から「紹介された本を読んだがヨコジュンの解説が一番面白かった」と言われていました。
それにしても先生、字が綺麗ですねぇ。
同人誌世代の先生方は書いた文字がそのまま印刷されるので字が綺麗な方が多いですよね。


a-DSC_1300.jpg
NHKの大河ドラマ「いだてん」が決まった当時、「ヨコジュンの出番だ」と周りは思っていましたが
色々と有ったと放映後に知り残念でした。また放送開始直後にお亡くなりになられたのも・・・・



a-DSC_1371.jpg
悲しいことに横田順彌先生は多くの素晴らしい作品と研究の成果を残して旅に出てしまいました。
それでも私は朝、雨が降っていると「朝だ。雨が降っている、アサダアメだ」と呟きます。
ヨコジュン先生有難うございました。

飲み放題フェス

飲み放題行こうぜ~!と昨日から色んな人に声を掛けましたが勇者現れず。
え~!スパークリングもあるぜ~、楽しいから行こうよ~!と宣伝しましたが結局、一人で行って来ました

胃検診。

暇そうなMIO氏にも声を掛けましたが「俺は焼肉食べ放題に通うほど健康だ」と良く判らない断られ方をしました。
俺だって二郎に行くけど胃検診はするんだぜ・・・・・と。

バリウム飲み放題だし、発泡剤やゲップ我慢大会も楽しめるし、宇宙飛行士になる為の訓練みたいなのも体験出来るんだぜぇ。
何で行かないんですかね?

バリウムも美味しいんですが、メロン味とかコーヒー味が選べれば人気もさらに増すかとw
機械が新型になったのか、あっという間に終わってしまって残念でした。
もう一回やって良いっすか?と聞いてみようかと思いましたwww

下剤飲んでペットボトルの水を飲みながらラーメン屋に行きましたが、何で水の1リットルってあんなに飲みにくいんですかね?
ビールだったら2リッター入りました~!とか余裕で盛り上がるんですが。

ラーメン食べてコンビニでおやつ買って帰宅。
全然下剤が効かず、ひたすら水を飲みましたが下剤効果というより水の飲み過ぎでお腹壊しただけっぽいです(笑)

祝 20周年

今年もまた納涼船の季節がやって来ました。
今年は29名の御参加となりワクワクしていましたが台風15号の影響で千葉方面の方々の参加が怪しい雲行きに。
それでも「電気が来た」「動員はずらした」「日蓮上人が守ってくれた」との事で皆様無事に来られる事になり一安心です。

コケコッコ~と朝起きだしてスマホを見ると自称プロカメラマンの方から「原稿書きが終わらないのでキャンセル!」
通算3回目のドタキャンです。もう定番の芸ですね。

空いた穴をどうしよう?と悩みながら前日から上京されニーナを始め、数々のネタをゲットされている
けんぼー様が「れーるランドを見たい」と言われたので現地で合流します。
前回、貴金属CEOがいらっしゃった時は10分で飽きたとの事でしたので、今回も10分の見学時間です。
その後は適当に鉄しながら納涼船に向かう算段です。
a001-DSC_0781.jpg
モノレールでいらっしゃると言うので京王線も撮れる場所をお教えしましたが「あんなん、撮さんですわ」な感じで華麗にスルーされたので直接れーるランドに行きます。
a002-DSC_0786.jpg
プロの厳しい目により色々とダメ出しを受けてしまい、結局1時間近くディスられましたww

キャンセルの穴埋めをしなければ・・・・と脳みそフル回転で悩んでいた為に、けんぼー様にはうまく説明できず申し訳ない限りです。
前日、東武やメトロの博物館も見られたそうで、きっと落差が大きかったでしょうね。

そのキャンセルですがプラレーラーのNG(Next generation)のお1人が来てくれる事になりました。
なんと翌日まで静岡に居る予定なのを切り上げて新幹線で向かってくれるそうで申し訳ありませんです。
ホッとしたので小田急線に(笑)
a003-938A6860.jpg
赤いの来た~

a004-938A6873.jpg
白いの来た~

a005-938A6889.jpg
時間が無いのでこれにて終了。


お次は東急です。
a006-938A6897.jpg
東急代表で猫電車(笑)


a007-938A6918.jpg
時間が無いのでこれで終了w


a008-938A6968.jpg
さて、次に移動します。
時間が無いので立ち食い蕎麦食べて渋谷に


a009-DSC_0787.jpg
残念ながら渋谷は駅を出て来たところは、もう撮れないんですね。残念です。
一旦、ホテルにチェックインして納涼船乗り場に。
皆様、お早いお越しで有難い限りです。
待つ間に前哨戦(笑)一杯飲んでしまいましたw

集金が終了し窓口で支払いを済ませると、何故か団体名がハムちゃんの本名。
あれ?今日は記念イベントの為に団体名を書いた紙をプレゼントしたかったんだよな・・・・と思いながら
入口に貼る紙を差し上げれば良いや・・・・と考えておりました。
a010-DSC_0794.jpg
船の到着が遅れるとのアナウンスが有り、もう一本飲めるね~と意味不明な事考えながら待っているとようやく着岸。
準備完了のアナウンスと共に乗船。
a011-DSC_0798.jpg
今年はスパークリングワインがオードブルに付きます。


a012-DSC_0801.jpg
勿論、ドリンクは飲み放題ですのでガンガンいけます。


a013-DSC_0807.jpg
今年は「プラレールのすべて」が発刊されて20周年と言う記念すべき日ですので執筆に御協力頂いた方や作例を製作された方には当時の貴重な作品を荷物になるのにも拘らずお持ちいただき感謝です。
そして入口に貼ってある「プラすべ発刊20周年記念」の紙を名編集者のY様にお渡ししようと考えていましたが
入口の紙もハムちゃんの本名が書かれていました(笑)

まぁ、いつも通りな感じです。

さぁや嬢がいつも景品クジを作ってくれますが、今回は素晴らしいスクラッチカードでした。
センス良いイラスト入りの逸品で感動でした。
また、参加の方からも素敵な商品の提供を受け有難い限りです。

a015-938A7142.jpg
乗船する”さるびあ丸”も来年6月に引退しますので納涼船で乗るのは今回が最後です。
悲しいですねぇ。しかも浴衣ダンサーズも今回が最後とアナウンスされ残念です。
因みに2005年から納涼船に乗船していますが結局、生で浴衣ダンサーズが躍る所を見に行かず
景色も見ずに飲み続けて終了ですw
あ、写真はハムちゃんに撮って来て頂きました。

某銀行の頭取が乱心されたので2回ほど廊下に引きずり出しましたが、すぐに戻って来て乱心され続けていました(笑)
女性陣には御迷惑をお掛けし大変申し訳ありませんでした。
翌日「銀行員生活で廊下に引きずり出されたのは初めてだ!しかも2回!」とブツブツ言っていたので「俺も出したのは初めてだ!」と言っておきました。

羽田沖で反航し竹芝桟橋に戻り始めた頃、「これからはNext generation'sの時代だ!
プラすべじゃ無くて大全だろう!」とプラすべを破くパフォーマンス。
a014-938A7126.jpg
自分の本が破られてハムちゃん涙目w
さぁ、盛り上がって参りました!


a016-DSC_0814.jpg
コチラは、奇跡の手先を持つ方々が作られた作品。
さすがにこれはNext generation'sも手が出せなかった様です(笑)

a017-938A7170.jpg
そんな訳で最後の納涼船も無事に終了。
参加頂いた29名から1人引いて、さらに参加頂いた1名様に心から感謝いたします。
次回の納涼船がどんな感じで開催されるか判りませんが、いいプランがあると良いですね。

今まで参加頂いた皆様に心から感謝いたします。


a018-DSC_0820.jpg
さるびあ丸は作れるけどCC206は作らないCEO様の作例で親子写真。

短い航海の時間ですが、その分集合時間が早い我々ですのでいっぱい呑んでいっぱい食べました。
a019-DSC_0825.jpg
そんな訳でラーメン。
店長が謎のマウントを取りに来たので星の数は減らしますが美味しかったです。
コンビニでビール買ってホテルでビール買ってベットに戻ります。
a020-DSC_0828.jpg
ことしもココで泊まります。


a021-DSC_0789.jpg
今年はシーツが既に敷いてあったので楽ちんでしたが、隣の外人さんのイビキが爆音でした。

かわいい私

皆様も御存知の通り、私は「かわいい」に目が無く、常に「かわいい」を探求しつづける者です。

身の回りの物も生活・・・・いや人生そのものが「かわいい」が常に最優先です。
当然、渋谷や原宿に半分住むような生活を送り、最先端の「かわいい」を取り入れ続けています。
いつも「かわいい」コーデに身を纏い、「かわいい」グッツに囲まれ「かわいい」と言えば茶さんだと
皆様から言われています。



はい!嘘松乙!
なわきゃねーよ。
いつも漫画のキャラクターみたいに同じ服着てプラレールと発泡酒まみれでさあね!
へっ!
何が原宿ぢゃ!ビートたけしの「北野印度カレー」か梅宮辰夫漬物本舗しか行かねぇってばよ。
あ、マーシーの店にも行くっス。


などと80年代からやって来たタイムスリップ野郎な私ですので、これに行って来ました。
a001-DSC_0589.jpg
原田治展です。
いやぁ、台風の置き土産で超暑い日でしたので空いているかと思いましたが平日なのに混んでいました。


a002-DSC_0743.jpg
観覧料800円を支払って早速観に行きます。
入口にあるグッツ売り場に会計の列が出来ていました。


a003-DSC_0741.jpg
入口から「かわいい」で攻めて来ます。
チョット気後れしそうですが頑張って突入します。警備員さんも来ません。

最初は幼少期に描かれた絵や氏が影響を受けたと言うシーモア・クワストの作品等が展示されていました。
私の幼少期の絵が展示されたら病院に行けと言われるんでしょうねぇ。


a004-DSC_0594.jpg
70年代に雑誌an・anでイラストレーターとしてデビューしますが、多くのイラストスタイルを確立したり
抽象画家を最初は目指していた等の事が説明され興味深く見入りました。
オッサン一人だけで超アウェーですが。負けません。


a005-DSC_0616.jpg
一番見入ったのは、氏が手掛けた文庫本の表紙のコーナー
これらを見ているだけでも如何に氏がオールラウンドプライヤーだったかが解ります。


a006-DSC_0619.jpg
下の段は解っても、上の段が氏の作品だなんて知らないで読んでいました(笑)
うぅぅむ、如何に雑に読んでいたのか・・・・恥じ入るばかりです。


a007-DSC_0596.jpg
多彩な作風で多くの作品を手掛けた事もあり、来場者の皆様も「これも原田治なんだ!」の声があちこちから聞こえて来ました。


a008-DSC_0633.jpg
一番反応が有った作品(笑)
私は知っていましたよ~!と鼻の穴を広げて眺めていました。


a009-DSC_0635.jpg
有名な東急電車のドアステッカー

a010-DSC_0638.jpg
ええなぁ。ええなぁ。ダンボール箱売れば良いのに(笑)


a011-DSC_0639.jpg
この広告も長いお付き合いですが、色褪せないのがさすがです。
今見ても「かわいい」です。


a012-DSC_0643.jpg
一時期、崎陽軒の「シウマイ弁当」に入っている醤油入れも原田治氏のデザインでした。
80種類の絵柄が4色計320種類。んで大小があるので全部で640種類なんだそうです。
復刻してくれませんかね?

a013-DSC_0646.jpg
商品のパッケージと
a014-DSC_0647.jpg
細かい指示が書かれた原画の展示がすばらしいです。


ホワイトで修正された原画
a015-DSC_0690.jpg
シンプルな絵であるが為に少しのラインが違っても印象が変わってしまうので細かく修正された
様子が良く判り感動しておりました。



a017-DSC_0723.jpg
壁に並べられた”OSAMU GOODS”などの品々


a016-DSC_0722.jpg
ええ、私が一番お世話になったのはミスタードーナツの景品です。
これらを見ていると勝手に脳内にアメリカのオールディーズがリフレインしまくります。
コーヒーおかわり!


a018-DSC_0724.jpg
人気の高いマザー・グースシリーズのイラスト。最近復刊されましたね。
いいなぁ、こんなかわいい本で育った子供は。
ウチにあったのはジョン・テニエルが描くハンプティ・ダンプティより怖い感じの本だったしなぁ。

ハンプティ・ダンプティが塀に座った
ハンプティ・ダンプティが落っこちた
60人の男にさらに60人が加わっても
ハンプティ・ダンプティをもとのところに戻せなかった

の詩と共に無念そうな顔の割れたハンプティ・ダンプティ
・・・・・トラウマですがな。


a019-DSC_0663.jpg
おおっ!ビックリハウスだ!
最近では古本屋でも見かけなくなりましたね。きっと高いんでしょうねぇ。
お洒落な人はビックリハウスを。ヲタな私はOUTを読んでいましたが根は一緒です(笑)


a020-DSC_0658.jpg
氏は島にあるアトリエで創作活動をされていました。
イラストだけでなく立体物も製作され、それらの作品も展示されていました。


a020-DSC_0725.jpg
氏、最後の作品も展示されていました。
「かわいい」のムーブメントを作った氏の足跡を色々な角度から見る事が出来る素晴らしい展示でした。


かわいいを満喫したのでかわいいランチに行きます。
可愛いので3駅歩いて行きましたw
a021-DSC_0773.jpg
かわいいおじさんがやっていたお店。もう開く事は無いのでしょうか?
美味しかったんだけどなぁ。



なもんで新規開拓!
a022-DSC_0771.jpg
30℃を大きく超えた当日、狙い通りに空いていて良かったです(笑)

かわいいのでビールとチューハイ買って帰りました。

いるかいなかった

男の子ならみんな知っている小松崎茂画伯
そんな画伯の原画展に行って来ました。

a001-DSC_0422.jpg
もう、このイラスト見ただけで説明不要ですよね。
素晴らしい。

a002-DSC_0454.jpg
実は平成7年に画伯の自宅が全焼し、膨大な量の貴重な原画や資料の数々が失われてしまいました。
それだけに今回の原画展は貴重です。

メインボードにはサンダーバード関連がズラリと展示。
a003-DSC_0504.jpg
原画をなめるように眺め筆遣いの素晴らしさを堪能います。
大きなポスターやプラモデルのパッケージで見ていた迫力ある作品ですが、原画で見ると、もう別物の様な迫力ですよ。
素晴らしいですねぇ~

取敢えず、イルカだイルカ。
イルカのラバーチェーンが欲しいんぢゃ!
a004-DSC_0458.jpg
・・・・・・・・イルカだけ売り切れですよ。ちょほほほほほ。
皆、考える事は一緒なのね・・・・・・・


DSC_0472.jpg
ショックを引きずりながら(笑)作品を見ます。
あぁ・・・・イルカ・・・・


DSC_0444.jpg
いいなぁ、これ。


a005a-DSC_0443.jpg
すみませんねぇ、偏った好みで(笑)
サンダーバードは詳しい方が大勢、熱く語っていますので、そちらにお任せしちゃいます(笑)


a006-DSC_0481.jpg
駄菓子屋さんの片隅にあった小さいプラモデルの数々。
子供の小遣いで買える、こういうキットには随分とお世話になりました。
今でも小遣いの額があまり変わらないのはどうしてでしょうか?(悲

a007-DSC_0479.jpg
「うずしお」とかノーチラス号として売られていた潜水艦。どっちにも似ていないと一刀両断w
しかしながら、中身とイラストが一緒な訳ですから画伯はメーカーから提供された資料で、ここまでカッコ良く描く訳ですから凄いですよねぇ。


a008-DSC_0468.jpg
これは知ってますよぉ!
艦橋アップのボックスアートに痺れましたからねぇ。
今見ても素晴らしい切り取りですね。何で取っておかなかったんでしょう?
バカバカバカ、俺のバカ。


a009-DSC_0463.jpg
あ、ヘリのプラモだ・・・・・とヘリ好きの上司に写真を送ると「幾つかまだ持っている」
恐れ入りました~

原画展を堪能したのでグッツを買って終了。
入場無料で撮影OKと言う太っ腹なのでグッツを買うのも当然です。
・・・・・・イルカ・・・・・・あぁイルカ・・・・・・

せっかくですので4階に上がり、気になっていたスポットを眺めて来ました。
a010-DSCPDC_0002_BURST20190902114742999_COVER.jpg
何だと思います?


a011-DSCPDC_0000_BURST20190902114818942.jpg
凄いなぁ、良いなぁ~・・・と眺めて来ました。


a012-DSC_0442.jpg
もう一つの展覧会を見に行こうと考えていましたが、月曜休館とラーメン食べている時に知り
衝撃の帰宅となりました(笑)

待望の電話

今、世間で大ブームなのにも関わらず我が家には縁が無かったので寂しかったのですが、ついに来ました!

オレオレ詐欺!!

いやぁ、「この辺の地域に重点的に電話が掛かっていますので注意して下さい」と
しょっちゅうお巡りさんがウチにチラシを持って来ますが、さすが反社会勢力。お金の無い我が家はスルーされる日々でした。

先日、母親が電話に出ると「××おばちゃん、俺だよ俺!」
母の名前はちゃんと合っていたそうですw
誰だ?と尋ねると「一番上の甥っ子、ヒロだよ!」

親戚に居ると言えばいますが、そんな話し方をする方では無いので、もし本当に本人だったら
ヤバいクスリでもやっている様な話し方なので通報するレベルですw

メチャクチャ怪しいのでのらりくらり・・・・と話を聞いていたらヒロちゃんは舌打ちをして電話を切ってしまったそうで(笑)
一応、警察にも電話したら「被害が無いのでしたらいいぢゃ無いですか」で終了www

きっと詐欺集団の研修だった様な雑な電話だったそうです。
「ヒロかい?ウチは大変なんだよ。すぐに5万振り込んでくれ」って言えば良かったのに・・・・・と反省会。
せっかくブームに乗れたのですがイマイチな電話だったので消化不良です。
知人の家ではかなりスキルの高いオレオレ詐欺の電話が掛かっていて、もう少しで騙される所だった話を聞いたりしていたのでワクワクして待っていたのですが。

残念です。

研修期間が終わったらまた掛けて来て下さいw

プラム・ポイント

本日は御招待に与りましてこの様なイベントに行ってまいりました。
Screenshot_20190525-225951.jpg
開始時間の14時ギリギリに到着。

上野駅についてという内容でしたので上野駅と言えば・・・・な晒され大王様にお越し願いました。
後はザコな私と、私を誘わない事で有名なハムちゃん、たまたま居ただけで連行された山Pの産廃トリオです。
いや、ぶっちゃけ気合の入った講師にいきなり突っ込む晒され大王!
素晴らしいガチンコ勝負です(笑

「尾久駅と日暮里駅、それに上野駅の3駅から水戸駅に行く場合どの駅が一番安いか?」の設問に
答えられた私は下諏訪氏の永年に渡る厳しい特訓の成果だったと思いますwww
あと、通勤別線における通勤定期の設問は余裕でしたw

あのまま晒され大王を放置すると講師と殴り合いになるか竹馬の友になるかの二択でしたので
適当に引き離そうとした時にハムちゃんが地震を起こしゲームセットししてくれたので助かりました。
ってか、そんなガチなバトルになるとは思わなかったので色々勉強になりました。
私の人選も間違っていなかった様ですw

晒され大王様とは余り飲む機会が無かったので神田に出て「中国最高!」と3回念じて帰って来ました。
これでプラム・ポイントも結構貯まったかと思いましたがちょっとしか貯まらない様でした(謎
頑張ったんですけどねぇ。
ま、楽しかったのでモーマンタイです。

楽しい令和初め

令和初日に下諏訪氏と昼食でも・・・・・と考えていましたが、せっかくなので色々とお声掛けをすると
皆様、連休中の中快く御参加して下さり気が付けば総勢13名になってしまいました。最高です。


P界の特別ゲストとして”としぼう”様を。
船界は”てんてー”を御用意しておりましたが、御両人からも集金しちゃいました。すみませんw
938A9525.jpg
お陰様で仕事終わりにも関わらず楽しいお酒で潰れずに飲み続けられました。
14時開始で21半終了。笑いっぱなしで楽しゅうございました♪
勿論、帰宅後は撃沈でございましたよw


御参加頂いた皆様、急なお誘いにも拘らず快く御参加頂き感謝でございます。
令和も是非宜しくお願いいたします~

神様トリオ御降臨

東京に稲城と言う市がありまして。
名物は美味しい梨とメカデザイナーの大河原邦男先生と言う市です。


そんな稲城市の本日のイベント
inagi07.jpg
ヤバいです。マジでヤバいです。語彙力が無くなるぐらいにチョーヤバいです。

先行するsui様を待たせて京王線に乗って若葉台駅へ急行します。急行は止まらない駅ですがw
会場に着くとイベントが色々と行われていて賑わっています。

壁に”超越野車戦国ギバギオン”のイラストが。
a-DSC_0673.jpg


a-DSC_0675.jpg



デザイナーズサミットの会場は第一部としてコマのバトル大会が開催されていました。
a-DSC_0668.jpg
せっかくなので・・・・と見ているとプレゼンテーターが大河原先生でビックリ。
凄いなぁ、稲城市。

稲城市で過去に貼られたポスターも展示されています。
a-DSC_0671.jpg
稲城長沼駅ベアテラスオープン時のポスターはアイアンリーガーやらガンダムやらスコープドックやら
ヤッターワンやら・・・・・凄いですメンバーです(笑)
丸いのは大河原邦男先生がデザインした稲城のマスコットキャラ「稲城なしのすけ」
因みに稲城市のゴミ袋にもデザインされています。


a-DSC_0681.jpg
これまたシュールな図ですw  犬は稲城にある遊園地「よみうりランド」のキャラ「ランドドック」です。
稲城市のセンスに脱帽です・・・・・



a-DSC_0683.jpg
南多摩駅が高架になった頃に作られたポスター
ガンダムだヤッターワンだ、レイズナーだ! そして大好きなダグラムだ!と思って見ると・・・


a-DSC_0684.jpg
先生!ダグラムが朽ちています!(号泣



a-DSC_0685.jpg
14時からいよいよイベント開始。ここからは撮影禁止でございます。

本編はアニメーションの企画から製作、放映までを「装甲騎兵ボトムズ 戦場の哲学者」をモチーフに話を進め
メカニカル設定で作中に搭乗するAT”ホワイトオナー”の初期デザインから決定稿までの流れや
デザインの裏話で盛り上がります。

また銀河万丈氏の生ナレーションが披露される等、無料イベントとは思えない充実ぶりで最高でした。
質疑応答コーナーでは当然、ディープな質問が出されますが予測していたかの様なアンサーで会場を沸かしていました。
ずっと質問がボトムズ関係だったのですが最後の方がダグラムの質問で尚且つ3つも質問すると言うGJでした(笑)

「メカをデザインされるにあたり、メカの色に対して何か注意している点が有れば」という質問に
デザインする時にイメージとしてポスカで軽く色を付ける時は有りますが、当時はセル彩色のカラーの値段が高く
「色指定」のセクションで「このメカは何色まで。このメカとこのメカの色は流用出来るようにして全体の色数を抑える」とかやるので私はデザインだけで色には基本関知しません。」
今はデジタル彩色だから色を多く使えるから良いよね~  と。

ボトムズを収録当時の声優さん同士のエピソードが有りましら教えて下さい・・・の質問に
「収録終わったら皆帰るし、自分は予告の収録が有るので一人残るので特にエピソードが思い出せません」に場内爆笑。
「あっちはチームの掛け合いが盛り上がるけど、こっちは嫌われ者のロッチナでしょ?一人っきりだったし」
あの頃、高橋監督が直前に書き上げた予告文で収録していたけど、あの紙を全部取っておけば
(御自身がナレーションしている)なんでも鑑定団に出るんだけどなぁ・・・・と笑わせていました。


勿論、「むせる」のワードも飛びだしましたし、大河原さんの「偉い奴の機体には何か付けておけば良いの」発言も最高でした。


もう、レジェンド御三方のトークは最高でした。
稲城市最高。

あ、今思い出しましたけど私の本籍地は稲城です。
随分と何かから逃げるがの如く引っ越しを繰り返していますが本籍地だけは動かしていません。
だから何だと言われても困りますが稲城最高!と言う事で。


a-DSC_0688.jpg
イベントを満喫したので朝食兼昼食兼夕食。
テンション上がったのがいけなかったのか、帰り道にオフ巡りをしてしまい、すっからかんになってしまいました。

むせる。


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索