FC2ブログ

新散財日記

鉄・海・空・・・乗り物まみれの日々です。 プラレールもあるでよ・・・・と。

 
1
4
6
7
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
26
27
28
29
30
31
05


プラム・ポイント

本日は御招待に与りましてこの様なイベントに行ってまいりました。
Screenshot_20190525-225951.jpg
開始時間の14時ギリギリに到着。

上野駅についてという内容でしたので上野駅と言えば・・・・な晒され大王様にお越し願いました。
後はザコな私と、私を誘わない事で有名なハムちゃん、たまたま居ただけで連行された山Pの産廃トリオです。
いや、ぶっちゃけ気合の入った講師にいきなり突っ込む晒され大王!
素晴らしいガチンコ勝負です(笑

「尾久駅と日暮里駅、それに上野駅の3駅から水戸駅に行く場合どの駅が一番安いか?」の設問に
答えられた私は下諏訪氏の永年に渡る厳しい特訓の成果だったと思いますwww
あと、通勤別線における通勤定期の設問は余裕でしたw

あのまま晒され大王を放置すると講師と殴り合いになるか竹馬の友になるかの二択でしたので
適当に引き離そうとした時にハムちゃんが地震を起こしゲームセットししてくれたので助かりました。
ってか、そんなガチなバトルになるとは思わなかったので色々勉強になりました。
私の人選も間違っていなかった様ですw

晒され大王様とは余り飲む機会が無かったので神田に出て「中国最高!」と3回念じて帰って来ました。
これでプラム・ポイントも結構貯まったかと思いましたがちょっとしか貯まらない様でした(謎
頑張ったんですけどねぇ。
ま、楽しかったのでモーマンタイです。

スポンサーサイト

南国の北斗星

ラオスからタイに戻って来て泣きながらモールで充電器を買うと言う醜態をさらしショックで寝込みました。
暑くて体力が無くなったとも言いますがせっかくのナイトマーケットはスルーで申し訳ない。

その代わりと言っては何ですが翌日は朝5時に起きてSui様がスマホで呼んで頂いたタクシーに乗車。
001a-938A0486.jpg
この位の明るさのクルンテープ駅が好きです。
長距離列車の発着だけでも残してくれませんかねぇ?(しつこい)


タクシーに2時間弱ほど乗って目的地に到着!
002a-938A0500.jpg
地元の人もバンコクのタクシーが珍しいのかジロジロ見ます。
運転手さんも初めて来たので色々買って帰って行きました(笑)凄く良い運転手さんでした。


そんな訳でやって来ましたノンドック・プラドック駅
003-1137-938A0553.jpg
ここにJR北海道から購入したDD51が2両いるのです。
コチラはDD51-1137号機

004-1137a-938A0564.jpg
砂箱が撤去された台車が新鮮です。

005-1137a-938A0628.jpg
雪の降らないタイですので旋回窓も撤去されスッキリした印象です。


006-1137a-938A0639.jpg
塗装は長期に渡る室蘭港での留置の為、大夫荒れていましたがタイで塗り直されて現在はピカピカです。


007-1137-DSC_0009 - コピー
ここは午後が順光の様でしたね。ちょっと残念です。


もう1両のカマ
008-1142-938A0711.jpg
DD51-1142

009-1142a-938A0580.jpg
ナンバープレートもJR側で剥がされての売却でしたので、タイ側が新たに作ってくれました。


010-1142a-938A0677.jpg
保線を請け負う会社が大規模軌道更新工事用に入手し保線基地に搬入し整備が行われています。


011-1142a-938A0840.jpg
現在は基地と本線が結ばれていない為に構内を転がるのみですが、資材置き場に大量のレールと枕木が置かれ整地されいる部分を見る限り、かなり大規模なデポが建設される様です。
ホッパー車等の貨車も送り込まれており、これをDD51が引くシーンも是非見たいものです。


014-DSC_0010.jpg
整備中のモーターカーもたくさんいました。


015-DSC_0019.jpg
コチラも日本から来たマルタイですね。


016-a-938A0552.jpg
これの用途が解りません。何用でしょうか?


017a-938A0579.jpg
非電化のタイ国鉄に「架線注意」の文字が光るマルタイ(笑)


018a-938A0589.jpg
こう言うモーターカーの活躍を見るだけでもココに来る価値は有りますよ。
是非、再訪したいものです。


019a-938A0592.jpg
これは余り日本では見た事無いデザインですね。


020a-938A0603.jpg
こんなものまで日本から来ているんですね。パッケージ案件でしょうか?

逆光ながらDD51を見る事が出来て無事に朝練終了!

ぱにゃにゃんだー、俺

バンコクはクルンテープ駅を定刻に発車した列車は一路ノンカーイに向けて夜の東北本線を疾走
001-938A9923.jpg
ウドンタニ手前辺りから食堂車のおばさんがメニューを持って注文を取りに車内を廻ります。
寝台も上下共に起きている個所から座席に変更されて行きます。

それにしても停車・発車のショックが無く快適な寝台列車でした。
002-938A0007.jpg
定刻より10分程度の遅れでノンカイ駅に到着。
最近のタイ国鉄はかなり長距離列車を中心に時刻に忠実になって来た気がします。
右に写る銀色の客車が私たちの乗って来た列車。
手前の気動車がバンコクに向けて間もなく発車する急行列車。約10時間の旅路です。

ここから我々は「国際列車」に乗り換えます。
パスポートチェックを行って列車に乗り込みます。
003-938A9961.jpg
乗るのはこの列車。
日本のキハ20系列の流れを汲むRH系気動車。

004-DSC_0243_1.jpg
2両1ユニットの気動車で1960年代に日本からタイに輸出されました。
連結面の雰囲気が昔の小田急の通勤型車両の前面貫通路みたいですね。



005-938A0015.jpg
運転台も右運転台ですが日本なデザインです。

005a-938A0020.jpg
車内も懐かしい感じです。
まだ朝ですのであまり暑くないのが助かります。非冷房でつり革つきの車輛で国境越え。
楽しくって仕方ありません。


007-DSC_0252_2.jpg
定刻に発車した列車はタイ・ラオス友好橋に差し掛かります。
このメコン川に架かる大きな橋は道路の真ん中に線路が敷設されて有ります。


006-DSC_0251_1.jpg
寝台列車から乗り継いだ乗客は2両で20人に満たない数。
先程のノンカ-イからバスでラオスに向かった方が格段に便利ですので、この列車に乗る人は
物好きな旅行者か鉄です。
もっとも鉄イコール物好きですが・・・・汗


008-938A0092.jpg
橋を渡り切りラオス側で再び道路は分かれて行きます。
列車が走る時は道路は通行止めとなり列車と歩行者のみが通行できます。
もう少し幅が有れば列車と自動車が一緒に渡れたんですけどね。


009-938A0135.jpg
ラオス側の駅、ターナレーンに到着。
実はラオスの鉄道はこの区間のみで橋の上の国境から駅までの3Kmに満たない距離のみです。
そんな訳で無事にラオスの鉄道を全線完乗!(笑)

入国税をイミグレで請求されましたが、まだラオスの通貨は持っていないのでタイバーツで良いか聞くと大丈夫でした(50バーツ)
010-938A0152.jpg
タイへの国際列車が発着するターナレーン駅。
・・・・・・聞いていた通り人の姿が有りません(笑)

列車も1日僅か2往復しか設定されておらず、次の列車が最終列車ですw
駅構内には貨物輸送用のヤードも整備されていますが全く使用されておらず間もなく草に埋もれるでしょう。
首都ビエンチャンまでの延伸計画も有りましたが現在は中国の一帯一路構想による高速鉄道計画に変わり
現在工事が進められています。


実はラオスに一泊する予定だったのですが、同行されているsui様の休暇の関係で日程を再構築した際
ラオスは「また今度」と言う事になり日帰りです(笑
しかも飛行機が13時45分の次が深夜になってしまうので翌日の事を考え1345の便に決定。
列車が遅れたら大変な所でしたが、何とかなりました。ありがとうタイ国鉄!

そんな訳で飛行機が出るまでの間に観光しながら空港に向かうミッションなのですが、美味い具合に
新しい車の男性が「ビエンチャンまで乗って行くか?」と結構な値段を行って来たのでsui様が
それに上乗せするから観光させろと交渉。
倍まではいかない値段で何とか納得してくれたので契約決定。
ま、当然外人価格で高いとは思いますが、ターナレーンで放り出されても困るので「エアコン代」として納得。

011-DSC_0254_2.jpg
最初のお寺に到着。
見学もそこそこにお店でTシャツをタイバーツで買ってお釣りをラオスの通貨「キップ」で貰いました。


012-938A0170.jpg
ガソリンスタンド。家族?3人が御飯を食べている最中でしたが、私らの車の後にバイク等も入って来て
皆さんのお食事一旦休止。申し訳ないです。


013-938A0190.jpg
タートルアンは車から見ただけです(笑

014-938A0216.jpg
おじさんにリクエストして連れて行って貰ったパトゥーサイ
ラオスの凱旋門と言われております。
中ではCMか何かの撮影が行われていました。


015-938A0312.jpg
観光客相手に写真を売る人達も暇そうでしたw
このパトゥーサイ周辺が首都ビエンチャンの中心になる訳ですが、本当に静かですね。
車も大した交通量では無くジャカルタやバンコクと比べると嘘の様です。


016-938A0260.jpg
ロータリーを廻る京都市営バス


017-938A0279.jpg
首都の発展による乗客の増加にバスが追い付かない為に日本がODAとしてバス42台を贈り運用されています。
その印を掲げた路線バス。


018-938A0331.jpg
ラオスの迎賓館”ホワイトハウス”

丁度、ホワイトハウスに偉い人が到着した様です。
019-938A0340.jpg


京都市営のバスも撮れたし色々と観光出来たし・・・・とせっかくなのでラオスで朝ごはん食べたいです。
おじちゃんに「カオ・ピアックが食べたい!無かったらおじちゃんが美味しいと思う店に連れて行ってくれ」とお願い。

020-938A0377.jpg
連れて行ってくれたお店はカオ・ピアック(お粥)は無かったものの、緬のカオ・ピアック・センがありました。
因みに帰って来て調べるとラオスの人はどちらもカオ・ピアックと呼ぶそうです。
勿論、とても美味しかったです。


その後はワット・シーサケートを見学。売店でお約束のラオスと書いたマグネットを自分用に買いました(笑)

もう一か所ぐらいは廻ってやるぜ?と言われましたが余裕をもって空港に行こうと言う事になり
特別ツアー終了。
バーツを払う時に紙様が随分とチップを突っ込んぢゃったので日本人はちょろいと思われたかも知れませんw
ビエンチャン近くのワットタイ空港(VTE)まで送って貰い終了。


021-938A0404.jpg
空港から市内に行くバスも京都市営バスです。


022-938A0454.jpg
こちらも京都市が2016年に30数台を寄贈したものです。


静かなワットタイ空港でビールくず。
023-DSC_0303_2.jpg
ラオスのビールも飲めてラオス満喫


余りトラフィックの無いワットタイ空港ですが乗った便はほぼ満席でした。
そんな訳でタイにとんぼ返りとなりましたが濃く観光出来て楽しかったです。
また今度、ゆっくり観光で来ます!


タイはドンムアン空港に到着
再び長々と入国審査の列に並びクルンテープ駅に戻り預けていた荷物を引き取りホテルにチェックイン。
実はカメラの電池が2つしか無く、充電器もありません。
きっと預け荷物の中に入っているんだろう・・・・と僅かな期待をしておりましたがトランク開けても
出て来ずショックのパー。


泣きながら取敢えず夕飯に行きます。
024-DSC_0320_2.jpg
取敢えずビールに溺れたかったのでタイスキの店にダイブイン!
店内で色々と調べると意外にカメラ屋さんってのがありません。
タイ人はどうやってカメラ買うねん・・・と更に調べると「ネットで買う」


い・・・いや・・・そりゃそうなんですがそれは困ります。
さらに調べるとBTSで2駅ほど行くとモールにカメラ屋が入っている事をキャッチ!
025-DSC_0324_2.jpg
BTSに乗りモールに移動します。

巨大モールの中に有りましたよ、カメラ屋さん。
私のカメラのバッテリーを見せて「これのチャージャーありますか?」
ノンオリジナルなら有るぜ!と言うので購入。
DSC_0336_2.jpg

お幾らですか?と恐る恐る聞くと「1500バーツ」との事でめでたく即死。

ライオンにやられる

憧れの落花生様のミャンマー任期が今年までと聞き「ならば5月頃に行ってお会いしよう」と企画したのが
去年の12月。

西武の紙様とsui様が同行して頂けると言うので各務ヶ原と10連休が終わった5月中旬にロックオン!
大体のスケジュールを決めた所で衝撃の報告が。

「1月4日に離任の辞令が発令」
エリート様ってのは正月って無いんですねぇ。ビックリですよ。
さて、もうミャンマーに行く必要も無くなった訳ですが、だからと言って止める我々でも無いので
ブレーキの壊れたトロッコ宜しく暴走開始です。

祟氏が「最近タイ・ライオンエアに乗ったんですけど預け荷物も無料だし良かったですよ」と勧めるので
クリックしたのが1月18日。
後で知りましたが預け荷物の無料扱いは1月15日発券分まででしょんぼりでした。

その後も相変わらずスッタモンダしましたが、5月16いよいよ出発です。
タイ・ライオンエアは成田11時半出発でしたので9時までには空港でチェックイン出来れば余裕だ・・・・と思っていたらタイ・ライオンエアからメールが。

「親愛なる茶:
 タイ・ライオンエアを選んでくれてありがとう。
 そんな貴方にニュースを一つ教えるよ。貴方の選んだ便は成田を8時40分に出る事にしたよ。
 良い旅行を!当日会いましょう!」

 
は?

成田を8時40分に着く飛行機に乗るのは何時に家を出れば良いんだい?
前泊する位ならLCCなんか乗らんがな!
結局sui様に午前3時に迎えに来て頂き、午前4時に紙様をピックアップ、成田に6時と言うプランに決定。
前日、WEBチェックインをサッサとして寝ようとしましたが、全くWebチェックインのページに繋がらずイライラ
半日以上PCと格闘しておりましたが気が付けば出発まであと4時間切ってます(涙
風呂に入って横になった途端、sui様から「着きました」メールが。

ふぐぅぅぅぅ~・・・・と開かない目をそのままに出発。
まず、それが第一の悲劇を招くのです。

紙様を拾って無事に成田着。
a002-DSC_0091_2.jpg
本当に早いですねぇ。ライオンを選んだ自分が全部悪いんですけどね。


チェックインカウンターで「昨日、全然WEBに繋がらなかったんです」と言うと「ずっと繋がらないんですよ」と笑顔で。

おいっ!(# ゚Д゚)


a003-DSC_0092_1.jpg
チェックインは済みましたが、朝早いので出国審査が始まっていません。
行列に並ぶのは嫌・・・・・と椅子に座って列の解消を待ちます。

列も動き始めたので出国審査。
a001-DSC_0095_1.jpg
「日本の方は自動ゲートで~す。」と言われたので自動化ゲートで出国審査。
希望者はその先でスタンプを押してくれるので並んで押印。
ほぼ全員がスタンプ押して貰っていましたよ(笑  ホント日本のサービスは素晴らしいです。感謝。

タイライオンエアの機体はA330
a012-DSC_0100_1.jpg
受領したての機体ですのでトイレも綺麗。
座席にはモニターまで付いていますよ。勿論、日本人向けのプログラムは全く有りません。


スタッフに日本人も乗り込んでいましたが、アナウンスは全部日本人以外がたどたどしい日本語でアナウンス。
初々しい感じで良いですね。作戦勝ちですね。
a004-DSC_0098_1.jpg
定刻にテイクオフ。巡航に達すると軽食のサービス。
LCCでは珍しいサービスです。

座席は半分程度の埋まり方で、やはり朝早いのが効いているようです。大丈夫かな?
機内販売が始まったのでビールを注文すると「アリマセン」
すみません、低評価付けていいですか?

a005-DSC_0103_1.jpg
まぁ殆ど寝ていないのでシラフでも眠れたのが救いです。


a006-DSC_0107_1.jpg
当然、機内食も注文します。
寝て食べて寝て食べて。


a008-938A9634.jpg
起きたらタイ到着。
混んでていて入国審査に泣きたくなるぐらいに時間が掛かるスワンナブーム空港を避けてドンムアン空港を選んだ訳ですが
最近はドンムアン空港も時間が掛かるんですねぇ。泣きたくなりました。

結局、入国審査に1時間近く掛かりヘロヘロになり、列車でバンコク入りしようかと考えていましたが
2時間ぐらい穴の開く時間になってしまい諦めてタクシー。


タクシーでクルンテープ駅に行きトランクを預けてお昼ご飯を食べに行きます。
a009-938A9666.jpg
今年は特に暑いとタイ人も言っているそうです。
いや、本当に暑いです。

a010-DSC_0111_1.jpg
暑い暑いと言いつつ、結局バミーナームを食べに行く私です(笑
トンコツな感じのする美味しいスープで大満足。

食べた後は棺桶屋を見たり葬儀用の花屋をみたりしながら街をぶらぶら。
MRTが延伸開通すると聞いていたのですが若干工事が遅れてしまいダメでした。残念。


a012-DSC_0109_1.jpg
なかなかカッコいいデザインですね。80年代のアニメに出て来そう(笑

a013-DSC_0121_1.jpg
ぐるっと回って「鉄道なかよし公園」の近くを通ると今日は門が開いていたので見学。


a014-DSC_0126_1.jpg
台車は日本製でしたが車両ごと輸出された奴なんでしょうか?


a015-938A9857.jpg
クルンテープ構内で留置されているブルトレ客車ウォッチング

a016-DSC_0162_1.jpg
せっかく製作された青い特別車も既に塗装が剥がれ先が心配です。


a-17-938A9846.jpg
これが噂の12系客車の台枠を利用して製作された電源車。
2両が留置されていましたが番号から3両は製作されているようです。

a018-938A9799.jpg
お坊様らいどーん!


暑い中、街歩きや駅のウォッチングをしたので汗びっしょりです。
17時になったので「ビールくず」になりに行きます。
a019-DSC_0183_1.jpg
飛行機で呑めなかった敵を討ちます。

a020-DSC_0195_1.jpg
それにしても、このクルンテープ駅が無くなるなんて信じられませんねぇ。
長距離列車の発着機能だけでも残してくれませんかねぇ?

さて、ビールくずを満喫しましたので駅でシャワーを浴びに行きます。
10バーツ払ってシャワールームに行くもシャワーヘッドが無く、ホースで頭から水を掛けただけでしたが
メチャクチャさっぱりしました。

利用を考えている方はS字フック等が有ると便利ですよ。
まだ濡れた頭のまま目の前に停まっている列車に乗り込みます。
a021-DSC_0201_1.jpg
新型の中国製ステンレス客車です。


a022-938A9869.jpg
これでノンカ-イまで移動するのです。相変わらずこんなプランニングで済みませんw

a023-DSC_0211_1.jpg
今日のお部屋。
WEBで予約が出来るようになったのは良いですね。
以前も予約システムは有ったのですが休止していて去年復活しました。


定刻に出発。
a024DSC_0215_2.jpg
検札が終わると車両担当の方がすぐに寝台セット。
a025-DSC_0217_1.jpg
手際良く寝台をセットして行きますが、正直発車して直ぐにセットする位なら最初からセットしておけば良いのに・・・・と言う気も。


a026-DSC_0222_1.jpg
寝台もセット出来たので食堂車に移動しますが、タイ国鉄では酒の販売・持ち込みは禁止になったので
フルーツを頼んでみました(笑)

敵前逃亡

数日投稿しないと、遊びに行っているとか死んだとか言われる私ですが地味に仕事だけしています。

先日は久しぶりに四角い箱様と呑みましたが17時から23時までの間にお客さんが私らの他に
2,3人で来ていた1グループだけでしたし、そのグループもすぐに帰られました。
「この店大丈夫か?」と聞かれましたが、長い事通っている私も初めてでしたw
世間は10連休でお金使い切っちゃったんでしょうね。

近所で働くH氏にLINEで「いつもの所で呑んでる」と言ったら「こっちは連休明けで仕事が山詰みぢゃい!」
と怒られましたが今日は静岡に遊びに行っている様で、あの絶対に私を誘わないスタンスにちょっと抗ってみたいですw

そんな訳で居酒屋を二人でほぼ貸し切りと言う伝説を作りましたが、もうちょっとお客さんが来ないと
お店がヤバいので何とか頑張って欲しいです。 なめろう美味しかったです。

天文学的な回数払いでエアコンを購入しましたが、よく考えると取り付けに私の部屋に来る訳です。
そもそも足の踏み場の無い私の部屋ですよ。
せめて作業の足場だけでも・・・・と右に有る物を左に寄せ、左にある物を右に寄せて頑張っていましたが
却って汚くなった気がする恐怖のループに突入。

「別に好きな人が作業に来る訳ぢゃ無いから関係ねぇや!」とやさぐれて作業を放棄しましたが
作業自体、やってくれるか心配になって来ました。
ま、ダメならダメで自分が熱中症になるだけですからね。

・・・・・・・嫌だ、それは嫌だ!

な、何とかせねば・・・・・あ、なんか崩れた。
おっ、これ無くしたと思っていた本だ・・・・・フムフム・・・面白いなぁ~
あ、こんな所から取り寄せた資料が出て来たぞ。
こりゃ懐かしいのが出て来たぞ
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・
あ、こんな時間になっちゃった!
書き置きして逃げるか!?

しらせからのおしらせ

先日「海上自衛隊が砕氷艦しらせの運用撤退を検討」との報道が出ましたが
どうなるんでしょうねぇ。

海自にとっても砕氷艦の運用はアピールにもなっていますし、リクルート的にも非常に重要だと聞いていますので
そう簡単に手放さないとは思いますが、リアル「よりもい」の世界になってしまうのかもしれませんね(笑)
多分、退役乗員や予備自衛官等で維持する方向になると思いますが、大型艦ばかり作って来たツケが
民間協力に影を落とすと言う・・・・・まぁ仕方ないですね。

そんな「しらせ」より
si-DSC_0057.jpg
ぴおにる様より教えて頂いた「しらせ」と南極基地の風景印いりハガキが届きました。
いつもお世話になっている下諏訪氏にお渡し出来れば・・・・・と申し込み。
消印は南極圏に入った日でした。

それにしても晴海に着岸後、数日で自宅に届いたのには驚きました。
si002-DSC_0057.jpg
郵便マニアでは無いので、何処に風景印を押す様に指定したら良いのか判らず「普通の消印の位置でお願いします」と記入したら
綺麗に押印されて来ました。
本当は何処に押してもらう様にすれば良かったんでしょうか?

南極、行ってみたいなぁ~!

老害プラレ―ラー、府中に行く

府中のプラレールイベントに行って来ましたよ。
a001-DSC_0069.jpg
出禁になっていると思うのでこっそり潜入です(笑)


a002-DSC_0013.jpg
例年より会場が広がり、会場が保有する机もすべて使い切ってしまったそうです。


a003-DSC_0014.jpg
トミプ氏を発見。氏の担当ゾーンはトミカタウンをメインに展示していますが作り込みが凄いです。


a004-DSC_0015.jpg
これだけ展示すると片づけるのが大変そうだなぁ・・・・と見ている方がドキドキしちゃいます。
勿論、彼らはイベント慣れしているのでシステマティックに運営出来るのでノープログレムです。
私だったら翌日は寝込みます。


a005-DSC_0016.jpg
色んな自作車輛が展示されたり走ったり。
あのTGVは凄かったなぁ・・・・・

神の手を持つ「えちごや」様とお会いしたら帰ろうと考えていましたが、秩父鉄道で親子プラレ写真を撮っているのをSNSで拝見しましたので、お会い出来るかドキドキしちゃいました。
えちごや様が到着すると名古屋のイベントに出ていた寅さんも到着。色々と荷物も受け取ることが出来ました。


a008-DSC_0009.jpg
最近、プラレ界のコレクター頂点に立ちつつある雅さんと、なゆほ氏のお宝展示場。


a010-DSC_0029.jpg
話には聞いていましたが、生で見るのは初めてな商品。

a009-DSC_0025.jpg
寝台特急でマウントを取るゾーン。大丈夫。ボク本数ならもっと持っているモン!(僅差


a011-DSC_0020.jpg
キティーちゃんが走っているのを久しぶりに見ました(笑
今見ると悪くないですね。

a012-DSC_0043.jpg
噂の青函連絡船も見る事が出来ました。眼福。


a013-DSC_0049.jpg
シャベロクは昔、自分のHPでストーリーテラーとして使おうかと考えていましたが合成技術が無く
諦めました。同じことを考える人がいて嬉しいです。


a013-DSC_0067.jpg
これも私らは「ブロック墓ビル」を作っていましたが、こんな感じにすると密度が上がりますね。
素晴らしいです。


a014-DSC_0064.jpg
ラスト1時間は夜景モード。



a015-DSC_0056.jpg
柔軟な発想と確かな技術力が羨ましいです。
私はもう酒焼けした脳みそなので無理です。


a016-DSC_0057.jpg
結局、すぐに帰るつもりでしたが色んな方とお話しているウチに「蛍の光」が掛かりDNAが帰ろうと言うまで
居座ってしまい失礼いたしました。
これだけのイベントをスムーズに廻す福遠さん等の幹事の皆様の能力の高さに脱帽です。
こう言う方が居るから巨大イベントを何年も廻すことが出来るんですね。尊敬です。

取敢えず、帰りながら758さんや、suiさん、けんぼー様にも感謝しながら帰って来ました(笑

未来のエアロトレイン

インドネシアのテーマパーク「タマンミニ・インドネシア・インダ―」で運行されているエアロトレイン
003b-IMG_7331.jpg
これがどうやって動いているのかイマイチ理解できず悩んでおりました(笑)

001-DSC_0001.jpg
そんな中、紙物にはめっぽう強い下諏訪氏が資料を入手して来ました。
どうやって見つけて来たねん?


002-DSC_0002.jpg
お陰様で色んな疑問が氷解しました。
ま、若干疑問は残りますが、かなり面白いシステムでした。

004b.jpg
列車が発車する頃に駅から掃除機の音がするんですよ(笑


005b.jpg
走行音自体は非常に静かです。


006b.jpg
最高時速は70Km/hとなっていますが、のんびりゴロゴロと走ります。


006c.jpg
確か列車は3編成あったはずだよなぁ~・・・・と探しましたが2編成しか見当たりません。


008b.jpg
良く探すと、もう一編成は地上に降ろされてフライドチキンの店になっていました(笑


009b-IMG_7179.jpg
このタマンミニ、ロープウェーも2系統が走り、V字型の路線となっています。


010b-IMG_7249.jpg
なもんで、2系統が合流する巨大ロープウェー駅が見事です。



園内には鉄道も3線が敷設されています。
011b-IMG_7318.jpg
コチラはエアロトレインと同じ様なコースを走る列車。
以前は古い小型蒸気機関車を使用していましたが、現在は黄金に輝くスーパートレインです(笑


013b-IMG_7388.jpg
エアロトレインとの並走区間


014b-IMG_7418.jpg
客車も味わい深いデザインです。媚びていないのが良いですねぇ。


015b-IMG_7434.jpg
良い感じの園内鉄道ですよ。
タマンミニは巨大施設の為、移動は基本自家用車と言うシステムです。
暑い中、良く歩いたもんだと自分を褒めてあげたいですw

017b-IMG_7704.jpg
テーマパークなのに野良犬がいますよ。ノラ。

019b-IMG_7710.jpg
コチラは子供ゾーンにある鉄道。
ちょっと派手な機関車が子供を乗せてやって来ます。ヘロヘロさが堪りません。


018b-IMG_7501.jpg
運輸省ゾーンではこの機関車が2軸客車を2両牽いていましたが、機関車故障の為に休止となっていました。
あれだけ機関車を廃車にしたんですから状態の良いのをここに持って来れば良いのにね。


随分とエアロトレインから話が脱線しちゃいましたが、下諏訪氏のお陰でスッキリしました。

楽しい令和初め

令和初日に下諏訪氏と昼食でも・・・・・と考えていましたが、せっかくなので色々とお声掛けをすると
皆様、連休中の中快く御参加して下さり気が付けば総勢13名になってしまいました。最高です。


P界の特別ゲストとして”としぼう”様を。
船界は”てんてー”を御用意しておりましたが、御両人からも集金しちゃいました。すみませんw
938A9525.jpg
お陰様で仕事終わりにも関わらず楽しいお酒で潰れずに飲み続けられました。
14時開始で21半終了。笑いっぱなしで楽しゅうございました♪
勿論、帰宅後は撃沈でございましたよw


御参加頂いた皆様、急なお誘いにも拘らず快く御参加頂き感謝でございます。
令和も是非宜しくお願いいたします~

お世話になりました。

いよいよ平成ともお別れですね。
平成最後の瞬間・・・・もしくは令和最初の瞬間はきっと愛おしい人の顔を見ながら迎えるんでしょね。

私?私は勿論、”呪わしい上司”の顔を最後に見て平成を終えて令和に飛び込む予定です。
下手をすると山Pやロールキャベツ氏の尻を見ながら令和にGO!になるかも(涙

しかし、自分が生きているうちに元号を3つも経験するとは思いませんでした(今日を無事に生き残った場合ですが)
Sは診察券の一番右端に有ったのが今では左側に近いですからねぇ。
TSHで現状はセンターですがw
昭和が終わった日の記憶は余りありません。しかしあの頃は「暗くて寒くて全部自粛」だった記憶は有ります。
社内の電照広告やネオン類をすべて消さなくてはいけませんでしたが、殆どがオートタイマーで光る為に
”消す事を考えていなかった”事が問題となり、業者さんを呼んで消える様にするのが大変でした。

TVも深夜番組のお笑いや、お色気系が全て消え一部のTV局では車の車内から夜の首都高を走る景色を流したり寝台特急北斗星の前展望を早送りで音楽に乗せて流したりしましたが
意外に好評でビデオでリリースされたりしました。

あの、全てが委縮モードだった1989年より「去りゆく平成を惜しみ来る令和を祝う」今回は明るい祝賀モードで良いですね。
色々と熟考を重ねた上での御決断であられたと想像いたしますが、そのお陰で明るく新しい元号を迎えることが出来る事に感謝したいと思います。

そんな訳で平成の間、皆様には大変お世話になりました。
令和では、もっとお世話して下さいませ。


FC2カウンター
月別アーカイブ
プロフィール

茶

  • Author:茶
  • 新散財日記へようこそ!
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索